]ETCgPROSEEK

転職の回数は平均どれくらい?回数の多い人の特徴

日本では転職の平均回数はどれくらいでしょうか?転職に対して、否定的な企業もあります。一般的に転職回数が多いと、再就職に不利だといわれていますね。転職は悪いことなのでしょうか?今回は転職回数が多くても転職を成功させる方法についてお伝えします。

年代別平均転職回数は?
日本の転職回数の平均はどれくらいでしょうか?転職サイトの「en ミドルの転職」によると、質問として、平均何回転職したかという質問に対し、年代別ではこのようになっているようです。一般的に、転職1回といえば、A社とB社の2社で勤務していたことになります。転職3回なら4社で働いた経験があることになりますね。20代ではどれくらいでしょうか? ・1回前後 30代ではどれくらいでしょうか? ・2回前後 40代、50代や60代ではどれくらいでしょうか? ・2~3回程度 少ないと思われましたか?それとも意外でしたか?これらは平均値なので、実際はそれよりも多い人がいるというわけです。中には5回以上転職している人もいました。
人事が気にする転職回数とは?
人事が気にする転職回数は、20代で3回、30代で5回以上なのだそうです。業界によっても、転職OKとする業界もあれば、そうでない業界もあります。転職をあまり気にせずに転職活動ができる業界はこちらです。
  • IT
  • 外資系
  • 物流
  • 運輸
ITや外資系企業では、転職回数が多いことをキャリアアップとみなしてくれる傾向があるようです。また、物流や運輸は人手不足のため、転職が多くてもいいようです。逆に転職を気にする業界はこちらです。
  • 営業
  • 販売
  • サービス
これらの業界は人材の離職や入社の流動性が高いため、人材を確保したいという考えがあります。そのようなことから、転職回数が多いとまた、離職につながるのではないかという懸念を持たれてしまいます。さらに、専門性の高い仕事でもあるので、簡単にやめられてしまうのは企業にとって不利益となるからです。
転職回数が多くても成功させる人とそうでない人の違いは?
転職回数が多いのに、転職を成功させている人もいます。一方、転職回数は少ないのに転職に失敗することもあります。どうすれば転職につなげることができるのでしょうか? ・最大のポイントは、退職をネガティブにとらえない 退職をネガティブにとらえると、自分に自信がなくなることにつながります。面接時に、後悔の念を持ちながら退職理由を面接官に伝えたとしましょう。 ・この人は、前職で会社に不満があったのだな そう思われないようにしたいものです。ポイントは必然性です。 ・今の会社に入社したかったから、退職は必要だった そう思わせるような退職であれば、キャリアとみなしてくれるのではないでしょうか?欧米を例にみてみましょう。
欧米では新卒の概念がない?日本も中途採用は当たり前の時代へ
古き良き時代の終身雇用制度はガラパゴス化する時代となってきました。ですが、まだ大企業や優良企業は繁栄しているので、無くなったわけではありません。日本の終身雇用制度は、日本の皆保険制度と同じように世界からうらやましがられるほど、素晴らしい制度だったのです。 欧米では、新卒採用や第2新卒採用の概念がありません。ですから、同期もいないことがほとんどです。人員欠如があれば、補充する採用方法のようです。つまり、キャリアのない新卒者と、キャリアのある中途採用希望者が同じ土俵で応募していることになります。 日本のように新人を育てる環境はないのです。つまり、新人に不利なのが欧米型であるといえます。逆にいえば、転職回数のたびに、その会社のスキルや仕事を学んでいる人は、どんどん大きく成長するのでよりキャリアのある人材とみなされることが多いわけです。 ・欧米では転職回数の多さは、キャリアの高さにつながっている キャリアのない新人はキャリアを積むしかないのです。ですから、欧米ではすべての転職について、キャリアを積むための転職だとすることが当然であり、転職が多くても、キャリアを積むためなのでOKということになります。
日本で転職回数の多さが否定的な理由は?
日本ではどうしてキャリアを積むためだと、認識してもらいにくいのでしょうか?
  • 飽きやすい
  • 忍耐がない
  • 不平不満の持ち主
  • など
欧米はキャリア重視に対して、日本は人間性も重要視していることになります。つまり採用してもまた、同じ気持ちになるのではないかと懸念されるわけです。たとえ仕事ができていたとしてもです。それだけ、企業は中途採用した人材には離職してほしくないのです。これらの要素は、その人の性質に関係していますよね。では、上記のように否定的な人だと思われないようにするには、どうすればいいのでしょうか?
対策~すべての転職履歴はキャリアアップのためとすること
退職から転職までの期間に、アルバイトなどもしていた場合、それをキャリアとしない人もいます。ですが、それはアルバイトをネガティブにみているからです。どんな短期間のアルバイトでも、転職先の企業に関連づけてキャリアUPのために頑張っていたとすることが大切です。例えば、クリエイティブ系の仕事に応募した人が、アルバイトでホテルの配膳をしていたとしましょう。 ・ホテルの配膳のアルバイトをしていましたが、ホテル内の一流のフレンチ店のレイアウト、もりつけ方など美に関する知識も身につけました。 このようにすれば、転職先の仕事への修行のひとつとして、キャリア化することができますね。チラシ配りのバイトをしていた人が、化粧品のメーカーに応募したとします。 ・チラシ配りのアルバイトをしていた時は、駅前だったので、通勤スタイルの女性のメイクの様子のリアルについて、チェックしながら、より自然なナチュラルメイクについて研究していました。 また、SEからマーケティングへの転職の場合はこちらです。 ・製品を作る側から、その商品を実際に販売するための知恵を創る側にまわりたかったので、御社のマーケティングに応募しました。 このように、前職があったから、今の会社の応募理由にいたっていると述べることでキャリアにつなげることができそうです。
転職は強みの一部
例えば、6回7回転職している場合、逆にどうしてそんなにたくさんの企業で採用され続けたのかという点において、アピールの仕方次第で、その人の人間性が評価されることもあります。 多数の転職回数を気にする会社であっても、その人が適切に多数の転職回数の理由を述べることができれば、問題解決能力が高いというアピールにつながることもあります。転職回数の多さは強みであると意識改善すること、退職を後悔しないことが転職成功の秘訣ではないでしょうか。