書籍紹介|会社、仕事、人間関係が「もうイヤだ!」と思ったとき読む本|求人情報なら転職サイト[PROSEEK]

転職サイトPROSEEK > 転職コラム > 書籍紹介 > 第4回 会社、仕事、人間関係が「もうイヤだ!」と思ったとき読む本

書籍紹介Review

会社、仕事、人間関係が「もうイヤだ!」と思ったとき読む本

会社、仕事、人間関係が「もうイヤだ!」と思ったとき読む本

著者:斎藤茂太
発行:あさ出版
価格:1,400(税込)

会社でも、人間関係でもいつの間にか蓄積されているストレス。何もかもがイヤになったとき、一歩立ち止まって読んでほしい本を紹介!

5月も半ばとなると雑誌などのメディアでは、よく5月病の話を取り上げている。環境の変化などによる緊張などで、大きなストレスを抱えてしまうことが原因だが、“ヤル気がでない”“イライラする”“食欲がない”などという症状を抱えている人もいるのではないだろうか。

本書は、誰もが抱えている「もうイヤだ」という気持ちを解消する、いろいろなヒントを紹介している。著者はお茶の間でも著名な斉藤茂太氏。今でも現役の精神科医として、そして人生の先輩として読者に投げているメッセージが共感をよび、発売以来20万部以上を売り上げている本である。

多くの人は、ムカついたり、落ち込んだり、失敗するたびにイライラやストレスが溜まり、最後には「もうイヤだ!」と、どん底の気分を味わう。でも、じつはその状況こそが大きな転機。八方ふさがりになった時こそ見える道が本当の道なのだ。著者は「『もうイヤだ』を人間として大きくなるチャンスだととらえてみよう。そう考えれば、心はうんとラクになるはずだ」と語る。

だが、そうは言っても本当に苦しい時にプラス思考で考えることほど難しいことはないだろう。本書では、どうやったら心が前向きになるかちょっとしたヒントも多く載っている。たとえば、買い物でのストレス解消やお酒なども度がすぎなければ悪くない。いま、心に「もうイヤだ!」の感情を抱えている人にとって、この本が転機になることだろう。

「やりたいこと」をみつけよう!CMAP(シーマップ)!