転職サイトは[PROSEEK]役立つ求人情報が満載

全国の求人情報満載の総合求人サイト

意味のある転職と意味のない転職の違いとは?目標の定め方について

転職には意味のある転職と意味のない転職があります。自分の人生を大きく変えてしまう可能性のある転職。もちろん意味ある転職をするために、どのようなことに気をつければいいのか。目標の定め方をお伝えします。

意味のない転職とは?
意味ある転職と意味のない転職の違いはなんでしょうか? ・意味ない在職→転職:意味ある転職となる可能性もある。応募企業の決め方によっては意味ない転職となることも。 ・意味ある在職→転職:意味ない転職となる。 避けたいのは、意味ない在職だと思っていたのは、当時の自分だけで、転職後に考えてみたら、実は意味ある在職だったというものです。意味ない転職をする人の多くは、意味ある在職をしているにもかかわらず、転職のメリットだけを追いかけて転職活動してしまっている傾向があります。 意味ある在職とは? 意味ある在職を考える時、働く意味について考えていく必要もありそうです。 ・人間は生きて行くだけのお金がないと生存できない 程度の差はあれど、ほとんどの人は働くことは生きるための糧と位置付けて働いているのではないでしょうか。一方、生きて行くためのお金を得られている状況がクリアできれば、さらに心に余裕ができ、正当な欲望がでてきます。誰しも、より楽な生活をしたいという願いから、転職を決めることがあります。ですが、安易な決断は意味のない転職につながることがあるので要注意です。 ・給料は良くなったが、仕事の内容、人間関係、拘束時間などに不満を持つようになった ここにきて、初めて前職が仕事内容、人間関係、拘束時間において優良な企業だったことがわかります。つまり、なんとなく転職したい、今よりもさらにお金を稼げるはずだという感覚は、今いる職場がいかに恵まれた職場であるかの裏返しでもあるというわけです。
転職の目的設定〜自分が求めているものだけを追求していないか?
隣の芝生は青いといいますが、意味ある在職をしている場合、慣れてくることで自分を過大評価し、さらに社内で誰か転職に成功したなどと聞けばますます、意味のない転職に走りがちです。 もちろん、今よりもいい暮らしがしたい、安心がほしいという理由で転職を考えるのは全うな考えです。ですが、今いる職場を離れてまで行う価値があるのか、そこを考えなければいけません。今の職場よりも年収UPを提示している会社はたくさんあります。しかし、今の会社の自分の環境(ポジション)のまま、新しい会社へシフトするなら、年収だけUPするので意味ある転職にうつるでしょう。しかし、実際はそうではありません。
  • 仕事内容
  • 人間関係
  • 拘束時間
  • 通勤時間
など あらゆることが変化するのが転職です。今と同じスタイルで働くことができることはまずないと思いましょう。 転職は成功するものだと思い込んでいないか? 新人社員の頃から、少しずつ新しい仕事を覚えていく環境とはちがい、転職先ではかなりのスピードをもって実務に入っていかなければいけません。35歳を過ぎると、体力的、精神的にもきついといわれています。もちろん、失敗する転職ばかりではありませんが、転職を一方的に成功すると思い込んで、今の会社の退職を考えているようならもう少し様子をみましょう。 転職失敗のリスクにも耐えうることができるか? 転職を考える時、そのようなマイナス思考をもちながら進める人はいないかも知れません。しかし、今の会社を辞めるということは、それだけのリスクが伴っています。家族がいる方などの場合、失敗した時のこともより慎重に考えて行くべきではないでしょうか。
今の会社への不満は解消できないものか?
今の仕事に対して不満があるから、転職を考えるのは当然といえば当然です。いくつかの理由をあげてみます。解消の行動を起こせるものがあれば、まずはその活動をすべきではないでしょうか。転職活動よりも楽ですし、安定的です。
  • 今の仕事量が多い、残業時間などの拘束時間が多すぎる
    →理由を上司に話す。上司が受け入れないのであれば、さらに上の役職者に。部署を移動する対策をとってもらうか、人材を増やしてもらうかなど検討を依頼する。
  • 今の仕事が難しい、自分に合っていない
    →理由を上司に話す。違う部署に異動してもらえないか相談する。難しい仕事を簡単にする方法を伝授してもらう。個別講習会など。
会社にマイナスの要因がある場合、とにかく抱え込まずに問題を表面化していくことがポイントです。そうすることでより客観的にみることができます。
お金のためだけの転職の場合の注意点
年収が200万高いから、A社ではなくB社にしたとします。A社は前職とほぼおなじくらいの給料だったと想定しています。いくら200万年収がUPしても、仕事に価値を見いだせなければただの労働と化してしまいます。ドラッカーは仕事について、強み、価値観、仕事の進め方の3つが充実していれば、その仕事は自分に自信をもたらすと提示しています。 順位づけをして自分の価値観を知る方法  ドナルド・E・スーパーはこれらの価値観について、自分の中で順位づけをすることでその人が求める価値観を浮き彫りにする方法を提示しています。自分の能力が活用できているか、経済的報酬は見合っているか、社会的交流はあるか、環境は心地よいと思えるかなどに自分自身で優先順位をつけます。自分は人生において、どの要素を重視するのかを順位付けするのです。その優先順位の順番に、現在の仕事はどの程度その価値観に添っているか、冷静に分析してみましょう。経済的報酬は見合っているが、残業が多く、心地よい環境ではない場合、経済的報酬の優先順位が高ければよい職場となり、環境の順位が高ければ悪い職場となります。 今の仕事が順位づけした価値観にかけ離れているなと思う場合、自分の人生の優先順位に合っていない、ということが転職理由になるでしょう。しかし、今の会社にそれほど不満はなく、ただ単に疲れた、つまらないと感じているだけで退職するのは避けたいものです。 対策としては、趣味でこれらの価値観を補うようにすることです。趣味をするためには、時間と少しのお金も必要です。これらを捻出するという新しい目標が出来たことになります。そうなると残業時間の短縮であったり、スキルアップで昇給を狙うなどの対策が生じてきます。これが叶わなければ、転職へスイッチを切り替えるとすればいいのではないでしょうか。
目標は常にかわる〜意味のある転職の道は1本ではない
会社に不満を持つとすぐに転職という最終手段を選択するのはリスクが高すぎます。まずは不満を解消する目標を、小さなものでもいいので持ちながら進んでいくことがコツです。そして、最終手段としての転職が見えてくれば、その時こそ転職活動をすべき時期なのではないでしょうか。
8月の記事一覧
どうやって渡す?退職届の描き方とその渡し方とは
ベンチャー企業に転職するリスクとは|メリットとデメリットについて考えよう
近年増加中のweb応募について|web履歴書の写真はどうやって送るの?
女性が安心して勤められるポイントは?福利厚生から見極めよう
数ある適応能力を確認する方法とは?適性検査を受ける際に気をつけること
転職活動による感情のコントロール方法について|心身の負担度は?
フリーターからの転職活動|まずは契約社員を目指そう
独身の転職者には大きなメリット!?社員寮や家賃補助のある就職先の探し方
都心部や市内での転職活動は上手くいきやすい?都心で転職活動をするメリットとは
余裕を持って転職活動に挑む|貯蓄の大切さを考える
転職の挨拶状のマナーと書き方について
意味のある転職と意味のない転職の違いとは?目標の定め方について
海外転職はどうしたらいいの?その方法やポイントについて
転職の空白期間をプラスに伝える方法と次の転職までの過ごし方
健康診断が必要?転職時の健康診断との関係性について
おすすめコンテンツ
職務経歴書の書き方職務経歴書の書き方職務経歴書の書き方とは、職務経歴書作成のコツを紹介しているコンテンツです。とくにご注目いただきたいのが職務経歴書フォーマットダウンロードサービス。PROSEEKでは50職種分の職務経歴書サンプルをご用意しています。自分のキャリアに合ったサンプルを選択して、誰が読んでもわかりやすい職務経歴書作りを進めていきましょう。
履歴書の書き方履歴書の書き方履歴書の書き方とは、写真・捺印など基本のポイントや、やってしまいがちなタブー集をまとめたコンテンツです。また、社会人経験のある・なしに応じて履歴書をダウンロードできる履歴書フォーマットダウンロードサービスもぜひご活用ください。さらに『職務経歴書の書き方』と併せて活用すれば転職成功もグッと近づ きます。
メールの書き方メールの書き方メールの書き方とは、ビジネス上で気をつけたいメール術です。ボタンひとつで簡単に送れてしまうからこそ気をつけたい部分や、どういう文章が受け取り手にとって読みやすいのかなどをテンプレートを交えて紹介しています。メールをチャンスを呼び込むツールとしてうまく使いこなせれば、あなたの強力な味方になってくれるはずです。
転職面接失敗談転職面接失敗談面接失敗談とは、「今から面接」というあなたの転ばぬ先の杖。たとえば、「逆に、平凡さをアピールしてみたら……」「新人の頃は終電もザラですよと言われて……」「バッグを椅子の上に置いたら……」など、面接関連での失敗体験談を赤裸々に公開しています。また、『転職成功者のホンネ覆面座談会』『面接官はココを見ている』もぜひ併せて一読を!
ビジネスマナービジネスマナービジネスマナーとは、転職者でも知っておきたいマナーをおさらいするコンテンツです。たとえば「社会人のふるまい」「基本的な言葉づかい」「仕事に欠かせないさまざまなマナー」「お客様と接するとき(訪問編)」「お客様と接するとき(来客編)」など、経験があるからこそ見落としがちな部分にフォーカス。心を白紙にしてお読みくださいね。
転職HOWTO転職HOWTO転職 HOW TOとは、転職に関するよくある疑問全般を解消するコンテンツです。転職は一人で活動することがほとんど。新卒の頃とは違い、待っていても情報が勝手に入ってくることはありません。円満退職、転職準備、エントリー、選考、そして法律まで網羅したこのコンテンツは、スムーズに転職を進めるための大きなヒントになります。
仕事お悩み相談仕事お悩み相談仕事お悩み相談では、20代や30代に限らずどの世代でも仕事のお悩みはあるもので、仕事でストレスを感じ、時には仕事を辞めたいと思ったり仕事に行きたくないなど感じてしまう事もあるでしょう。そんな仕事のお悩みを、ストレスを感じてしまう人の特徴や転職して後悔した人、後悔していない人などの声と共に紹介し、より良く解決方法もご提案します!
20代の転職(20代の平均年収・転職回数)20代の転職(20代の平均年収・転職回数)20代の転職(20代の平均年収・転職回数)とは、20代で転職した先輩達の体験談を転職回数や年収などをふまえ、その時の思いや転職後の状況など赤裸々に紹介しています。先輩達のキャリアアップやキャリアチェンジを参考にして転職に役立てましょう!もしかすると、あなたの体験とかぶる部分があるかも!?
転職お金の相談転職お金の相談転職を思い立った時、また転職をする際は、何かと「お金」に関わる出来事が関わってくるかと思います。「給与の未払い」や「雇用保険の未払い」などなど、転職に関するお金の悩みにいて知ると共に、その解決方法をご提案!シビアなお金の内容を予習・復習し転職活動に役立ててください!
業界トレンドナビ業界トレンドナビ業界トレンドナビとは、転職する際に気になる各業界の動向をチェックできます。アパレル・インテリア、エンターテイメント、サービス、製造、マスコミ、メディカルなどなど、計100種類の最新情報がまとめられています。あなたの転職先の業界はどういう動きをされていますか?一度は業界トレンドナビをチェックしてみてください!
職種辞典職種辞典職種辞典とは、私達の周囲にあるさまざまな職種の内容を、わかりやすく説明している辞典です。”その職業に就きたい!”と思っても、仕事内容をしっかり理解していなければ転職先とのミスマッチが生じてしまうでしょう。転職活動の機会を広げるためにも、わからない職種があったら職種辞典を開いてみましょう!自分にピッタリの職種に出会えるかも!
書籍紹介書籍紹介書籍紹介とは、転職はもちろん自身のスキルアップにもなるいろいろな書籍を紹介しています。ライフハックやワークハック、営業向け技術者向けなど多種多様な書籍と共に作者からの応援メッセージもあります。もし興味が持てた書籍があれば一番下のリンクから書籍を購入することも可能です!なにかのキッカケになるかもしれない書籍と出会えるかも!
キャリアデザイン発想法キャリアデザイン発想法キャリアデザイン発想法とは、あなたがキャリアを考え時の考え方や着眼点について、より具体的にわかりやすく解説します。キャリアを考えるには仕事のみの関係性にフォーカスをあてるのではなく、自分・仕事・家庭など人生をマネジメントして考える事をお勧めします。1〜8の項目を見直し、あなたのより良いキャリアをデザインしてみてください。
転職のきっかけ転職のきっかけ転職のきっかけとは、”転職はしたいけど、なかなかその一歩を踏み出せない・・・・”というジレンマを抱えている人に、転職をおこなった先輩が「自分が転職したきっかけ」を語りあなたの背中を後押ししてくれます。同じ業種やまったくの異業種に転職された先輩達の、前職で得られた経験や転職後の状況など参考にしてみましょう!
仕事内容と年収仕事内容と年収仕事内容と年収とは、都道府県別に色々な職種の気になる仕事内容と年収を赤裸々に紹介しています。地域の特色や、そこからみえる年収も紹介しているので、気になるあなたの地域の希望の職種を調べ転職活動に役立てましょう!