]ETCgPROSEEK

転職をするタイミングがあるって本当?年代別の最適な時期

20代、30代は自分の力を試してみたい、給料UPを狙いたいなどから、転職にふみきることがあります。実際に20代、30代で転職をする場合、どんなタイミングで始めたらいいのでしょうか?今回は転職成功につながる転職のタイミングや時期についてお伝えします。

20代の転職のタイミングは?
20代の転職,のタイミング,の最適な時期は、一般的に3年経過してからだといわれていますね。ですが、本当にそうでしょうか? 就活時の本気度による かけこみ寺式に、新卒採用の期限がせまっているので、とにかく内定をもらえた会社に入社した場合で、入社後に転職したいと思ったのなら、それは3年もいるべきではありません。そうはいっても、すぐにやめると自分も自信がなくなることでしょう。そこでポイントがあります。 ・今している仕事をこなすことができるようになった時期を転職時期として狙う 転職活動をしながらも、今与えられた自分の仕事をこなせるようになるまで続けることをおすすめします。そうすれば、転職先への会社の履歴書にも、自分ができることとして、仕事内容を書くことができるからです。
入社後3カ月でも転職のタイミングとなる?
仕事さえこなすことができるようになれば、転職時期は入社後3カ月でもいいのでしょうか?こんな例でみてみましょう。 ・Aさんは非常に優秀で、与えられた仕事をなんなくこなし、3カ月目にして完璧な仕事ぶりを見せています。Aさんは今の職場ではもの足りないので、給料が今よりも高く、自分のしたい職務のキャリアアップができる会社に転職したいと思ったのでした。 この場合、Aさんは、転職先に無事就職できるでしょうか?Aさん個人がよほど、転職先の会社とマッチングしていたり、転職先も前職も単純作業で季節によって変化しない業務内容であったりするなら別です。ですが、ほとんどの企業は、新卒で入社したAさんが3カ月で退職したという点も重視します。Aさんは面接で、3か月間の仕事はバッチリだったと明言しても、採用になる可能性は低いといえそうです。新卒採用や第2新卒採用されて間もなく退社した場合、一般的に在籍期間が無駄になると思われがちになるのはなぜでしょうか?
20代の転職タイミング~最低でも1年経過してからがおすすめ
会社には節目があります。もうかっている会社といいます。もうかるか、もうからないかは決算の利益によって判断します。多くの会社は、3月決算です。決算は年度末なので、ほとんどの会社は3月が年度末です。 年度は12か月がほとんどですので、4月にはじまり、翌年3月までで12か月です。ですから年度末の3月末でその年度は終わりになり、1年間の売上を集計します。決算時には商品の在庫確認などの棚卸しがあったり、年間集計があったりします。また、1年の間にイベントなどの通常業務以外の仕事もあることもあります。 最低でも1年在籍し、仕事がこなせると自負できたのであれば、仕事がこなせると宣言してもいいのではないでしょうか。
30代の転職のタイミングは?
30代の転職のタイミングは2パターンあります。
  • 即戦力で転職:30代前半に多い
  • マネジメントレベルでの転職:30代後半に多い
ここでリーダーシップをマネジメントと同じだとしてしまうと誤解が生じます。
  • マネジメント:部下の能力を引出し、目標を達成する能力
    →自分が即戦力であった人に向いている
  • リーダーシップ:誰よりも先行きを読み解く力があり、それを周囲に伝授し、共通の使命感を持って進ませる能力
    →その人が即戦力でなかったとしても、会社が進むべき道を一番に理解し、方法を伝えることができれば、即戦力でなかったとしても問題はありません。
経営者に必要とされるリーダーシップは、その人が持つ性質的なものに重点があるのに対し、マネジメントはスキル的なものも必要になります。マネジメントはあくまで即戦力の延長線上にあります。 ですから、30代前半でも即戦力を20代で身に着けていればマネジメントできる人もいますし、異業種なら30代後半でも即戦力として応募することが必要な場合もあります。
30代後半で即戦力の場合のタイミング
・30代前半だけが即戦力で応募し、30代後半からはマネジメント こうはいかない場合、どうすればいいでしょうか? ・従業員の平均年齢が高い会社を選ぶ 企業の中には、中途採用者がほとんどという会社があります。その場合、マネジメント、即戦力と分けることはなく、40代でも即戦力として活躍できる会社もあります。会社としては、均衡をたもつために、新卒採用が多い会社は30代後半くらいになればマネジメントとして活躍してもらわなければ困るという理由です。 ですが、年齢にこだわらず、仕事の戦力として従業員採用を行っている会社は、30代後半でも即戦力で採用するところはたくさんあるので、探すことがコツです。ちなみに、平均年齢が若いコンサルタント会社などでは、20代後半でマネジメントをするケースもあります。
何月に退社する?求人探しのタイミングは?
求人が多いのは、3月と9月だといわれています。在籍しながら転職活動をする場合、いつ内定が渡されるのかにもよりますが、退職金はもらってから退職できるような日を設定することがコツです。
  • 退職金計算期間に在籍していること
  • 退職金の支給日に退職していても受取りができるかどうかの確認
また、有給休暇を完全に消化してから退職するようにするのもポイントです。
結婚や出産予定のある女性の場合の転職のタイミングは?
女性が結婚することは、大変喜ばしいことですね。ですが、企業にとっては結婚を機に退職されてしまうという懸念があるので、20代後半の女性の転職については慎重になる必要があります。出産を予定しているならなおさらです。
  • 20代後半から30代前半なら独身よりも既婚のほうが採用されやすい(独身の意思表示があれば別)
  • 子供がいる場合、独身女性よりも採用されにくい(残業NGの希望などがなければ別)
このようなことから、出産は考えていないけれど結婚予定がある場合は、前職のうちに結婚しておき、転職先では既婚として活動されることをおすすめします。 出産予定がある方は、先に転職活動し、入社しておきましょう。さらに好ましいのは、入社後2年目くらいで産休がとれるように計画することです。入社年度に産休をとるのは難しいとされているからです。ですが、仕事をする上で信頼関係ができていれば1年目でもいいのではないでしょうか。
タイミングが良いとは~需要と供給の一致
3月と9月に年間を通じて一番求人数は多いものの、人員不足があればいつも企業は募集をかけます。ですから、意外なところから転職につながることもあるので、一度転職を決めたのなら、年がら年じゅう求人のチェックをされることがポイントです。もしかしたら転職成功につながる求人が見つけられるかもしれません。