転職サイトは[PROSEEK]役立つ求人情報が満載

全国の求人情報満載の総合求人サイト

海外転職はどうしたらいいの?その方法やポイントについて

海外転職は一部の限られた人だけに与えられたチャンスだと思われがちです。しかし、今の時代は日常会話程度の英語力と強い意志があれば、憧れの海外転職が可能な時代です。海外で転職する方法やポイントをお伝えします。

やっぱり英語はペラペラじゃなきゃダメ?
海外で転職する方法をクリアするために、英語力は必須です。しかし、ペラペラである必要はありません。バリバリ商談をするなどする海外部門での転職の場合は、さすがにペラペラでなければいけないでしょう。TOEICで800点以上となります。これが海外企業で働くための指標と誤解されているため、海外勤務を希望している人が諦めなければいけない状況を作り出してきました。

海外での現地企業での採用の場合、エステ、飲食業など日本人向けサービスを展開している会社があります。日本人とだけ会話できればいいので、自分が日常生活に困らない程度の英語で十分現地で働くことが可能なのだそうです。働きながら英語力を磨き、現地企業へ転職することもできます。

マネージャークラスのTOEICは600点以上必要でしょう。現地の部下に英語で伝える必要があるからです。しかし、部下を持たない専門職などの場合は、専門用語が理解できれば会話力はTOEIC400点くらいでも海外勤務はつとまるようです。

海外勤務をしている理由それぞれ 海外転職をされている方はなぜ、わざわざ日本を出て海外に赴いたのでしょうか?
  • パン屋で働いているが、ドイツで本場の味を学び、帰国してから自分の店を持ちたい。
  • 日本で営業をしていたが、より視野を広げ海外で働きたい。
  • 日本で学んだスキルをいかし、海外でキャリアをつみたい
下記のような理由はNGですから気を付けていきましょう。
  • 日本の企業風土、雇用制度(1つの会社で定年まで働くことや、転職をマイナスとみる傾向など)が嫌だ。人間関係が嫌で海外に憧れている。
    →マイナス理由で海外勤務を希望しても、後で無意味な転職だったと後悔することになります。
  • アメリカでの生活に憧れがある。
    →仕事への情熱ではないので、海外で仕事をしていくモチベーションを保つ難しさがある。
内面の憧れを満たすために海外勤務を選ぶ場合、ワーキングホリデーを活用することもできます。海外勤務は日本企業で勤めるよりも厳しい面もありますので、安易に選択するのはNGです。
海外で転職する方法は4つ
海外で転職する方法は3つです。それぞれの方法の特徴とともに見てみましょう。
  • 日本企業に転職し、駐在員として海外で働く:日本水準を加味した海外水準なので、日本にいたころよりも高い給料となる。
  • 海外に子会社のある日本企業の子会社に勤務する
  • 海外の企業へ直接応募:給与は海外水準。国にもよるが、日本よりも給与は低くなる傾向がある。
住居補助や引っ越し補助、帰国補助が出るのは、駐在員のみです。働き方は、駐在員や海外の子会社勤務の場合は日本人が多いので日本仕様となります。会社にもよりますが、残業が多い可能性は高くなります。ただし、駐在員であれば、日本で勤務するよりも高い給与となる魅力もあります。海外の企業へ直接応募する場合はビザの問題が発生します。必ず確認しておきましょう。

ただし、この3つの方法の中で、かならずしも海外で働けない方法が混じっています。それは日本企業からの駐在員です。駐在員になる人は、入社時において海外勤務を希望していない人も多いそうです。逆にいえば、運が左右することになり確実性は低いといえます。確実に海外で働きたいと思われる方は、現地での海外企業、日本の会社の海外子会社への直接応募がおすすめです。

面接は直接現地へ行かなければいけない? 現地採用の仕事に応募した場合、ほとんどの面接は最終的に現地で行われます。しかし、それでは交通費がいくらあっても足りません。まずはスカイプなどで面接行うところも多いようです。しかし、ごく一部の企業では、日本人採用を積極的に行うことを事業の一環としているところもあります。その場合、交通費や宿泊費まで負担してくれる場合もあります。

海外企業での面接では、日本での面接よりもより自己PRをする必要があります。基本的な文化が違うため、日本風に謙遜してしまうと自信のなさの表れだと解釈されることもあるくらいです。例えば、英語が話せない場合です。英語は流暢に話せない(TOEIC400点くらいで、就業可能な企業へ応募したとします。)けれど、〇〇のスキルは豊富に持っているなど、自分の強みを最大限にアピールする努力が必要です。日本だと、自分のことはさておいて、など陰口も飛びそうですが、海外ではこれでいいのです。さらに面接では給与交渉までする必要があります。
海外での経験をどう生かすのか
帰国後はどうなるのでしょうか?日本企業の現地採用で海外勤務や海外子会社勤務となった場合、海外勤務が終われば帰国後、日本企業へ転職できることもあります。また、海外勤務で得た経験やスキルを活かすことのできる仕事が日本で見つかれば、日本の企業でも高く評価されることでしょう。

転職エージェントを活用すべき?
海外での転職を成功させる方法の大きな1つが、転職エージェントの活用です。海外の現地企業の中にも優良企業もあれば、日本人採用に積極的ではないブラック企業的な会社もあるからです。また、優良企業と現地の転職サイトで表示されていても、日本人採用に積極的ではなかったなど、会社が日本人を採用したいと願望している度合いがわからないこともあります。

海外企業が日本の転職エージェントに登録するためには、それなりのコストもかけなければいけません。日本人採用のために、コストをかけている企業は、コストをかけてでも日本人を採用したいと思っている企業なので、より日本人が働きやすい環境をととのえてくれていると考えることができるでしょう。
まずは転職エージェントに相談してみよう
海外への転職の意思がかたまれば、まずは転職エージェントに相談してみることをおすすめします。履歴書は日本企業の現地採用の場合、英語と日本語の両方準備する必要があります。英語レジュメや面接対策など、転職エージェントを経由したほうがいいメリットがたくさんありますので、ぜひご活用を。
8月の記事一覧
どうやって渡す?退職届の描き方とその渡し方とは
ベンチャー企業に転職するリスクとは|メリットとデメリットについて考えよう
近年増加中のweb応募について|web履歴書の写真はどうやって送るの?
女性が安心して勤められるポイントは?福利厚生から見極めよう
数ある適応能力を確認する方法とは?適性検査を受ける際に気をつけること
転職活動による感情のコントロール方法について|心身の負担度は?
フリーターからの転職活動|まずは契約社員を目指そう
独身の転職者には大きなメリット!?社員寮や家賃補助のある就職先の探し方
都心部や市内での転職活動は上手くいきやすい?都心で転職活動をするメリットとは
余裕を持って転職活動に挑む|貯蓄の大切さを考える
転職の挨拶状のマナーと書き方について
意味のある転職と意味のない転職の違いとは?目標の定め方について
海外転職はどうしたらいいの?その方法やポイントについて
転職の空白期間をプラスに伝える方法と次の転職までの過ごし方
健康診断が必要?転職時の健康診断との関係性について
おすすめコンテンツ
職務経歴書の書き方職務経歴書の書き方職務経歴書の書き方とは、職務経歴書作成のコツを紹介しているコンテンツです。とくにご注目いただきたいのが職務経歴書フォーマットダウンロードサービス。PROSEEKでは50職種分の職務経歴書サンプルをご用意しています。自分のキャリアに合ったサンプルを選択して、誰が読んでもわかりやすい職務経歴書作りを進めていきましょう。
履歴書の書き方履歴書の書き方履歴書の書き方とは、写真・捺印など基本のポイントや、やってしまいがちなタブー集をまとめたコンテンツです。また、社会人経験のある・なしに応じて履歴書をダウンロードできる履歴書フォーマットダウンロードサービスもぜひご活用ください。さらに『職務経歴書の書き方』と併せて活用すれば転職成功もグッと近づ きます。
メールの書き方メールの書き方メールの書き方とは、ビジネス上で気をつけたいメール術です。ボタンひとつで簡単に送れてしまうからこそ気をつけたい部分や、どういう文章が受け取り手にとって読みやすいのかなどをテンプレートを交えて紹介しています。メールをチャンスを呼び込むツールとしてうまく使いこなせれば、あなたの強力な味方になってくれるはずです。
転職面接失敗談転職面接失敗談面接失敗談とは、「今から面接」というあなたの転ばぬ先の杖。たとえば、「逆に、平凡さをアピールしてみたら……」「新人の頃は終電もザラですよと言われて……」「バッグを椅子の上に置いたら……」など、面接関連での失敗体験談を赤裸々に公開しています。また、『転職成功者のホンネ覆面座談会』『面接官はココを見ている』もぜひ併せて一読を!
ビジネスマナービジネスマナービジネスマナーとは、転職者でも知っておきたいマナーをおさらいするコンテンツです。たとえば「社会人のふるまい」「基本的な言葉づかい」「仕事に欠かせないさまざまなマナー」「お客様と接するとき(訪問編)」「お客様と接するとき(来客編)」など、経験があるからこそ見落としがちな部分にフォーカス。心を白紙にしてお読みくださいね。
転職HOWTO転職HOWTO転職 HOW TOとは、転職に関するよくある疑問全般を解消するコンテンツです。転職は一人で活動することがほとんど。新卒の頃とは違い、待っていても情報が勝手に入ってくることはありません。円満退職、転職準備、エントリー、選考、そして法律まで網羅したこのコンテンツは、スムーズに転職を進めるための大きなヒントになります。
仕事お悩み相談仕事お悩み相談仕事お悩み相談では、20代や30代に限らずどの世代でも仕事のお悩みはあるもので、仕事でストレスを感じ、時には仕事を辞めたいと思ったり仕事に行きたくないなど感じてしまう事もあるでしょう。そんな仕事のお悩みを、ストレスを感じてしまう人の特徴や転職して後悔した人、後悔していない人などの声と共に紹介し、より良く解決方法もご提案します!
20代の転職(20代の平均年収・転職回数)20代の転職(20代の平均年収・転職回数)20代の転職(20代の平均年収・転職回数)とは、20代で転職した先輩達の体験談を転職回数や年収などをふまえ、その時の思いや転職後の状況など赤裸々に紹介しています。先輩達のキャリアアップやキャリアチェンジを参考にして転職に役立てましょう!もしかすると、あなたの体験とかぶる部分があるかも!?
転職お金の相談転職お金の相談転職を思い立った時、また転職をする際は、何かと「お金」に関わる出来事が関わってくるかと思います。「給与の未払い」や「雇用保険の未払い」などなど、転職に関するお金の悩みにいて知ると共に、その解決方法をご提案!シビアなお金の内容を予習・復習し転職活動に役立ててください!
業界トレンドナビ業界トレンドナビ業界トレンドナビとは、転職する際に気になる各業界の動向をチェックできます。アパレル・インテリア、エンターテイメント、サービス、製造、マスコミ、メディカルなどなど、計100種類の最新情報がまとめられています。あなたの転職先の業界はどういう動きをされていますか?一度は業界トレンドナビをチェックしてみてください!
職種辞典職種辞典職種辞典とは、私達の周囲にあるさまざまな職種の内容を、わかりやすく説明している辞典です。”その職業に就きたい!”と思っても、仕事内容をしっかり理解していなければ転職先とのミスマッチが生じてしまうでしょう。転職活動の機会を広げるためにも、わからない職種があったら職種辞典を開いてみましょう!自分にピッタリの職種に出会えるかも!
書籍紹介書籍紹介書籍紹介とは、転職はもちろん自身のスキルアップにもなるいろいろな書籍を紹介しています。ライフハックやワークハック、営業向け技術者向けなど多種多様な書籍と共に作者からの応援メッセージもあります。もし興味が持てた書籍があれば一番下のリンクから書籍を購入することも可能です!なにかのキッカケになるかもしれない書籍と出会えるかも!
キャリアデザイン発想法キャリアデザイン発想法キャリアデザイン発想法とは、あなたがキャリアを考え時の考え方や着眼点について、より具体的にわかりやすく解説します。キャリアを考えるには仕事のみの関係性にフォーカスをあてるのではなく、自分・仕事・家庭など人生をマネジメントして考える事をお勧めします。1〜8の項目を見直し、あなたのより良いキャリアをデザインしてみてください。
転職のきっかけ転職のきっかけ転職のきっかけとは、”転職はしたいけど、なかなかその一歩を踏み出せない・・・・”というジレンマを抱えている人に、転職をおこなった先輩が「自分が転職したきっかけ」を語りあなたの背中を後押ししてくれます。同じ業種やまったくの異業種に転職された先輩達の、前職で得られた経験や転職後の状況など参考にしてみましょう!
仕事内容と年収仕事内容と年収仕事内容と年収とは、都道府県別に色々な職種の気になる仕事内容と年収を赤裸々に紹介しています。地域の特色や、そこからみえる年収も紹介しているので、気になるあなたの地域の希望の職種を調べ転職活動に役立てましょう!