]ETCgPROSEEK

専門職の市場を徹底調査!売り手市場の需要と供給

転職において専門職から転職される方も少なくありません。情報通信、運輸・郵便、医療・福祉などなど、多彩な専門職からご自身の専門職の市場を調査し、あなたの職が今売り手市場なのかどうか調査してみましょう。

売り手市場の専門職種とは?
厚生省による2015年の調査で売り手市場と化している職種はこちらです。
  • 情報通信業 携帯電話、放送局、ケーブルテレビなどの企業がある。平均月収も48万程度と高い。急速な技術の発展についていける人材が不足しており、最近はさらに売り手市場となっている。
  • 運輸・郵便業 鉄道、自動車、船舶、飛行機などの運送用具を運転できる専門の技術を持っていると、転職に有利だと言われている。平均月収は約33万円で、業種全体の平均よりも少し高め。
  • 医療・福祉 →病院、一般の診療所、歯医者、介護施設、などがある。自治体採用での公務員となることも出来る。医師、看護師、薬剤師、介護士などの専門性のある職種。平均月収は29万ほどで、業種全体の平均よりも低めな点が問題点。
医療業界では、月収などの待遇面を改善することで、人材が業界に戻ってきているものの、介護業界では待遇面の改善がまだまだなので、今後も売り手市場が続くと見込まれます。 素朴な疑問~売り手市場って? 転職や就職においては、需要と供給においてこう考えます。
  • 供給側:企業へ応募する転職者
  • 需要側:企業
企業に対して、人材を供給するというシステムなんですね。 売り手という状態=需要>供給 売り手市場というのは、需要が供給を上回ることを意味しているので、企業の求人数のほうが、応募者よりも多いことを表しています。
転職を成功させやすい専門職がある?
売り手市場の専門の職務能力がある人材として、即戦力として働く方法は、2通りあります。
  • 専門職のキャリアを持つこと
  • 専門職を遂行出来るような資格(その資格を保有していないと専門職を遂行できない場合の資格)を保有していること
  • 専門職を遂行できること
一般的に企業が専門職を採用する場合、同職種の人を採用する方がリスクは低いと言えます。異職種の人材が、企業の専門性のある仕事をすることに、不安を感じるからです。ですが、異職種の人のうち、このような場合は転職を成功させることが出来るでしょう。
  • 看護師→介護職
  • 税理士→経理部長
  • 調理師→食品会社社員
  • 社会保険労務士→企業の総務部
  • SE→同業種のマーケティング
つまり、ある一定の専門知識または資格を保有していれば、それがカバーする専門の業務にかかわるポジションへの転職は可能だということです。
資格においては必ずしも取得する必要はない?採用のための知識獲得を
資格は有利な資格、取っておいたほうがいい資格、年収がUPする資格など様々です。資格も2通りがあります。
  • その資格を保有していなければ出来ない仕事 →医師、歯科医師、看護師、薬剤師、介護福祉士、社会福祉士、美容師、理容師、保育士、教師、弁護士、公認会計士、税理士
  • 資格は必ずしも保有していなくても出来る仕事 →TOEIC、TOEFL、簿記、宅建、調理師、秘書検定、パソコン資格など
転職において、企業側は専門職を採用する場合、資格の保有があれば安心してまかせられると判断してくれるというメリットがあります。しかし、それは実務経験がない場合です。実務経験がある場合、例えば総務部でのキャリアがあれば、あえて社会保険労務士の資格は不要であるということになります。 未経験の人が実務経験を積もうと思えば、資格は必要だと思われがちです。専門職の難関資格にチャレンジする場合、ある程度知識を得ることが出来れば実務は遂行できることが多いようです。その資格を保有してなければ、業務遂行が出来ない資格をのぞいては、ある程度知識を得られたならば、同時に転職活動も開始したほうがいいでしょう。
売り手市場の罠とは?
転職において、売り手市場で働くために必要な専門知識にかかわる資格を、これから取得するのは理にかなっているといえます。 売り手市場であること=企業の求人が多いこと ここで、企業の求人が多い理由にふれてみましょう。企業の求人が多い理由は2通りあります。
  • 業界自体の景気がいい
  • 会社が利益を十分にだしたので、人員拡大する余裕が出来た。
  • 業界の人材の退職が多く、常に慢性的な人材不足のため
売り手市場だといわれている業界で転職活動をすれば、転職を成功させる確立は高くなるでしょう。さらに、専門の資格を身につければ収入UPの期待も出てきます。しかし、 その上で、業界、業種、業務内容に強い情熱を抱き、待遇面の悪さ、体力面などの実務面で問題がなければ、その専門職にかかわる資格取得のための活動をすべきではないでしょうか。 例えば、看護師の資格は30~40歳の中途退職者でも、保有しやすい資格であり、収入面でも保障されている職種です。しかし、ほとんどの人は待遇、一生ものの仕事といういい面だけを見る傾向にあります。研修や夜勤における体力の必要性、人間関係の難しさなどにめげてしまう人も少なくないようです。そして、せっかく資格を取っても、ペーパードライバーのように仕事には就かずに、異業種へ転職することもあります。 これは看護師に限らず他の難関資格でも同じでしょう。そのためには、まずは実地で仕事を経験することが大切です。看護師なら、一日看護体験がありますし、他の専門職なら、まずは転職中にアルバイトで採用してもらい、専門職の手伝いをするくらいの気持ちで実際にその仕事に触れてみることです。そして、自分がそこで本当にその仕事に魅力を感じたなら、資格取得のために専念する方向で転職活動も進めていきましょう。 実務経験を積めば年収が1千万円台になる職種とは? 経理部長という職種があります。これは、経理の仕事を長年続けており、キャリアのある方の出世形の職種です。経理部長は、本来の月次、年次決算以外に、予算編成、意思決定、財務諸表分析などより、専門性の高いスキルも必要になってきます。また、税理士や公認会計士の資格を持っていれば、さらによく、そこへ英語の資格も保有していればグローバル企業の経理部長にもなれることもあります。その場合は年収1千万を超えることもあるでしょう。
これからはITの時代
インターネットがさらに拡大し、AIも加わることで、情報通信業の売り手市場化は拡大し、インターネットやAIにかかわる専門職のニーズは広がるでしょう。そのためには、パソコンにかかわる資格を保有し、かつ時代が進むにつれて新しい技術を獲得していければ、いつでも転職時には引手あまたとなることでしょう。 人工知能を使いこなすエンジニアは転職に有利 これからの時代は人工知能を使いこなせるかどうかが課題でもあります。将棋や囲碁の世界でAIと対戦すれば、その戦いの一部がAIに組み込まれていくため、ますますAIが人間を上回っていくといえます。しかし、その進化したAIを使いこなせば、より人間の知能も高まります。今後は、AIによって人間の知能はますます高まる可能性を秘めており、相乗効果で成長していくと予測されそうです。 エンジニアが転職する際に、人工知能を使いこなす技術を持っていれば、企業から重宝されるのではないでしょうか。身につけたいスキルはこちらです。
  • 【AI関連技術】 ・機械学習に関する知識 ・画像処理スキル(ノイズ除去、領域抽出など)
  • 【アプリケーション開発】 ・自然言語処理手法(形態素解析など) ・ライブラリの使い方に関する知識(画像処理、自然言語処理手法にかかわる)
  • 【基礎構築】 ・並列処理に関する知識 ・コーティング能力(GPUメモリーや演算器の構成を意識したもの)
  • など
前職の延長線上OR異職種?専門職に迷ったら?
一生ものの専門職を探している場合、2種類の方法があります。1つめは前職を生かした延長線上にある専門職です。2つ目は全く違う畑で資格取得からチャレンジする専門職です。より転職の成功を願うなら、年収UPの資格よりも売り手市場の専門職にかかわる資格がおすすめです
7月の記事一覧
異業種の転職に挑戦しよう!各職種に合った面接対策や対策方法
地方での転職活動は困難?何を武器にしていくか勝負
内定決定後の対応とは?辞退したい場合の申告方法
転職情報が豊富な媒体とは?選定方法をじっくり選定してみよう
転職がうまくいくしっかりとした志望動機とは?明確化した志望動機の伝え方
転職活動で確定申告忘れてない?督促が来る前に過去1年間の所得を申告しよう
企業の下調べが合否を握る!情報収集でライバルと差を付けよう
一般常識を意外と理解していないと大変!転職の際に出題される問題とは?
企業説明会に参加して理解を深めよう!転職の際に説明会に行く目的とは
専門職の市場を徹底調査!売り手市場の需要と供給
メールでのやり取りのマナーとは?最低限のポイントを抑えよう
転職時に自身の欠点を上手くアピール!短所を好印象付ける返答とは
語学力で周りと差をつける!未経験可能な語学力を生かした転職情報
企業による転職にまつわるイベントとは?各イベントの種類や行った時のポイントについて
人生の中における転職活動は平均にして約何回?人生を豊かにする転職とは
おすすめコンテンツ
職務経歴書の書き方職務経歴書の書き方職務経歴書の書き方とは、職務経歴書作成のコツを紹介しているコンテンツです。とくにご注目いただきたいのが職務経歴書フォーマットダウンロードサービス。PROSEEKでは50職種分の職務経歴書サンプルをご用意しています。自分のキャリアに合ったサンプルを選択して、誰が読んでもわかりやすい職務経歴書作りを進めていきましょう。
履歴書の書き方履歴書の書き方履歴書の書き方とは、写真・捺印など基本のポイントや、やってしまいがちなタブー集をまとめたコンテンツです。また、社会人経験のある・なしに応じて履歴書をダウンロードできる履歴書フォーマットダウンロードサービスもぜひご活用ください。さらに『職務経歴書の書き方』と併せて活用すれば転職成功もグッと近づ きます。
メールの書き方メールの書き方メールの書き方とは、ビジネス上で気をつけたいメール術です。ボタンひとつで簡単に送れてしまうからこそ気をつけたい部分や、どういう文章が受け取り手にとって読みやすいのかなどをテンプレートを交えて紹介しています。メールをチャンスを呼び込むツールとしてうまく使いこなせれば、あなたの強力な味方になってくれるはずです。
転職面接失敗談転職面接失敗談面接失敗談とは、「今から面接」というあなたの転ばぬ先の杖。たとえば、「逆に、平凡さをアピールしてみたら……」「新人の頃は終電もザラですよと言われて……」「バッグを椅子の上に置いたら……」など、面接関連での失敗体験談を赤裸々に公開しています。また、『転職成功者のホンネ覆面座談会』『面接官はココを見ている』もぜひ併せて一読を!
ビジネスマナービジネスマナービジネスマナーとは、転職者でも知っておきたいマナーをおさらいするコンテンツです。たとえば「社会人のふるまい」「基本的な言葉づかい」「仕事に欠かせないさまざまなマナー」「お客様と接するとき(訪問編)」「お客様と接するとき(来客編)」など、経験があるからこそ見落としがちな部分にフォーカス。心を白紙にしてお読みくださいね。
転職HOWTO転職HOWTO転職 HOW TOとは、転職に関するよくある疑問全般を解消するコンテンツです。転職は一人で活動することがほとんど。新卒の頃とは違い、待っていても情報が勝手に入ってくることはありません。円満退職、転職準備、エントリー、選考、そして法律まで網羅したこのコンテンツは、スムーズに転職を進めるための大きなヒントになります。
仕事お悩み相談仕事お悩み相談仕事お悩み相談では、20代や30代に限らずどの世代でも仕事のお悩みはあるもので、仕事でストレスを感じ、時には仕事を辞めたいと思ったり仕事に行きたくないなど感じてしまう事もあるでしょう。そんな仕事のお悩みを、ストレスを感じてしまう人の特徴や転職して後悔した人、後悔していない人などの声と共に紹介し、より良く解決方法もご提案します!
20代の転職(20代の平均年収・転職回数)20代の転職(20代の平均年収・転職回数)20代の転職(20代の平均年収・転職回数)とは、20代で転職した先輩達の体験談を転職回数や年収などをふまえ、その時の思いや転職後の状況など赤裸々に紹介しています。先輩達のキャリアアップやキャリアチェンジを参考にして転職に役立てましょう!もしかすると、あなたの体験とかぶる部分があるかも!?
転職お金の相談転職お金の相談転職を思い立った時、また転職をする際は、何かと「お金」に関わる出来事が関わってくるかと思います。「給与の未払い」や「雇用保険の未払い」などなど、転職に関するお金の悩みにいて知ると共に、その解決方法をご提案!シビアなお金の内容を予習・復習し転職活動に役立ててください!
業界トレンドナビ業界トレンドナビ業界トレンドナビとは、転職する際に気になる各業界の動向をチェックできます。アパレル・インテリア、エンターテイメント、サービス、製造、マスコミ、メディカルなどなど、計100種類の最新情報がまとめられています。あなたの転職先の業界はどういう動きをされていますか?一度は業界トレンドナビをチェックしてみてください!
職種辞典職種辞典職種辞典とは、私達の周囲にあるさまざまな職種の内容を、わかりやすく説明している辞典です。”その職業に就きたい!”と思っても、仕事内容をしっかり理解していなければ転職先とのミスマッチが生じてしまうでしょう。転職活動の機会を広げるためにも、わからない職種があったら職種辞典を開いてみましょう!自分にピッタリの職種に出会えるかも!
書籍紹介書籍紹介書籍紹介とは、転職はもちろん自身のスキルアップにもなるいろいろな書籍を紹介しています。ライフハックやワークハック、営業向け技術者向けなど多種多様な書籍と共に作者からの応援メッセージもあります。もし興味が持てた書籍があれば一番下のリンクから書籍を購入することも可能です!なにかのキッカケになるかもしれない書籍と出会えるかも!
キャリアデザイン発想法キャリアデザイン発想法キャリアデザイン発想法とは、あなたがキャリアを考え時の考え方や着眼点について、より具体的にわかりやすく解説します。キャリアを考えるには仕事のみの関係性にフォーカスをあてるのではなく、自分・仕事・家庭など人生をマネジメントして考える事をお勧めします。1~8の項目を見直し、あなたのより良いキャリアをデザインしてみてください。
転職のきっかけ転職のきっかけ転職のきっかけとは、”転職はしたいけど、なかなかその一歩を踏み出せない・・・・”というジレンマを抱えている人に、転職をおこなった先輩が「自分が転職したきっかけ」を語りあなたの背中を後押ししてくれます。同じ業種やまったくの異業種に転職された先輩達の、前職で得られた経験や転職後の状況など参考にしてみましょう!
仕事内容と年収仕事内容と年収仕事内容と年収とは、都道府県別に色々な職種の気になる仕事内容と年収を赤裸々に紹介しています。地域の特色や、そこからみえる年収も紹介しているので、気になるあなたの地域の希望の職種を調べ転職活動に役立てましょう!