]ETCgPROSEEK

転職の際保険はどうなるの?保険の種類別の手続きについて

転職する場合、保険や税金はどうなるのでしょうか。保険は雇用保険、健康保険、厚生年金、労災保険の4つです。住民税などにもふれながら、気を付けていきたい保険や税金をお伝えします。

国民健康保険は注意すべき保険
転職することにした場合、国民健康保険は注意したい保険の1つです。前職の会社は、退職者の保険証を退職日から5日以内に、資格喪失届と一緒に届け出なければいけません。なので、退職日などに保険証の返却を求められることもありますし、回収をせずに放置されてしまい、後ほど回収の連絡があるでしょう。このとき、退職後に回収してもらえなかった保険証について注意が必要です。 退職者は手元に保険証があるので安心しがちです。退職日以前に、例えば歯科や内科で治療中の場合は要注意なんです。退職後も手元に保険証があるので、病院の受付で保険証を提示したとします。病院の受付で退職の自己申告をしない限り、全額自己負担にもかかわらず3割負担で計算されてしまいます。そして、後になって10割負担でなければいけなかったと、支払を要求されてしまうことがあります。 そうならないためにも、健康保険のきりかえは万全にしブランク期間を作らないようにしておきたいものです。また、退職日の設定時期によって、保険料の負担額が変化することになるので気を付けていきましょう。 短期間の失業期間でも加入しておく 退職日から転職日までの期間、健康保険だけは、無加入状態は避けましょう。退職後はフリーになるので、転職先に入社するまでは、10割負担にならない様、次のいずれかの健康保険に加入する手続きをしなければいけません。 任意継続被保険者(退職後20日以上失業期間が続く場合) 前職の会社の退職日から20日以内に手続を済ませる必要がある。前職の会社に退職時に任意継続被保険者として加入を続ける旨を伝えておく 退職してからの手続きなら、健康保険協会に必要書類を提出する。前職の会社と折半していた保険料は全額自己負担しなければいけなくなる。 任意継続被保険者になると保険料が跳ね上がるんですね。この場合、さらに損をすることもあります。月初めに退職し任意継続被保険者になったとします。幸い、その月のうちに次の転職先が決まり、転職先の健康保険に加入したとします。その月の健康保険料は任意継続の分と、新しい健康保険の両方を支払わなければいけないんです。それぞれの支払を、折半で支払うことになります。さらに、2年間(転職した場合は転職先の健康保険に加入OK)は、市町村の国民健康保険にきりかえることも出来ません。しかし、扶養家族が3人以上いる場合は市町村の健康保険に加入するよりも、任意継続をおすすめします。扶養家族の健康保険料はかからないからです。 市町村の国民健康保険に加入する 退職後14日以内に手続が必要になります。退職時に健康だからといって、加入を放置しておき、病気になってから加入しても、10割負担になり損することになります。健康で医療機関を受診していない場合は、未加入の期間があってもさかのぼって保険料を納付しましょう。ブランクを埋めることが出来るのですが、医療費が発生すれば10割を3割負担にすることは出来ないようです。 余裕をもって、退職後14日以内に手続きをしておきましょう。 また扶養家族がいる場合、会社の健康保険では扶養家族の保険料はいりませんでしたが、市町村の国民健康保険では扶養家族それぞれに健康保険料が発生するので要注意です。 また、市町村の国民健康保険料は、日数按分ができません。そして国民健康保険は月末日を通過した時に、はじめて前月の保険料が発生するシステムです。例えば、3月25日に退職日を設定し、3月26日から市町村の国民健康保険に加入したとします。転職先がまだ決まらないまま翌月の4月になったとします。月末時は市町村の国民健康保険に加入しています。3月分全部を市町村の国民健康保険で支払わないといけないことになります。なので、会社と折半できる前職の健康保険を多く支払うようにするため、月初めに退職日を決めている方は、退職日は月末にずらしたほうがお得なんです。 退職日が月初めで、すぐに市町村の国民健康保険に加入したとしましょう。そして、転職先の入社日が同じ月の月末なら、市町村の国民健康保険加入について、月末は転職先の会社に所属しているので、退職日から入社日までの市町村の国民健康保険料は0円になりお得になります。 家族の扶養に入る 会社勤務をしている同居家族がいれば、その扶養にはいれば保険料は支払わずに済みます。転職が決まっていたとしても、収入が130万円以下である場合や、転職先で社会保険の加入が出来ない場合も、家族の扶養に入ることができます。
年金にかかわる保険も転職する時は要注意
転職における保険について、年金についても注意が必要です。年金は毎月の保険料を積み立てていくのでブランクがあると、その分給付額も少なくなります。受取開始時期も延期されていくからです。年金については、月末に所属している会社の保険料が発生します。
  • 前職で加入していたのは厚生年金
  • 失業期間は国民年金にきりかえる
前職の退職日が3月中旬で、月末はまだ転職先が決まっていないとしましょう。その場合、月末はどこにも所属していないことになりますので、国民年金の加入となります。国民年金保険料の3月分全てを支払うことになります。この時、3月中旬までの厚生年金保険料の支払いは不要になります。厚生年金で3月中旬までの分を支払えたのなら、会社と折半した額でよかったので損することになります。 前職の退職日が3月中旬で、転職先の入社日が月末なら、月末は転職先に所属していることになりますね。なので3月の社会保険料は転職先の社会保険料を、会社と折半して支払うことになりますし、ブランクもないことになります。 退職日が3月末日で、入社日が4月5日だったとします。3月末日の所属は、前職の厚生年金の保険料、4月の末日は転職先での厚生年金の保険料を支払っていくことになりますので、ブランクなしで進めていくことができます。 配偶者がいる場合は要注意 厚生年金の被保険者の配偶者は要注意です。配偶者が厚生年金の被保険者の扶養家族として、第3号被保険者であったとしましょう。退職後、被保険者が市町村の国民年金に加入することになったとします。新たに第1号被保険者となる必要があり、加入手続きが必要です。 さらに、転職が決まった場合、配偶者は自動的に第3号被保険者になるわけではなく、厚生年金の被保険者の配偶者としての加入手続きが必要です。配偶者が第1号のままでいるよりも、第3号で厚生年金の被保険者の扶養家族として加入したほうが、将来の年金額も高くなるので、加入手続きはしましょう。
自己都合退職の場合の雇用保険でのポイント
転職における雇用保険については、自己都合の時はそれ以外の退職理由よりも、失業給付金の受給時期が遅くなります。 1週間の待機期間+3カ月 これの期間は失業給付を受けることができませんし、アルバイトもすることができません。 3カ月を超える失業期間が予測できる場合は、退職時に会社から離職票を準備してもらい、退職後10日前後の時期に送付してもらう必要があります。離職票は失業給付を受けるのに必要な会社が発行する書類です。また、すぐに転職が決まりそうな場合でも捨てるのはNGです。転職先で、もしも早期退職してしまった時に離職票は再び必要になります。
天引きされていた住民税|転職時はどうなるの?
転職時に注意したい税金は住民税です。住民税は会社が給与から毎月天引きしています。住民税は前年の1月から12月までの所得に対して課税される税金です。それを、翌年の6月から翌々年の5月までの12か月の間、給与から分割して天引きしてもらっていました。これを特別徴収といいます。転職のため、退職する場合は少し納付形態が変化します。いくつか選択肢があるんですよ。 退職時の住民税の納付形態 退職日によって、前職の会社で支払うことになっていた前年1月から12月分までの住民税の未払い分の払い方の選択肢は違ってきます。退職日によっては、未払い分を一括で退職時の給与から天引きすることもできますし、給与が少ない場合は、分割して納付していくこともできます。一括で退職月の給与から、未払いの住民税を支払うことを一括徴収、分割で退職後に支払っていくことを普通徴収といいます。特別徴収(会社の給与から毎月天引きする方法)とともに3種類の納付方法があるというわけです。 退職日が6月1日から12月31日までの場合 前年の1月から12月までの所得をもとに計算された住民税の総額を12分割した金額について、最初に給与から天引きされるのが今年の6月分の給与でしたね。つまり、6月に退職したとすれば、12か月分の住民税を一括で退職月である6月の給与から天引きすることが可能なんです。しかし、12か月分の総額を一気に天引きするのが難しい場合は、退職後に分割(普通徴収)で支払うことも出来ます。 退職日が1月1日から4月30日までの場合 例えば、退職日が1月1日であれば、1月分から5月分までの給与から天引きされるべき住民税が未払いになっていることに。この場合、給与で天引きされる合計分を、一括して退職時の給与から天引きしてもらうことが出来ます。ですが、退職月の給与が少ない場合は一括で天引きすることは難しいです。その場合は分割(普通徴収)することができます。 退職日が5月1日から5月31日までの場合 退職月が最終天引き月となっている場合のことです。5月の給与から天引きされる額だけが未払いの状態なので、退職月の給与から未払い(残り1か月分)分を差し引いてもらうだけです。 転職時に転職先へ伝えることとは? 転職先へ入社した場合、失業時に普通徴収を選択していた人は要注意です。未払いの金額について、転職先で(前職と同じように)給与から天引きする特別徴収を選択することが出来るからです。給与から天引きしてもらえるのですから、自分で納付するよりも気楽ですよ。その場合は会社失業時に普通徴収していたことを伝え、特別徴収に切り替えてもらいましょう。
転職活動中の放置に注意
転職の時は、とにかく転職活動に必死になり、税金や保険のことを忘れがちです。 もしものために、保険期間のブランクを作らないことがコツです。特に健康保険の未加入では医療費の負担割合10割になるので注意が必要でしょう。
6月の記事一覧
転職する時面接官に聞かれて困る「質問はありませんか」の逆質問対策
在職中の転職活動を成功させるには?メリットとデメリット
転職をして初出勤する時の心得とは?
転職の際に離職票は必要?取り扱いについて
中途採用の転職活動にも学歴はいるの?学歴と経歴どちらが重視されるか
転職して内定後はどんな準備が必要?必要な書類や手続きなど
転職の面接はどんなスーツがいいの?面接での服装について
転職の際保険はどうなるの?保険の種類別の手続きについて
転職前の会社の辞め方で転職の成功が決まる?退職意思の伝え方
転職志望先から電話がかかってきた!折り返しや対応の仕方について
スキルアップやキャリアアップを転職理由にする人の面接での伝え方
1年未満で転職するのが不利な理由とは?メリットとデメリット
転職には自己分析が重要?自己分析が重要な理由と分析のポイント
転職にはl模擬面接がおすすめ!模擬面接で対策をして転職活動に挑もう
転職のストレスはどれくらい感じるの?手軽にできることで転職疲れを解消しよう
おすすめコンテンツ
職務経歴書の書き方職務経歴書の書き方職務経歴書の書き方とは、職務経歴書作成のコツを紹介しているコンテンツです。とくにご注目いただきたいのが職務経歴書フォーマットダウンロードサービス。PROSEEKでは50職種分の職務経歴書サンプルをご用意しています。自分のキャリアに合ったサンプルを選択して、誰が読んでもわかりやすい職務経歴書作りを進めていきましょう。
履歴書の書き方履歴書の書き方履歴書の書き方とは、写真・捺印など基本のポイントや、やってしまいがちなタブー集をまとめたコンテンツです。また、社会人経験のある・なしに応じて履歴書をダウンロードできる履歴書フォーマットダウンロードサービスもぜひご活用ください。さらに『職務経歴書の書き方』と併せて活用すれば転職成功もグッと近づ きます。
メールの書き方メールの書き方メールの書き方とは、ビジネス上で気をつけたいメール術です。ボタンひとつで簡単に送れてしまうからこそ気をつけたい部分や、どういう文章が受け取り手にとって読みやすいのかなどをテンプレートを交えて紹介しています。メールをチャンスを呼び込むツールとしてうまく使いこなせれば、あなたの強力な味方になってくれるはずです。
転職面接失敗談転職面接失敗談面接失敗談とは、「今から面接」というあなたの転ばぬ先の杖。たとえば、「逆に、平凡さをアピールしてみたら……」「新人の頃は終電もザラですよと言われて……」「バッグを椅子の上に置いたら……」など、面接関連での失敗体験談を赤裸々に公開しています。また、『転職成功者のホンネ覆面座談会』『面接官はココを見ている』もぜひ併せて一読を!
ビジネスマナービジネスマナービジネスマナーとは、転職者でも知っておきたいマナーをおさらいするコンテンツです。たとえば「社会人のふるまい」「基本的な言葉づかい」「仕事に欠かせないさまざまなマナー」「お客様と接するとき(訪問編)」「お客様と接するとき(来客編)」など、経験があるからこそ見落としがちな部分にフォーカス。心を白紙にしてお読みくださいね。
転職HOWTO転職HOWTO転職 HOW TOとは、転職に関するよくある疑問全般を解消するコンテンツです。転職は一人で活動することがほとんど。新卒の頃とは違い、待っていても情報が勝手に入ってくることはありません。円満退職、転職準備、エントリー、選考、そして法律まで網羅したこのコンテンツは、スムーズに転職を進めるための大きなヒントになります。
仕事お悩み相談仕事お悩み相談仕事お悩み相談では、20代や30代に限らずどの世代でも仕事のお悩みはあるもので、仕事でストレスを感じ、時には仕事を辞めたいと思ったり仕事に行きたくないなど感じてしまう事もあるでしょう。そんな仕事のお悩みを、ストレスを感じてしまう人の特徴や転職して後悔した人、後悔していない人などの声と共に紹介し、より良く解決方法もご提案します!
20代の転職(20代の平均年収・転職回数)20代の転職(20代の平均年収・転職回数)20代の転職(20代の平均年収・転職回数)とは、20代で転職した先輩達の体験談を転職回数や年収などをふまえ、その時の思いや転職後の状況など赤裸々に紹介しています。先輩達のキャリアアップやキャリアチェンジを参考にして転職に役立てましょう!もしかすると、あなたの体験とかぶる部分があるかも!?
転職お金の相談転職お金の相談転職を思い立った時、また転職をする際は、何かと「お金」に関わる出来事が関わってくるかと思います。「給与の未払い」や「雇用保険の未払い」などなど、転職に関するお金の悩みにいて知ると共に、その解決方法をご提案!シビアなお金の内容を予習・復習し転職活動に役立ててください!
業界トレンドナビ業界トレンドナビ業界トレンドナビとは、転職する際に気になる各業界の動向をチェックできます。アパレル・インテリア、エンターテイメント、サービス、製造、マスコミ、メディカルなどなど、計100種類の最新情報がまとめられています。あなたの転職先の業界はどういう動きをされていますか?一度は業界トレンドナビをチェックしてみてください!
職種辞典職種辞典職種辞典とは、私達の周囲にあるさまざまな職種の内容を、わかりやすく説明している辞典です。”その職業に就きたい!”と思っても、仕事内容をしっかり理解していなければ転職先とのミスマッチが生じてしまうでしょう。転職活動の機会を広げるためにも、わからない職種があったら職種辞典を開いてみましょう!自分にピッタリの職種に出会えるかも!
書籍紹介書籍紹介書籍紹介とは、転職はもちろん自身のスキルアップにもなるいろいろな書籍を紹介しています。ライフハックやワークハック、営業向け技術者向けなど多種多様な書籍と共に作者からの応援メッセージもあります。もし興味が持てた書籍があれば一番下のリンクから書籍を購入することも可能です!なにかのキッカケになるかもしれない書籍と出会えるかも!
キャリアデザイン発想法キャリアデザイン発想法キャリアデザイン発想法とは、あなたがキャリアを考え時の考え方や着眼点について、より具体的にわかりやすく解説します。キャリアを考えるには仕事のみの関係性にフォーカスをあてるのではなく、自分・仕事・家庭など人生をマネジメントして考える事をお勧めします。1~8の項目を見直し、あなたのより良いキャリアをデザインしてみてください。
転職のきっかけ転職のきっかけ転職のきっかけとは、”転職はしたいけど、なかなかその一歩を踏み出せない・・・・”というジレンマを抱えている人に、転職をおこなった先輩が「自分が転職したきっかけ」を語りあなたの背中を後押ししてくれます。同じ業種やまったくの異業種に転職された先輩達の、前職で得られた経験や転職後の状況など参考にしてみましょう!
仕事内容と年収仕事内容と年収仕事内容と年収とは、都道府県別に色々な職種の気になる仕事内容と年収を赤裸々に紹介しています。地域の特色や、そこからみえる年収も紹介しているので、気になるあなたの地域の希望の職種を調べ転職活動に役立てましょう!