転職サイトは[PROSEEK]役立つ求人情報が満載

全国の求人情報満載の総合求人サイト

異業種の転職に挑戦しよう!各職種に合った面接対策や対策方法

一般的に異業種への転職に挑戦し、成功させることは難しいとされています。しかし、職種にあった面接対策や、異業種転職にかかわる対策をとれば、異業種への転職が成功することもあります。今回は異業種に転職する際に行いたい対策や面接対策についてお伝えします。

異業種への転職した!狙い目企業とは?
異業種への転職に挑戦する場合、今後成長が予測される業界を選ぶのもよいでしょう。見通しが明るい業界の探し方のポイントはこちらです。
  • 将来性があり、現在成長している産業
  • 新しい事業を展開予定の企業
  • 希望退職が多い業界
中小企業、優良企業などは、希望退職した人材を最優先に確保する傾向があるので、あまり応募はおすすめしません。また、希望退職を募ること自体、その会社さらに業界の見通しは明るくないということにもなるからです。 商社・サービス・メディアは狙い目? 業界の中には、異業種から挑戦してきた人材を好んで採用をする業界もあります。
  • 商社
  • サービス
  • メディア
  • 建設・不動産
  • 医療関係
などです。 これらは多くの異業種の人材を受け入れています。逆に、IT、メーカー、金融は異業種からの転職は難しいとされています。しかし、一般論なのであまり気にしすぎることもないでしょう。実際に、アパレル業界から全く別のメーカーへ転職を成功させた人もいるのです。
なぜ異業種への転職が難しいのか?
異業種への転職が難しい理由として、応募者のその業種や職種にかかわる実績がゼロであることが挙げられます。 転職者は新卒者ではありません。なので、一般常識やマナーは身に着けていると判断されています。一般常識やマナーを身に着けているのであれば、若者よりも異業種転職に有利なはずだと思いませんでしょうか。年齢別では、24歳以下の異業種転職は6割強、40代前半は5割から5割強なので、若いほうが異業種からの転職は有利だと言えそうです。若いほうが、新しい仕事を覚えてもらいやすいこと、社内平均年齢を一定の基準にするなどの理由があります。また、中年の場合は異業種でキャリアを積んで来られた方は、そのキャリアに固執していることもあるようです。採用側にすれば、キャリアの持ち主にはそれだけお給料も多く支払わなくてはいけないことになるなどで、採用を見送るというケースもあるようです。また、キャリアの持ち主に多いのが、前の会社ではああだったこうだったと反論するなどがあります。これを企業は教えにくいと判断してしまうようです。 新しい仕事を出来る体制づくりが早い方が会社的には楽 企業側としては、即戦力として実践してもらうには、同業者からの応募者である方が、教えたりする必要もあまりなく、会社にとって楽な人材だと思えるのです。ですが落胆する必要はありません、異業種でなくても若者の方が転職しやすい傾向だからです。若さという武器ではなく、異業種ならではの武器があるはずです。キャリアが扱いにくいと思われないように、逆にそれを強みに生かせれば、若者よりも可能性が広がります。それを面接に生かしていきましょう。
異業種への転職〜面接でのアピール対策
一般的に、異業種よりも同業種の方が転職に成功しやすいと言われています。しかし、それは欠員募集などの場合です。面接でもしも異業種からの転職についての質問をされたら、下記のように伝えるのもよいのではないでしょうか。 新しい発想や考え方は、同業種よりも異業種のほうが湧き出ることもあります。御社の事業戦略の1つの視点を、異業種という違う分野の視点から考え、よりいい方法やアイディアと結びつけることをしていきたいと思ったからです。 異業種は企業へのニーズを把握できる〜冷静に客観視出来る 異業種である場合、業界の当り前などに無知な反面、一般論に振り回されることがありません。その結果、企業が必要なニーズや不必要な業務改善などの発見なども出来るのではないでしょうか。 異業種でも同業種でも、面接時の退職理由は、前会社を否定するようなニュアンスにならないようにだけはしておきましょう。例えそうだったとしても、採用する側にすれば、また同じような気持ちになる時が来たら、この人は同じ様な理由を作り、この人材は辞めていくのではないかと思われてしまうからです。
給料だけで異業種と決めていませんか?
異業種または同業種での転職を成功させたという場合、同職種であることが多いのですが、必ずしも同職種である必要はなさそうです。
  • 経理などの専門職→同業種の営業職
  • SEなどの専門職→同業種のマーケティング
  • 営業職→異業種の塾講師
  • プログラマーやデザイナー→異業種のプロデューサー
  • など
これらの場合、同業種ではありません。いきなり異業種が不安な場合は、まずは同職種への転職を考えられることをおすすめします。それから、異業種へ転職すれば、同業種・同職種の形の転職形態をとれることになるので、面接でも比較的論破しやすいのではないでしょうか。
その仕事をしたいという熱意が大切
その人が前職で多くのキャリアを積んでいたとしましょう。異業種、異職種である場合、新しい仕事を遂行するのに時間を要すると思われるので、一般的には同業種・同職種を求められがちです。ですが、面接を多いに活用することで逆転が可能です。 自分がいかに応募企業での職種における仕事をしたいのか、自己PRと結びつけながらアピールすることです。この人は全くの異業種、異職種から来た人だけど、熱意はあるからきっと新しい仕事もまかせられるだろうと人事に思ってもらえばなお良いでしょう。その時こそ、前職のキャリアが必要になってきます。
  • 前職は異業種、異職種であっても、そのキャリアのアピールはマストでしていく
  • 新しい仕事への熱意
  • 先輩になる人の年齢が自分より年下になることもあるので、したたかさを忘れないように面接に臨む
  • など
業界分析によって、得た結論がマイナスの理由であれば、逆に面接に取り入れましょう。この人はよく分析が出来る人だと思われるので、マイナスにはなりません。
なぜその会社がいいのかという回答も準備しておく
異業種、異職種であることについての面接時の回答の対策は出来たのに、なぜその会社がいいのかという質問に対して答えられなければ本末転倒です。他社ではなく応募企業がいい理由を明確に答えられる様に考えておきましょう。
7月の記事一覧
異業種の転職に挑戦しよう!各職種に合った面接対策や対策方法
地方での転職活動は困難?何を武器にしていくか勝負
内定決定後の対応とは?辞退したい場合の申告方法
転職情報が豊富な媒体とは?選定方法をじっくり選定してみよう
転職がうまくいくしっかりとした志望動機とは?明確化した志望動機の伝え方
転職活動で確定申告忘れてない?督促が来る前に過去1年間の所得を申告しよう
企業の下調べが合否を握る!情報収集でライバルと差を付けよう
一般常識を意外と理解していないと大変!転職の際に出題される問題とは?
企業説明会に参加して理解を深めよう!転職の際に説明会に行く目的とは
専門職の市場を徹底調査!売り手市場の需要と供給
メールでのやり取りのマナーとは?最低限のポイントを抑えよう
転職時に自身の欠点を上手くアピール!短所を好印象付ける返答とは
語学力で周りと差をつける!未経験可能な語学力を生かした転職情報
企業による転職にまつわるイベントとは?各イベントの種類や行った時のポイントについて
人生の中における転職活動は平均にして約何回?人生を豊かにする転職とは
おすすめコンテンツ
職務経歴書の書き方職務経歴書の書き方職務経歴書の書き方とは、職務経歴書作成のコツを紹介しているコンテンツです。とくにご注目いただきたいのが職務経歴書フォーマットダウンロードサービス。PROSEEKでは50職種分の職務経歴書サンプルをご用意しています。自分のキャリアに合ったサンプルを選択して、誰が読んでもわかりやすい職務経歴書作りを進めていきましょう。
履歴書の書き方履歴書の書き方履歴書の書き方とは、写真・捺印など基本のポイントや、やってしまいがちなタブー集をまとめたコンテンツです。また、社会人経験のある・なしに応じて履歴書をダウンロードできる履歴書フォーマットダウンロードサービスもぜひご活用ください。さらに『職務経歴書の書き方』と併せて活用すれば転職成功もグッと近づ きます。
メールの書き方メールの書き方メールの書き方とは、ビジネス上で気をつけたいメール術です。ボタンひとつで簡単に送れてしまうからこそ気をつけたい部分や、どういう文章が受け取り手にとって読みやすいのかなどをテンプレートを交えて紹介しています。メールをチャンスを呼び込むツールとしてうまく使いこなせれば、あなたの強力な味方になってくれるはずです。
転職面接失敗談転職面接失敗談面接失敗談とは、「今から面接」というあなたの転ばぬ先の杖。たとえば、「逆に、平凡さをアピールしてみたら……」「新人の頃は終電もザラですよと言われて……」「バッグを椅子の上に置いたら……」など、面接関連での失敗体験談を赤裸々に公開しています。また、『転職成功者のホンネ覆面座談会』『面接官はココを見ている』もぜひ併せて一読を!
ビジネスマナービジネスマナービジネスマナーとは、転職者でも知っておきたいマナーをおさらいするコンテンツです。たとえば「社会人のふるまい」「基本的な言葉づかい」「仕事に欠かせないさまざまなマナー」「お客様と接するとき(訪問編)」「お客様と接するとき(来客編)」など、経験があるからこそ見落としがちな部分にフォーカス。心を白紙にしてお読みくださいね。
転職HOWTO転職HOWTO転職 HOW TOとは、転職に関するよくある疑問全般を解消するコンテンツです。転職は一人で活動することがほとんど。新卒の頃とは違い、待っていても情報が勝手に入ってくることはありません。円満退職、転職準備、エントリー、選考、そして法律まで網羅したこのコンテンツは、スムーズに転職を進めるための大きなヒントになります。
仕事お悩み相談仕事お悩み相談仕事お悩み相談では、20代や30代に限らずどの世代でも仕事のお悩みはあるもので、仕事でストレスを感じ、時には仕事を辞めたいと思ったり仕事に行きたくないなど感じてしまう事もあるでしょう。そんな仕事のお悩みを、ストレスを感じてしまう人の特徴や転職して後悔した人、後悔していない人などの声と共に紹介し、より良く解決方法もご提案します!
20代の転職(20代の平均年収・転職回数)20代の転職(20代の平均年収・転職回数)20代の転職(20代の平均年収・転職回数)とは、20代で転職した先輩達の体験談を転職回数や年収などをふまえ、その時の思いや転職後の状況など赤裸々に紹介しています。先輩達のキャリアアップやキャリアチェンジを参考にして転職に役立てましょう!もしかすると、あなたの体験とかぶる部分があるかも!?
転職お金の相談転職お金の相談転職を思い立った時、また転職をする際は、何かと「お金」に関わる出来事が関わってくるかと思います。「給与の未払い」や「雇用保険の未払い」などなど、転職に関するお金の悩みにいて知ると共に、その解決方法をご提案!シビアなお金の内容を予習・復習し転職活動に役立ててください!
業界トレンドナビ業界トレンドナビ業界トレンドナビとは、転職する際に気になる各業界の動向をチェックできます。アパレル・インテリア、エンターテイメント、サービス、製造、マスコミ、メディカルなどなど、計100種類の最新情報がまとめられています。あなたの転職先の業界はどういう動きをされていますか?一度は業界トレンドナビをチェックしてみてください!
職種辞典職種辞典職種辞典とは、私達の周囲にあるさまざまな職種の内容を、わかりやすく説明している辞典です。”その職業に就きたい!”と思っても、仕事内容をしっかり理解していなければ転職先とのミスマッチが生じてしまうでしょう。転職活動の機会を広げるためにも、わからない職種があったら職種辞典を開いてみましょう!自分にピッタリの職種に出会えるかも!
書籍紹介書籍紹介書籍紹介とは、転職はもちろん自身のスキルアップにもなるいろいろな書籍を紹介しています。ライフハックやワークハック、営業向け技術者向けなど多種多様な書籍と共に作者からの応援メッセージもあります。もし興味が持てた書籍があれば一番下のリンクから書籍を購入することも可能です!なにかのキッカケになるかもしれない書籍と出会えるかも!
キャリアデザイン発想法キャリアデザイン発想法キャリアデザイン発想法とは、あなたがキャリアを考え時の考え方や着眼点について、より具体的にわかりやすく解説します。キャリアを考えるには仕事のみの関係性にフォーカスをあてるのではなく、自分・仕事・家庭など人生をマネジメントして考える事をお勧めします。1〜8の項目を見直し、あなたのより良いキャリアをデザインしてみてください。
転職のきっかけ転職のきっかけ転職のきっかけとは、”転職はしたいけど、なかなかその一歩を踏み出せない・・・・”というジレンマを抱えている人に、転職をおこなった先輩が「自分が転職したきっかけ」を語りあなたの背中を後押ししてくれます。同じ業種やまったくの異業種に転職された先輩達の、前職で得られた経験や転職後の状況など参考にしてみましょう!
仕事内容と年収仕事内容と年収仕事内容と年収とは、都道府県別に色々な職種の気になる仕事内容と年収を赤裸々に紹介しています。地域の特色や、そこからみえる年収も紹介しているので、気になるあなたの地域の希望の職種を調べ転職活動に役立てましょう!