転職サイトは[PROSEEK]役立つ求人情報が満載

全国の求人情報満載の総合求人サイト

給料の歩合制のメリットとデメリットについて

転職を検討していて中途採用の求人を探していると給料歩合制の求人を目にすることがあるでしょう。給料歩合制の求人は月給制などの固定給の求人と比べると、高収入が可能だと謳っている求人が多いです。しかし、歩合制は良いことばかりとは限りません。歩合制の仕事への転職を検討しているのであれば、歩合制のデメリットも把握しておくことが大切です。ここでは歩合制のメリットとデメリットについて解説していきます。

歩合制のメリット
固定給とはまた違った給与形態の歩合制ですが、その歩合制給料にはどういったメリットがあるのでしょうか。仕組みとともに歩合制給料について詳しくまとめてみました。 歩合制の仕組み 給料歩合制の企業と雇用契約を結んで労働者として働く場合、固定給と歩合給を組み合わせた給料が支給されます。固定給部分は、仕事の成果に関係なく、一定額支給される部分です。歩合給部分だけが仕事の成果に応じて増減します。主に営業職などで導入されていることが多いです。主に契約件数に応じて歩合給が決まる場合と、契約金額の一定割合を歩合給として給料に加算する場合があります。そして、給料歩合制において、固定給部分はやや低めに設定されているのが、一般的です。 能力の高い人や頑張った人が多く稼げる 給料歩合制で働く場合のメリットは、頑張ったらその分だけ多く稼げることです。固定給で働いていると、必死で頑張って働いてももらえる給料はあまり変わりません。残業をすれば残業代が支給されますが、残業代は成果ではなく働いた時間を基準にしています。頑張って時間内に仕事を終わらせる人よりも、ダラダラと長く時間をかけて仕事をする人の方が給料が高くなる場合もあるくらいです。 これに対して給料歩合制なら、働いた時間ではなく成果を基準にして給料が決まります。時間をかけたかどうかは関係ありません。短時間で次々と仕事をこなせる人なら、それだけ多く稼げます。営業の場合も、契約を多く獲得できる人の給料が高くなる仕組みです。 固定給で働くサラリーマンの場合には、高収入になるには少しずつ昇給していかなければなりません。転職した場合には能力の高い人でも最初のうちはあまり高くない給料で我慢する必要があります。歩合制なら、転職して間もない時期から高い給料をもらうことが可能です。長く働いている先輩を追い越す人もいます。歩合制は実力本位の制度だと言えるでしょう。日本の労働市場で根強く残る年功序列型賃金制や終身雇用制に疑問を感じている人にも合っています。 自由度が高い 給料歩合制を導入している企業では、営業先を回った後に帰社せず自宅に直帰できるところが多いです。休憩なども、決められた時間にとるのではなく、自分の仕事の進み具合に合わせて自由にとれます。基本的に始業時間に出社していれば、自由に仕事を進められるのが歩合制で働く場合によく見られる特徴です。
歩合制のデメリット
歩合制給料のメリットについてみてきましたが、デメリットにはどういったものがあるのでしょうか。歩合制のデメリットについて解説していきます。 上手く成果を出せないときもある 歩合制のメリットは多いですが、いいことばかりではありません。歩合制の求人を見ていると、「直帰可能」や「年収1000万円も夢ではない」のように、歩合制のメリットだけを強調している求人が目立ちます。しかし、歩合制のメリットだけを鵜呑みにして転職すると失敗してしまうケースも多いです。 仕事は頑張ったからといって、必ずしも成果が出るとは限りません。かなり頑張ったつもりでも、成果を出せないこともあります。人よりも能力の高い人なら、歩合給で高収入を目指せますが、平凡な能力の人なら固定給の仕事の方が合っているかも知れません。 また、いくら能力の高い人でも、常に成果を出し続けていくことは難しいです。たまには上手くいかないこともあります。そして、歩合制だと普段よりも上手くいかず成果を出せなかった場合に、給料が極端に下がってしまうのです。つまり、歩合制は収入が安定しないことを意味します。十分な貯蓄があれば、たまにスランプに陥っても乗り切れますが、そうでない場合には生活に困ることもあるでしょう。歩合制の企業に転職するのであれば、ある程度お金を貯めてからにしておくのが望ましいです。仕事のスキルに関しても、人よりも確実に上だと自信を持てるようになってから、歩合制に挑戦することが無難でしょう。 業務委託や請負契約の求人が混ざっていることも 転職を検討している人の多くは、労働者として雇用されて社会保険などが完備している環境で働くことを望むでしょう。雇用契約を締結している労働者であれば、労働基準法に守られています。しかし、転職の求人を探していると、業務委託や請負契約の求人も混ざっていることがあります。完全歩合制の求人の場合には、その可能性が高いです。法律上、固定給部分のない完全歩合制で労働者を雇用することはできません。業務委託や請負契約の場合には、労働基準法が適用されず社会保険にも加入できないため注意しましょう。
まとめ
歩合制は高収入を目指せる反面で、収入が極端に低くなってしまうリスクも潜んでいます。自分の仕事のスキルのに自信があり、常に数字への意識が高い人でなければ、頑張ってもそれほど稼げない可能性もあります。それでも、自由度が高いことや、やる気が出やすいことなどのメリットに惹かれて、歩合制を導入している企業への転職を希望する人もいるでしょう。固定給と比べた場合のメリットとデメリットをしっかり把握した上で、転職活動に臨みましょう。
10月の記事一覧
給料の歩合制のメリットとデメリットについて
転職するなら正社員と派遣どっちがいいの?
転職ってどのようにやったらよいの?転職の進め方とは?
転職を成功させるために!転職でモチベーションを維持するには?
転職で気をつけなければいけない事とは?マナーについて
転職の最終面接で受かる秘訣とは?最終面接のポイント!
転職を決断するにあたってのポイントについて
アルバイトは転職に入るのか?アルバイトから正社員に転職するには?
転職の成功率をあげるポイントについて
転職のWEBテストとは?WEBテストにクリアするための方法!
役員面接の転職で良く聞かれる内容とは?面接での受け答えについて!
転職するのにかかる費用について
転職の筆記試験内容とは?筆記試験の対策について
転職をお考えの方へ!転職活動で必要な持ち物とは?
転職をするのに考えるべき優先順位とは?
おすすめコンテンツ
職務経歴書の書き方職務経歴書の書き方職務経歴書の書き方とは、職務経歴書作成のコツを紹介しているコンテンツです。とくにご注目いただきたいのが職務経歴書フォーマットダウンロードサービス。PROSEEKでは50職種分の職務経歴書サンプルをご用意しています。自分のキャリアに合ったサンプルを選択して、誰が読んでもわかりやすい職務経歴書作りを進めていきましょう。
履歴書の書き方履歴書の書き方履歴書の書き方とは、写真・捺印など基本のポイントや、やってしまいがちなタブー集をまとめたコンテンツです。また、社会人経験のある・なしに応じて履歴書をダウンロードできる履歴書フォーマットダウンロードサービスもぜひご活用ください。さらに『職務経歴書の書き方』と併せて活用すれば転職成功もグッと近づ きます。
メールの書き方メールの書き方メールの書き方とは、ビジネス上で気をつけたいメール術です。ボタンひとつで簡単に送れてしまうからこそ気をつけたい部分や、どういう文章が受け取り手にとって読みやすいのかなどをテンプレートを交えて紹介しています。メールをチャンスを呼び込むツールとしてうまく使いこなせれば、あなたの強力な味方になってくれるはずです。
転職面接失敗談転職面接失敗談面接失敗談とは、「今から面接」というあなたの転ばぬ先の杖。たとえば、「逆に、平凡さをアピールしてみたら……」「新人の頃は終電もザラですよと言われて……」「バッグを椅子の上に置いたら……」など、面接関連での失敗体験談を赤裸々に公開しています。また、『転職成功者のホンネ覆面座談会』『面接官はココを見ている』もぜひ併せて一読を!
ビジネスマナービジネスマナービジネスマナーとは、転職者でも知っておきたいマナーをおさらいするコンテンツです。たとえば「社会人のふるまい」「基本的な言葉づかい」「仕事に欠かせないさまざまなマナー」「お客様と接するとき(訪問編)」「お客様と接するとき(来客編)」など、経験があるからこそ見落としがちな部分にフォーカス。心を白紙にしてお読みくださいね。
転職HOWTO転職HOWTO転職 HOW TOとは、転職に関するよくある疑問全般を解消するコンテンツです。転職は一人で活動することがほとんど。新卒の頃とは違い、待っていても情報が勝手に入ってくることはありません。円満退職、転職準備、エントリー、選考、そして法律まで網羅したこのコンテンツは、スムーズに転職を進めるための大きなヒントになります。
仕事お悩み相談仕事お悩み相談仕事お悩み相談では、20代や30代に限らずどの世代でも仕事のお悩みはあるもので、仕事でストレスを感じ、時には仕事を辞めたいと思ったり仕事に行きたくないなど感じてしまう事もあるでしょう。そんな仕事のお悩みを、ストレスを感じてしまう人の特徴や転職して後悔した人、後悔していない人などの声と共に紹介し、より良く解決方法もご提案します!
20代の転職(20代の平均年収・転職回数)20代の転職(20代の平均年収・転職回数)20代の転職(20代の平均年収・転職回数)とは、20代で転職した先輩達の体験談を転職回数や年収などをふまえ、その時の思いや転職後の状況など赤裸々に紹介しています。先輩達のキャリアアップやキャリアチェンジを参考にして転職に役立てましょう!もしかすると、あなたの体験とかぶる部分があるかも!?
転職お金の相談転職お金の相談転職を思い立った時、また転職をする際は、何かと「お金」に関わる出来事が関わってくるかと思います。「給与の未払い」や「雇用保険の未払い」などなど、転職に関するお金の悩みにいて知ると共に、その解決方法をご提案!シビアなお金の内容を予習・復習し転職活動に役立ててください!
業界トレンドナビ業界トレンドナビ業界トレンドナビとは、転職する際に気になる各業界の動向をチェックできます。アパレル・インテリア、エンターテイメント、サービス、製造、マスコミ、メディカルなどなど、計100種類の最新情報がまとめられています。あなたの転職先の業界はどういう動きをされていますか?一度は業界トレンドナビをチェックしてみてください!
職種辞典職種辞典職種辞典とは、私達の周囲にあるさまざまな職種の内容を、わかりやすく説明している辞典です。”その職業に就きたい!”と思っても、仕事内容をしっかり理解していなければ転職先とのミスマッチが生じてしまうでしょう。転職活動の機会を広げるためにも、わからない職種があったら職種辞典を開いてみましょう!自分にピッタリの職種に出会えるかも!
書籍紹介書籍紹介書籍紹介とは、転職はもちろん自身のスキルアップにもなるいろいろな書籍を紹介しています。ライフハックやワークハック、営業向け技術者向けなど多種多様な書籍と共に作者からの応援メッセージもあります。もし興味が持てた書籍があれば一番下のリンクから書籍を購入することも可能です!なにかのキッカケになるかもしれない書籍と出会えるかも!
キャリアデザイン発想法キャリアデザイン発想法キャリアデザイン発想法とは、あなたがキャリアを考え時の考え方や着眼点について、より具体的にわかりやすく解説します。キャリアを考えるには仕事のみの関係性にフォーカスをあてるのではなく、自分・仕事・家庭など人生をマネジメントして考える事をお勧めします。1〜8の項目を見直し、あなたのより良いキャリアをデザインしてみてください。
転職のきっかけ転職のきっかけ転職のきっかけとは、”転職はしたいけど、なかなかその一歩を踏み出せない・・・・”というジレンマを抱えている人に、転職をおこなった先輩が「自分が転職したきっかけ」を語りあなたの背中を後押ししてくれます。同じ業種やまったくの異業種に転職された先輩達の、前職で得られた経験や転職後の状況など参考にしてみましょう!
仕事内容と年収仕事内容と年収仕事内容と年収とは、都道府県別に色々な職種の気になる仕事内容と年収を赤裸々に紹介しています。地域の特色や、そこからみえる年収も紹介しているので、気になるあなたの地域の希望の職種を調べ転職活動に役立てましょう!