転職サイトは[PROSEEK]役立つ求人情報が満載

全国の求人情報満載の総合求人サイト

企業の下調べが合否を握る!情報収集でライバルと差を付けよう

企業へ転職する場合、応募企業の下調べや企業研究によって、面接で好印象が残せることがあります。企業の情報収集をする場合に、おすすめしたい方法をお伝えします。

企業の研究はする方がいいの?しなくてもいい?
例えば、Aさんのことをあなたは好きになったとしましょう。Aさんは人気者なので、ライバルはたくさんいます。Aさんは女性を数人にしぼりました。さらに、決めかねたので、最終的にどれくらい自分のことを好んでくれているのかで決めようと思いました。女性達は改めて、Aさんについての研究を始めます。いい面だけでなく悪い面もあるかも知れません。それをAさんに上手く伝えられるかどうかが恋愛や結婚においてはポイントです。 実は転職において、企業と応募者はこれと同じような状況です。応募者が多すぎて、企業はその人を1人に絞れないという状況の場合、特にそうなります。企業は履歴書、筆記試験、面接と段階を経てから最終的に1人を採用するのです。 企業研究が十分出来ている人は、応募企業の良いところも悪いところも伝えることが出来ますし、自分が今後どのように取り組みたいのかまで伝えることが出来ます。企業研究をすることは、自分を好印象な人物として、採用側に残すための手段です。企業研究をする理由はそれだけではありません。 自分が心から納得する企業であることを再認識しよう ブランド力だけで数社、数十社転職応募企業を選んだとします。企業研究をしなければ、自分がその企業を好きになった理由は、ブランド、給料、待遇などだけです。いくら条件がよくても、中身つまり事業内容、企業理念、社長はじめ社風なども好きにならなければモチベーションが落ちていくので早期退職につながります。企業研究をすることは、自分の中でその企業への転職意欲をより強め、熱意を持ち続けるための情報として持っておくことにもつながるのです。
企業の研究!必要最低限は知っておきたいこと
転職活動で、企業サイトが準備されている会社に応募するなら、製品情報、技術情報、会社情報、いろいろな企業情報を入手することが出来ます。しかし、企業サイトがない会社などは、やはり転職博や会社説明会などが実施されれば実際に参加することで、企業のリアルが分かるのではないでしょうか。 客観視された辛口情報を得るには? 企業のいい面つまり、主観的な企業サイトだけで応募企業とするのは、少し問題がありそうです。企業のサイトはその企業をアピールするサイトでもあるで、企業の素晴らしい面、いい面だけを網羅していることがほとんどです。例えば、経営難であるにもかかわらず、その面については伏せておくなどすることがあります。しかし、事実は新聞や業界誌などに掲載されることもあるでしょう。企業サイトの他に、業界誌なども活用しましょう。 入社後の様子や待遇面での満足、不満足だけを専門にしているサイトもありますので活用するのもいいです。また、客観的な情報で代表的なものは、財務諸表です。当期純利益が出ていたとしても、建物や土地などの固定資産を売却したことによる特別損失や、社債や借入金の返済によって、資産が年々少なくなってきているなど、表面的には分かりづらいものがあります。 企業サイトで、コアになっている事業をまずチェックします。そのコア部分についての、売上高がどうなっているのかを財務諸表で知ることが必要です。コア部分の事業にかかわる売上げが減少しているなら、その企業は将来的に右肩下がりになるでしょう。このように、財務諸表は企業サイトと併用しながら客観的事実としておさえておきたいものです。 株式を上場している企業の場合、株価の変動によって企業の業績を推測することも出来ます。Yahooのファイナンスでは、掲示板という欄があり、企業サイトでは知りえない、リアルな情報が掲載されていたりします。例えば、企業サイト上では、製品やプロジェクトとして掲載されている情報について、実は近日中に廃止が検討されているなどです。もちろん、逆にうれしい情報である場合もあります。競合企業の情報も得ることが出来ますしね。客観的情報を得る手段としてはおすすめです。 また、株価が上昇している企業はそれだけ資金繰りや事業が進んでいるので、新規人材の採用があることもあります。四季報や転職エージェントからの紹介の他にもオリジナルで企業を探すことが出来ます。
会社説明会で得た情報は貴重
会社説明会や、会社合同説明会はマストで出席すべきか迷うことがあります。転職応募企業が多ければ多いほどなおさらです。企業はそもそもどうして、会社説明会をするのでしょうか。
  • 沢山の人に会社の良さを知ってもらいたい
  • 本当に入社したい人だけに応募してほしい
  • 業界内の知名度をあげたい
  • などです。
本当に入社したい人だけに応募してもらいたいという意図の中には、自分の会社に本当に入社したければ、会社説明会には来るだろうという考えも盛り込まれているようです。ある企業に入社した人が驚いたことがあります。それは、同期のうちの半分以上が会社説明会に来ていて顔見知りの人達だったということなんです。本当に応募したい人だけに来てもらいたい意図がある場合、当然会社説明会に来ていない人が面接で当たるより、あの時の会社説明会に来てくれていた人だという方が好印象です。会社説明会は出来るだけ参加しておくことをおすすめします。 もちろん、最終的にはその人の人間性が重要視されるので、会社説明会には来なかったけれど、企業のニーズにこたえられそうな人が来れば、ライバルとなる可能性もあります。しかし、会社説明会で好印象を残せれば、後の面接でも有利になることは間違いなさそうです。
自己分析とともに企業分析もしていこう
履歴書を書く前は、自己分析をしっかりすると思います。応募者は自分をよく知ることとともに、相手つまり企業のこともよく知らなければ応募しても、面接ですぐにバレてしまいます。本当にその企業へ入社したいことをアピールするためにも、企業研究は転職者にとって必要な作業だといえそうです。
7月の記事一覧
異業種の転職に挑戦しよう!各職種に合った面接対策や対策方法
地方での転職活動は困難?何を武器にしていくか勝負
内定決定後の対応とは?辞退したい場合の申告方法
転職情報が豊富な媒体とは?選定方法をじっくり選定してみよう
転職がうまくいくしっかりとした志望動機とは?明確化した志望動機の伝え方
転職活動で確定申告忘れてない?督促が来る前に過去1年間の所得を申告しよう
企業の下調べが合否を握る!情報収集でライバルと差を付けよう
一般常識を意外と理解していないと大変!転職の際に出題される問題とは?
企業説明会に参加して理解を深めよう!転職の際に説明会に行く目的とは
専門職の市場を徹底調査!売り手市場の需要と供給
メールでのやり取りのマナーとは?最低限のポイントを抑えよう
転職時に自身の欠点を上手くアピール!短所を好印象付ける返答とは
語学力で周りと差をつける!未経験可能な語学力を生かした転職情報
企業による転職にまつわるイベントとは?各イベントの種類や行った時のポイントについて
人生の中における転職活動は平均にして約何回?人生を豊かにする転職とは
おすすめコンテンツ
職務経歴書の書き方職務経歴書の書き方職務経歴書の書き方とは、職務経歴書作成のコツを紹介しているコンテンツです。とくにご注目いただきたいのが職務経歴書フォーマットダウンロードサービス。PROSEEKでは50職種分の職務経歴書サンプルをご用意しています。自分のキャリアに合ったサンプルを選択して、誰が読んでもわかりやすい職務経歴書作りを進めていきましょう。
履歴書の書き方履歴書の書き方履歴書の書き方とは、写真・捺印など基本のポイントや、やってしまいがちなタブー集をまとめたコンテンツです。また、社会人経験のある・なしに応じて履歴書をダウンロードできる履歴書フォーマットダウンロードサービスもぜひご活用ください。さらに『職務経歴書の書き方』と併せて活用すれば転職成功もグッと近づ きます。
メールの書き方メールの書き方メールの書き方とは、ビジネス上で気をつけたいメール術です。ボタンひとつで簡単に送れてしまうからこそ気をつけたい部分や、どういう文章が受け取り手にとって読みやすいのかなどをテンプレートを交えて紹介しています。メールをチャンスを呼び込むツールとしてうまく使いこなせれば、あなたの強力な味方になってくれるはずです。
転職面接失敗談転職面接失敗談面接失敗談とは、「今から面接」というあなたの転ばぬ先の杖。たとえば、「逆に、平凡さをアピールしてみたら……」「新人の頃は終電もザラですよと言われて……」「バッグを椅子の上に置いたら……」など、面接関連での失敗体験談を赤裸々に公開しています。また、『転職成功者のホンネ覆面座談会』『面接官はココを見ている』もぜひ併せて一読を!
ビジネスマナービジネスマナービジネスマナーとは、転職者でも知っておきたいマナーをおさらいするコンテンツです。たとえば「社会人のふるまい」「基本的な言葉づかい」「仕事に欠かせないさまざまなマナー」「お客様と接するとき(訪問編)」「お客様と接するとき(来客編)」など、経験があるからこそ見落としがちな部分にフォーカス。心を白紙にしてお読みくださいね。
転職HOWTO転職HOWTO転職 HOW TOとは、転職に関するよくある疑問全般を解消するコンテンツです。転職は一人で活動することがほとんど。新卒の頃とは違い、待っていても情報が勝手に入ってくることはありません。円満退職、転職準備、エントリー、選考、そして法律まで網羅したこのコンテンツは、スムーズに転職を進めるための大きなヒントになります。
仕事お悩み相談仕事お悩み相談仕事お悩み相談では、20代や30代に限らずどの世代でも仕事のお悩みはあるもので、仕事でストレスを感じ、時には仕事を辞めたいと思ったり仕事に行きたくないなど感じてしまう事もあるでしょう。そんな仕事のお悩みを、ストレスを感じてしまう人の特徴や転職して後悔した人、後悔していない人などの声と共に紹介し、より良く解決方法もご提案します!
20代の転職(20代の平均年収・転職回数)20代の転職(20代の平均年収・転職回数)20代の転職(20代の平均年収・転職回数)とは、20代で転職した先輩達の体験談を転職回数や年収などをふまえ、その時の思いや転職後の状況など赤裸々に紹介しています。先輩達のキャリアアップやキャリアチェンジを参考にして転職に役立てましょう!もしかすると、あなたの体験とかぶる部分があるかも!?
転職お金の相談転職お金の相談転職を思い立った時、また転職をする際は、何かと「お金」に関わる出来事が関わってくるかと思います。「給与の未払い」や「雇用保険の未払い」などなど、転職に関するお金の悩みにいて知ると共に、その解決方法をご提案!シビアなお金の内容を予習・復習し転職活動に役立ててください!
業界トレンドナビ業界トレンドナビ業界トレンドナビとは、転職する際に気になる各業界の動向をチェックできます。アパレル・インテリア、エンターテイメント、サービス、製造、マスコミ、メディカルなどなど、計100種類の最新情報がまとめられています。あなたの転職先の業界はどういう動きをされていますか?一度は業界トレンドナビをチェックしてみてください!
職種辞典職種辞典職種辞典とは、私達の周囲にあるさまざまな職種の内容を、わかりやすく説明している辞典です。”その職業に就きたい!”と思っても、仕事内容をしっかり理解していなければ転職先とのミスマッチが生じてしまうでしょう。転職活動の機会を広げるためにも、わからない職種があったら職種辞典を開いてみましょう!自分にピッタリの職種に出会えるかも!
書籍紹介書籍紹介書籍紹介とは、転職はもちろん自身のスキルアップにもなるいろいろな書籍を紹介しています。ライフハックやワークハック、営業向け技術者向けなど多種多様な書籍と共に作者からの応援メッセージもあります。もし興味が持てた書籍があれば一番下のリンクから書籍を購入することも可能です!なにかのキッカケになるかもしれない書籍と出会えるかも!
キャリアデザイン発想法キャリアデザイン発想法キャリアデザイン発想法とは、あなたがキャリアを考え時の考え方や着眼点について、より具体的にわかりやすく解説します。キャリアを考えるには仕事のみの関係性にフォーカスをあてるのではなく、自分・仕事・家庭など人生をマネジメントして考える事をお勧めします。1〜8の項目を見直し、あなたのより良いキャリアをデザインしてみてください。
転職のきっかけ転職のきっかけ転職のきっかけとは、”転職はしたいけど、なかなかその一歩を踏み出せない・・・・”というジレンマを抱えている人に、転職をおこなった先輩が「自分が転職したきっかけ」を語りあなたの背中を後押ししてくれます。同じ業種やまったくの異業種に転職された先輩達の、前職で得られた経験や転職後の状況など参考にしてみましょう!
仕事内容と年収仕事内容と年収仕事内容と年収とは、都道府県別に色々な職種の気になる仕事内容と年収を赤裸々に紹介しています。地域の特色や、そこからみえる年収も紹介しているので、気になるあなたの地域の希望の職種を調べ転職活動に役立てましょう!