書籍紹介|日本一小さな車検工場が業界を動かした時|求人情報なら転職サイト[PROSEEK]

転職サイトPROSEEK > 転職コラム > 書籍紹介 > 第40回 日本一小さな車検工場が業界を動かした時

書籍紹介Review

日本一小さな車検工場が業界を動かした時

日本一小さな車検工場が業界を動かした時

著者:株式会社ホリデー 代表取締役社長 松川陽(まつかわ・あきら)
発行:ダイヤモンド・ビジネス企画
価格 1,620円(税込)

日本一小さな整備工場が車検業界の悪弊を取り払う

「業界の異端児」として車検を知った著者だからこそ見えてきた業界内のおかしな「常識」。 顧客からお金をだまし取ろうとする同業者、ぶっきらぼうな受付嬢の電話応対、たばこ片手に整備をするやる気のない従業員・・・・・・。――車検業界はこのままでいいのか?!

27歳の若き青年社長は義憤に燃えていた。車検価格を是正し、車検サービスの向上と従業員の地位向上に尽力。やがて苦心の末に考え出した「ホリデー車検」は、車検価格を従来の半額にまで落とした1万9,800円を実現、たった1時間で整備を終えるという画期的な手法だったが、既得権益を守ろうとする業界全体の猛烈な圧力により、ロータス倶楽部除名、仲間との決別を余儀なくされた。本社会議室に連日押し掛ける業界関係者の罵詈雑言に耐え、根気強く説明を続ける日々。 それでも彼は屈しなかった。

業界変革の瞬間は、すぐそこまで迫っていた。 本書は、業界関係者のみならず、あらゆる業界で闘っているすべての経営者・ビジネスマンに勇気を与える一冊だ。

求職者へのメッセージ

双輪自動車の工場に初めて行ったときに見た、つまらなそうに整備をしている整備士や感情のない受付嬢の応対、自信がなさそうな営業マンたちの姿が、今思えばホリデー車検のスタートでした。整備士は、世の中に必要な仕事であり、お客様の命を守る仕事であり、誇りを持って働くべき仕事なのです。

従業員が魅力を感じないような職業に、お客様が信頼を寄せられるはずがない。これからの整備業は、誇りを持って働くことができ、また車のホームドクターのように信頼される職業でなければなりません。現在、ホリデー車検は270ものFC店舗加盟がありますが、それは多くの人が整備業のこのような役割に気が付き始めているからでしょう。

旧体制から脱却してここまで来ましたが、これが今もなお整備業界は変革の時を迎えています。ホリデー車検のこの物語が、次なる変革者の背中を押すものとなることを、そして明日の整備業界、ひいては社会全体が元気になることに少しでも貢献できることを願っています。

「やりたいこと」をみつけよう!CMAP(シーマップ)!