転職サイトは[PROSEEK]役立つ求人情報が満載

全国の求人情報満載の総合求人サイト
転職サイトPROSEEK > 転職コラム > 書籍紹介 > 第28回 富裕層はなぜ、YUCASEE(ゆかし)に入るのか

書籍紹介Review

富裕層はなぜ、YUCASEE(ゆかし)に入るのか

富裕層はなぜ、YUCASEE(ゆかし)に入るのか

著者:高岡壮一郎
発行:幻冬舎
価格:1,680円(税込)

書籍紹介 Amazon1位(2008年2月17日)

純金融資産1億円以上の富裕層を対象にしたプライベートクラブ『YUCASEE』「入会資格=純金融資産:最低1億円以上」「知る人ぞ知る、インターネット上のプライベートクラブ」。この言葉を聞いて、どのような空間を想像されるだろうか。

クラブ内で交わされる会話は、「ブラック・カードのマニアックな使い方」から、「芦屋一番の名医は誰か」、果ては「永住権を取るならどこの国がよいか」まで。本書では、現在まで表に出ることのなかった“富裕層の素顔”を明らかにする一冊である。

presented by 幻冬舎メディアコンサルティング

求職者へのメッセージ

「個人が主役」

転職サイトということですから、ここでは「富裕層に近づける転職」について述べてみます。

今の日本では83人に1人が純金融資産1億円以上の富裕層です。彼らは遺産相続ではなく自分が人生を選んだ結果として富裕層になっています。国連の世界人口見通しによると、ある国で生きている人を年齢順に並べた場合、ちょうど真ん中になる人の年齢(=中位数年齢)は、アメリカが35歳、イギリスが40歳、日本が45歳です。2025年には世界で唯一日本だけが、中位数年齢50歳を越えます。その時、アメリカはまだ36歳です。

これを企業勤務者に当てはめると、現在の20代・30代の会社生活は、自分よりも後輩の人が少なく、逆に先輩が多い状態がほぼ永遠に続くということです。1つの会社に勤め、年功序列で出世していくという従来のキャリアプランに疑問を感じる人が昨今増加していることは当然の帰結です。次に問題になるのは、どこに転職するかです。

さて、この書籍で取り上げる『新世代富裕層=インテリッチ』の皆さんに共通しているのは、

* 「社会の変化を見極めた上で、目的意識を持って合理的に工夫すれば、今の日本なら誰でも富裕層になれる」
* 「社会の変化に疎い大多数から、頭ひとつ抜け出せるよう、知識と知恵を身につける」

ということです。富裕層がどのような人たちで、何を思い、どうして富裕層になったのかを知れば、それを知らない人達よりも、有利な転職ができるかもしれません。貴方のご活躍を期待しています。

「やりたいこと」をみつけよう!CMAP(シーマップ)!