転職サイトは[PROSEEK]役立つ求人情報が満載

全国の求人情報満載の総合求人サイト

転職前の会社の辞め方で転職の成功が決まる?退職意思の伝え方

転職をする場合、退職を円滑に進められるかどうかは、転職の成功に大きく影響します。円満退職が出来れば自信につながるからです。円満退職のための要素として、伝え方は大事ですよね。退職意思の伝え方のポイントをお伝えします。

最初に伝えるのは上司
転職活動において、避けられないのが前職の退職です。辞め方、伝え方は気を付けていきたいものです。会社にとれば社員の退職は非常事態のひとつです。なので、それを発動させる本人が最初に誰に伝えるかで、円満退職できるかどうかを左右します。例え仲良くしてもらった別の部署の先輩がいても、最初に伝えるのは上司であることがポイントです。 例えば、入社から2年経過した時に辞めるとなった場合、まだ新人の領域にあります。先輩に先に伝えてしまったとしましょう。心配した先輩が上司に相談してしまったとします。その場合、上司は本人からではなく先輩から退職の意知ることになります。きっと、上司は信頼されていなかったとなり、いい気分ではないでしょう。 例えば、夫婦において、旦那が大病を患ったとします。旦那が何気ないせけんば母親に最初に伝えてしまったとします。さらに、配偶者は姑から世間話の最中に旦那の病気の話を聞いてしまいました。配偶者はきっと傷つくのではないでしょうか。 たかが退職の告知ではありますが、最初に伝えるのは、社長でも人事でもなく、上司であるべきではないでしょうか。 コネ入社の場合は紹介者が先? コネ入社だった場合で、早期退職となってしまった時、最初に伝えるのは紹介してくれた、それとも上司か迷うところです。ですが、この場合も最初に伝えるのは上司がいいようです。もちろん、何も伝えずに退職してしまうのは、悪い印象を与えてしまうのでNGですが、最初に伝える必要はなさそうです。
少なくとも3カ月前には伝えておくこと
一般的に、退職の旨は2週間前までに伝えればいいとされています。ですが、もし実際に2週間前に伝えたとすれば、よほど入れ替わりの多い職場でない限り、びっくりされてしまい、在籍期間の延長を求められるでしょう。後任の人事や引継ぎなどが必要になるからです。人によっては、半年くらい、時には1年前から伝え、1年かけて引き継ぎの準備をしていくことも。ですが、すでに転職先が決まっており、入社日も決まっている場合はそうはいきませんね。ですが、その場合でも、3カ月は在籍期間をつくるようにしておき、引き継ぎ時間をつくることが円満退職のコツです。 ただ、会社としては引き留めておきたい意図もあるので、在籍期間を延長させ、その間によりを戻そうとする場合も。昇給の話があったり、惜しい人材だと連呼されたりしてしまうとついつい、自分はまだこの会社に必要なのかなと自負しがちです。そうなると、最初の気持ちが揺らぎ、転職の目的が達成できなくなることも。もちろん、まだ転職が決まっていない場合などは、新たなやる気につながりますので、逆にいいことなのでしょうが。
退職届を準備する前のポイント
転職の辞め方で重要ポイントの1つとして、退職届があります。退職届を自分で作成する場合、注意が必要です。なぜかと言いますと会社によっては、規定のフォーマットが準備されており、せっかく手書きで封書を渡しても、またプリントで会社規定の退職届を書く必要がでてくるからです。そうなると、手書きの退職届は不要になってしまい、クリップで規定の退職願に付随させるだけのものになります。まずは、上司に規定の退職届のフォーマットがあるのかを確認してから、手書きの準備が必要なら進めていきましょう。 はじめての退職の場合、退職届をお世話になった上司や管理職への手紙も兼ねて準備してしまうことがあります。その場合、お礼状のような形で、複数の管理職に渡す人もいるようですが、退職届は1通だけでいいのであり、お礼状とは別物です。なので、手書きで書く場合も、感情的な部分は伏せておきましょう。インターネットでは退職届のフォーマットなどもあります。それらを参考にした、必要最低限の内容でよいです。
後任者のことを考えた去り方を
仕事を全う出来ずに退職する場合や、仕事が難しいので退職する場合、在籍中に後任者が決まらない場合などは、後任者のためにマニュアル作りをしてから去る人もいます。ですが、今の仕事が簡単でありステップアップのために辞めるとなる場合や、転職先の入社日が迫っているなどする場合は、ついつい業務についての引き継ぎをしないまま退職してしまう人もいます。
どんな仕事でも途中で引き継ごうとしていること、仕事を進める上でのコツなど、その人にしか分からない効果的な進め方があるのではないでしょうか。 後任の人が、すぐに仕事に取り掛かれるように、自分が苦労してきた内容は分かりやすくコンパクトにまとめておくのが、去る鳥跡を濁さず的な退職者の振る舞い方でしょう。出来るだけ後任者のことを考えたまとめ方をし、退職に臨みたいものですね。
転職先が決まった後に退職するのが好ましい
体調不良や仕事が合わないなど、仕事を遂行する上で問題がある場合は、転職が決まらなくても退職する必要があります。 ですが、キャリアアップで退職を考える場合、まず転職先を決めてから退職を伝えることが、退職も転職も成功させるコツです。短い期間でも仲間として働くことが出来た感謝の気持ちを持ちながら退職を伝え、準備していきましょう。
6月の記事一覧
転職する時面接官に聞かれて困る「質問はありませんか」の逆質問対策
在職中の転職活動を成功させるには?メリットとデメリット
転職をして初出勤する時の心得とは?
転職の際に離職票は必要?取り扱いについて
中途採用の転職活動にも学歴はいるの?学歴と経歴どちらが重視されるか
転職して内定後はどんな準備が必要?必要な書類や手続きなど
転職の面接はどんなスーツがいいの?面接での服装について
転職の際保険はどうなるの?保険の種類別の手続きについて
転職前の会社の辞め方で転職の成功が決まる?退職意思の伝え方
転職志望先から電話がかかってきた!折り返しや対応の仕方について
スキルアップやキャリアアップを転職理由にする人の面接での伝え方
1年未満で転職するのが不利な理由とは?メリットとデメリット
転職には自己分析が重要?自己分析が重要な理由と分析のポイント
転職にはl模擬面接がおすすめ!模擬面接で対策をして転職活動に挑もう
転職のストレスはどれくらい感じるの?手軽にできることで転職疲れを解消しよう
おすすめコンテンツ
職務経歴書の書き方職務経歴書の書き方職務経歴書の書き方とは、職務経歴書作成のコツを紹介しているコンテンツです。とくにご注目いただきたいのが職務経歴書フォーマットダウンロードサービス。PROSEEKでは50職種分の職務経歴書サンプルをご用意しています。自分のキャリアに合ったサンプルを選択して、誰が読んでもわかりやすい職務経歴書作りを進めていきましょう。
履歴書の書き方履歴書の書き方履歴書の書き方とは、写真・捺印など基本のポイントや、やってしまいがちなタブー集をまとめたコンテンツです。また、社会人経験のある・なしに応じて履歴書をダウンロードできる履歴書フォーマットダウンロードサービスもぜひご活用ください。さらに『職務経歴書の書き方』と併せて活用すれば転職成功もグッと近づ きます。
メールの書き方メールの書き方メールの書き方とは、ビジネス上で気をつけたいメール術です。ボタンひとつで簡単に送れてしまうからこそ気をつけたい部分や、どういう文章が受け取り手にとって読みやすいのかなどをテンプレートを交えて紹介しています。メールをチャンスを呼び込むツールとしてうまく使いこなせれば、あなたの強力な味方になってくれるはずです。
転職面接失敗談転職面接失敗談面接失敗談とは、「今から面接」というあなたの転ばぬ先の杖。たとえば、「逆に、平凡さをアピールしてみたら……」「新人の頃は終電もザラですよと言われて……」「バッグを椅子の上に置いたら……」など、面接関連での失敗体験談を赤裸々に公開しています。また、『転職成功者のホンネ覆面座談会』『面接官はココを見ている』もぜひ併せて一読を!
ビジネスマナービジネスマナービジネスマナーとは、転職者でも知っておきたいマナーをおさらいするコンテンツです。たとえば「社会人のふるまい」「基本的な言葉づかい」「仕事に欠かせないさまざまなマナー」「お客様と接するとき(訪問編)」「お客様と接するとき(来客編)」など、経験があるからこそ見落としがちな部分にフォーカス。心を白紙にしてお読みくださいね。
転職HOWTO転職HOWTO転職 HOW TOとは、転職に関するよくある疑問全般を解消するコンテンツです。転職は一人で活動することがほとんど。新卒の頃とは違い、待っていても情報が勝手に入ってくることはありません。円満退職、転職準備、エントリー、選考、そして法律まで網羅したこのコンテンツは、スムーズに転職を進めるための大きなヒントになります。
仕事お悩み相談仕事お悩み相談仕事お悩み相談では、20代や30代に限らずどの世代でも仕事のお悩みはあるもので、仕事でストレスを感じ、時には仕事を辞めたいと思ったり仕事に行きたくないなど感じてしまう事もあるでしょう。そんな仕事のお悩みを、ストレスを感じてしまう人の特徴や転職して後悔した人、後悔していない人などの声と共に紹介し、より良く解決方法もご提案します!
20代の転職(20代の平均年収・転職回数)20代の転職(20代の平均年収・転職回数)20代の転職(20代の平均年収・転職回数)とは、20代で転職した先輩達の体験談を転職回数や年収などをふまえ、その時の思いや転職後の状況など赤裸々に紹介しています。先輩達のキャリアアップやキャリアチェンジを参考にして転職に役立てましょう!もしかすると、あなたの体験とかぶる部分があるかも!?
転職お金の相談転職お金の相談転職を思い立った時、また転職をする際は、何かと「お金」に関わる出来事が関わってくるかと思います。「給与の未払い」や「雇用保険の未払い」などなど、転職に関するお金の悩みにいて知ると共に、その解決方法をご提案!シビアなお金の内容を予習・復習し転職活動に役立ててください!
業界トレンドナビ業界トレンドナビ業界トレンドナビとは、転職する際に気になる各業界の動向をチェックできます。アパレル・インテリア、エンターテイメント、サービス、製造、マスコミ、メディカルなどなど、計100種類の最新情報がまとめられています。あなたの転職先の業界はどういう動きをされていますか?一度は業界トレンドナビをチェックしてみてください!
職種辞典職種辞典職種辞典とは、私達の周囲にあるさまざまな職種の内容を、わかりやすく説明している辞典です。”その職業に就きたい!”と思っても、仕事内容をしっかり理解していなければ転職先とのミスマッチが生じてしまうでしょう。転職活動の機会を広げるためにも、わからない職種があったら職種辞典を開いてみましょう!自分にピッタリの職種に出会えるかも!
書籍紹介書籍紹介書籍紹介とは、転職はもちろん自身のスキルアップにもなるいろいろな書籍を紹介しています。ライフハックやワークハック、営業向け技術者向けなど多種多様な書籍と共に作者からの応援メッセージもあります。もし興味が持てた書籍があれば一番下のリンクから書籍を購入することも可能です!なにかのキッカケになるかもしれない書籍と出会えるかも!
キャリアデザイン発想法キャリアデザイン発想法キャリアデザイン発想法とは、あなたがキャリアを考え時の考え方や着眼点について、より具体的にわかりやすく解説します。キャリアを考えるには仕事のみの関係性にフォーカスをあてるのではなく、自分・仕事・家庭など人生をマネジメントして考える事をお勧めします。1〜8の項目を見直し、あなたのより良いキャリアをデザインしてみてください。
転職のきっかけ転職のきっかけ転職のきっかけとは、”転職はしたいけど、なかなかその一歩を踏み出せない・・・・”というジレンマを抱えている人に、転職をおこなった先輩が「自分が転職したきっかけ」を語りあなたの背中を後押ししてくれます。同じ業種やまったくの異業種に転職された先輩達の、前職で得られた経験や転職後の状況など参考にしてみましょう!
仕事内容と年収仕事内容と年収仕事内容と年収とは、都道府県別に色々な職種の気になる仕事内容と年収を赤裸々に紹介しています。地域の特色や、そこからみえる年収も紹介しているので、気になるあなたの地域の希望の職種を調べ転職活動に役立てましょう!