転職サイトは[PROSEEK]役立つ求人情報が満載

全国の求人情報満載の総合求人サイト

フリーターからの転職活動|まずは契約社員を目指そう

近年、雇用形態もさまざまな形のものが現れはじめています。一昔前は一般的な働き方とされていた正社員ですが、この雇用形態で働くハードルは年々高くなりつつあります。その代わりに出てきたのが、派遣社員や契約社員、準社員という非正規雇用と呼ばれる雇用形態です。長期的に働くことを前提とした転職活動において、ほとんどの方が敢えてはじめからこういった雇用形態を希望することは少ないと思いますが、そんな中、契約社員という非正規の雇用形態を提示された場合、どのように考えればよいのでしょうか。契約社員という雇用形態そのものに関することから順に、考えてみましょう。

契約社員とはどういうものなのか?
契約社員と正社員の大きな違いは、労働契約を結ぶ企業との間で交わす労働契約について、無期限であるか有期限であるかがまず第一の違いとなります。正社員は基本的に一度採用をされると、長い間その企業に留まり続けることが前提となりますので、企業としてはミスマッチングがあると大きな損失を被ります。
契約社員の場合は、有期限で契約とすることで、企業との相性を推しはかり、今後長きに渡って働き続けることができるかという判断をすることができます。
契約期間以外にも、正社員と契約社員との間には違いがある場合がありますが、それは採用する企業によってさまざまです。
なんとなく契約社員は賞与が少なく休みが少ないというイメージが抱かれがちですが、賞与も休暇も正社員の待遇と変わらない企業はたくさん存在しています。
そのため、契約社員として企業と労働契約を結ぶ際は、契約社員だからといって無条件に突っぱねるのではなく、条件面についてきちんと確認していきましょう。
契約社員から正社員に登用される可能性
契約社員でも正社員と待遇が変わらない場合もあるとは言え、長い目で見ると正社員として登用された方が安心して仕事や生活ができるのは明らかです。
では、契約社員から、正社員に登用される可能性はあるのでしょうか。
これは、本当にその企業によります。
企業によっては、正規雇用をするだけのコストを支払うことができず、ほとんどの労働力を非正規社員で補おうと考えているところもあります。
こうした場合は、あなたがよっぽど優れた能力を持っているか、企業の業績がかなり良くなったというようなことがない限り、正社員登用は難しいと考えるのが無難でしょう。 しかし、中には正社員の登用を前提として契約社員を提示する企業も確かに存在します。
フリーターからいきなり正社員になるのは非常に難しい行為ですが、契約社員というワンクッションを挟むことで実現の可能性は残されているのです。
契約社員として採用される真意を推し量る
では、あなたへの契約社員としての労働契約の提示は、単純なコストの削減なのか、優秀な人材を集めるための下準備なのか、これをいかにして判断するかを考えてみましょう。 契約社員としての契約を打診された場合、まず企業はなぜあなたを契約社員として採用しようと思ったかを考えてみるようにしましょう。

企業があなたを契約社員として採用しようとする場合、その背景には以下のような思惑があると考えられます。

人手不足だけれどもお金がない とにかく人がおらず、常に忙しい、けれども正社員を雇うだけの資金がない。こうした企業は先ほども説明した通り正社員としての採用は難しいです。

会社の通例・規則として打診している 会社によっては、正社員雇用をする前に必ず契約社員としての契約を結ぶようにしているところも存在します。
いわば、契約社員としての契約を、試用期間のように捉え、会社と労働者の適性を見る期間を設けているのです。
この場合、契約社員として入社後、そつなく仕事をこなすことができていれば、正社員登用される可能性は高いです。
このような通例・規則を取っているケースはSierにおけるシステムエンジニアの採用や、広告代理店におけるクリエイティブ職など、比較的新しい分野の業界で応募者のスキルと企業が求めているスキルがマッチするか判断しにくい場合によく利用される手法です。
企業としてみても、雇ってみないとその人が本当に戦力になるのかがわからないのです。 応募者のスキルや経歴に不安がある 人間的には優れているが、応募者のスキルに不安がある場合、ひとまず契約社員として労働契約を結び、問題なければ正社員登用というケースがあります。

また、転職回数が非常に多い応募者についても、ひとまず契約社員として雇用を行う場合があります。これは、正社員として雇用契約を行うとコストがかかるための、企業としてのリスクヘッジだと言えるでしょう。

あなたのケースがこのうちどれに当てはまるのかは、企業によってさまざまなので、人事担当の心を読まない限りわからないものです。

ただ、インターネットで口コミを見たり、その企業で働く社員に知り合いがいれば実際に会話をしてみることで、ある程度把握することができます。
長期的な視野で考えて決断を
先にも触れましたように、フリーターから正社員に転職するのはハードルが高い行為です。
そのため、まずは契約社員を目指し、ゆくゆくは正社員登用を目指すという考え方はとても現実的で、おすすめしたいやり方となります。
しかし、契約社員という雇用形態がその企業にとってどういった扱いのものなのか、事前に把握しておくことが望ましいでしょう。
場合によっては、契約社員で経験を積み別の企業の正社員へ転職をすることを視野に入れておくなど、長期的にどう動くかを見据えて行動することが肝要です。
8月の記事一覧
どうやって渡す?退職届の描き方とその渡し方とは
ベンチャー企業に転職するリスクとは|メリットとデメリットについて考えよう
近年増加中のweb応募について|web履歴書の写真はどうやって送るの?
女性が安心して勤められるポイントは?福利厚生から見極めよう
数ある適応能力を確認する方法とは?適性検査を受ける際に気をつけること
転職活動による感情のコントロール方法について|心身の負担度は?
フリーターからの転職活動|まずは契約社員を目指そう
独身の転職者には大きなメリット!?社員寮や家賃補助のある就職先の探し方
都心部や市内での転職活動は上手くいきやすい?都心で転職活動をするメリットとは
余裕を持って転職活動に挑む|貯蓄の大切さを考える
転職の挨拶状のマナーと書き方について
意味のある転職と意味のない転職の違いとは?目標の定め方について
海外転職はどうしたらいいの?その方法やポイントについて
転職の空白期間をプラスに伝える方法と次の転職までの過ごし方
健康診断が必要?転職時の健康診断との関係性について
おすすめコンテンツ
職務経歴書の書き方職務経歴書の書き方職務経歴書の書き方とは、職務経歴書作成のコツを紹介しているコンテンツです。とくにご注目いただきたいのが職務経歴書フォーマットダウンロードサービス。PROSEEKでは50職種分の職務経歴書サンプルをご用意しています。自分のキャリアに合ったサンプルを選択して、誰が読んでもわかりやすい職務経歴書作りを進めていきましょう。
履歴書の書き方履歴書の書き方履歴書の書き方とは、写真・捺印など基本のポイントや、やってしまいがちなタブー集をまとめたコンテンツです。また、社会人経験のある・なしに応じて履歴書をダウンロードできる履歴書フォーマットダウンロードサービスもぜひご活用ください。さらに『職務経歴書の書き方』と併せて活用すれば転職成功もグッと近づ きます。
メールの書き方メールの書き方メールの書き方とは、ビジネス上で気をつけたいメール術です。ボタンひとつで簡単に送れてしまうからこそ気をつけたい部分や、どういう文章が受け取り手にとって読みやすいのかなどをテンプレートを交えて紹介しています。メールをチャンスを呼び込むツールとしてうまく使いこなせれば、あなたの強力な味方になってくれるはずです。
転職面接失敗談転職面接失敗談面接失敗談とは、「今から面接」というあなたの転ばぬ先の杖。たとえば、「逆に、平凡さをアピールしてみたら……」「新人の頃は終電もザラですよと言われて……」「バッグを椅子の上に置いたら……」など、面接関連での失敗体験談を赤裸々に公開しています。また、『転職成功者のホンネ覆面座談会』『面接官はココを見ている』もぜひ併せて一読を!
ビジネスマナービジネスマナービジネスマナーとは、転職者でも知っておきたいマナーをおさらいするコンテンツです。たとえば「社会人のふるまい」「基本的な言葉づかい」「仕事に欠かせないさまざまなマナー」「お客様と接するとき(訪問編)」「お客様と接するとき(来客編)」など、経験があるからこそ見落としがちな部分にフォーカス。心を白紙にしてお読みくださいね。
転職HOWTO転職HOWTO転職 HOW TOとは、転職に関するよくある疑問全般を解消するコンテンツです。転職は一人で活動することがほとんど。新卒の頃とは違い、待っていても情報が勝手に入ってくることはありません。円満退職、転職準備、エントリー、選考、そして法律まで網羅したこのコンテンツは、スムーズに転職を進めるための大きなヒントになります。
仕事お悩み相談仕事お悩み相談仕事お悩み相談では、20代や30代に限らずどの世代でも仕事のお悩みはあるもので、仕事でストレスを感じ、時には仕事を辞めたいと思ったり仕事に行きたくないなど感じてしまう事もあるでしょう。そんな仕事のお悩みを、ストレスを感じてしまう人の特徴や転職して後悔した人、後悔していない人などの声と共に紹介し、より良く解決方法もご提案します!
20代の転職(20代の平均年収・転職回数)20代の転職(20代の平均年収・転職回数)20代の転職(20代の平均年収・転職回数)とは、20代で転職した先輩達の体験談を転職回数や年収などをふまえ、その時の思いや転職後の状況など赤裸々に紹介しています。先輩達のキャリアアップやキャリアチェンジを参考にして転職に役立てましょう!もしかすると、あなたの体験とかぶる部分があるかも!?
転職お金の相談転職お金の相談転職を思い立った時、また転職をする際は、何かと「お金」に関わる出来事が関わってくるかと思います。「給与の未払い」や「雇用保険の未払い」などなど、転職に関するお金の悩みにいて知ると共に、その解決方法をご提案!シビアなお金の内容を予習・復習し転職活動に役立ててください!
業界トレンドナビ業界トレンドナビ業界トレンドナビとは、転職する際に気になる各業界の動向をチェックできます。アパレル・インテリア、エンターテイメント、サービス、製造、マスコミ、メディカルなどなど、計100種類の最新情報がまとめられています。あなたの転職先の業界はどういう動きをされていますか?一度は業界トレンドナビをチェックしてみてください!
職種辞典職種辞典職種辞典とは、私達の周囲にあるさまざまな職種の内容を、わかりやすく説明している辞典です。”その職業に就きたい!”と思っても、仕事内容をしっかり理解していなければ転職先とのミスマッチが生じてしまうでしょう。転職活動の機会を広げるためにも、わからない職種があったら職種辞典を開いてみましょう!自分にピッタリの職種に出会えるかも!
書籍紹介書籍紹介書籍紹介とは、転職はもちろん自身のスキルアップにもなるいろいろな書籍を紹介しています。ライフハックやワークハック、営業向け技術者向けなど多種多様な書籍と共に作者からの応援メッセージもあります。もし興味が持てた書籍があれば一番下のリンクから書籍を購入することも可能です!なにかのキッカケになるかもしれない書籍と出会えるかも!
キャリアデザイン発想法キャリアデザイン発想法キャリアデザイン発想法とは、あなたがキャリアを考え時の考え方や着眼点について、より具体的にわかりやすく解説します。キャリアを考えるには仕事のみの関係性にフォーカスをあてるのではなく、自分・仕事・家庭など人生をマネジメントして考える事をお勧めします。1〜8の項目を見直し、あなたのより良いキャリアをデザインしてみてください。
転職のきっかけ転職のきっかけ転職のきっかけとは、”転職はしたいけど、なかなかその一歩を踏み出せない・・・・”というジレンマを抱えている人に、転職をおこなった先輩が「自分が転職したきっかけ」を語りあなたの背中を後押ししてくれます。同じ業種やまったくの異業種に転職された先輩達の、前職で得られた経験や転職後の状況など参考にしてみましょう!
仕事内容と年収仕事内容と年収仕事内容と年収とは、都道府県別に色々な職種の気になる仕事内容と年収を赤裸々に紹介しています。地域の特色や、そこからみえる年収も紹介しているので、気になるあなたの地域の希望の職種を調べ転職活動に役立てましょう!