]ETCgPROSEEK

転職の準備はどれくらい?転職活動期間について

これから転職活動をしようと思った時、気になるのが転職活動期間ではないでしょうか。転職活動の流れとともに、平均期間、短期で終わらせるポイントなどにもふれながら、転職の活動期間についてお伝えします。

転職活動期間はどれくらい?
転職活動期間の平均は早い人で1~3カ月、平均で3~6か月、長い人で1年くらいの人もいます。とにかく早く転職したいという場合と、機会があれば転職したいと思う人がいます。 転職において、1番時間をかけるべきところは、準備ではないでしょうか。転職活動の流れはこのようになっています。
  • 企業や業界の情報収集、自己分析、目標設定、履歴書作成などの準備
  • 企業へコンタクトをとり、書類選考から面接までの期間
  • 面接の設定
  • 面接
  • 内定
  • 退職
このような活動期間となっています。
在職中に転職活動すべきかどうか迷う?
某転職会社が転職に成功した人1000人を対象にアンケートを実施しました。在籍しながら転職したか、それとも退職してから転職活動したかという内容です。
  • 在職しながら:63%
  • 退職してから:34%
一般的に、在職しながらのほうが転職が成功するといわれがちですが、退職してからの人も意外に多いと思った方もおられるのではないでしょうか。退職してからのほうが、複数の企業から面接のオファーがあっても、勤務を気にすることなく1日中転職活動に使えます。ただ、長引くというリスクを想定しておかなくてはいけません。 転職活動が長引けば、交通費、昼食代、書類代、生活費などがかさんでくるので、結果、他のアルバイトをしながら転職活動しなければいけなくなることになるので、本末転倒です。短期決戦型にするのか、それとも在籍型にするのかは慎重に決める必要がありそうですね。
具体的な転職期間を設定しておくのがポイント
実際にアバウトな転職期間を設定しておくことで、モチベーションを高めながら活動することができます。活動期間が長くなってしまった場合、転職活動期間の設定をしていなければ、決まらない不安だけが先行し、在籍中の業務にも支障がでてしまい、やめるにしても続けるにしても、転職先についても、モチベーションが下がるからです。
転職活動を短くするコツは?
転職に限らず、何についてもそうですが、自己分析と目標をきちんと設定できていればモチベーションが下がることなく活動でき、余裕が生まれます。余裕が生まれれば、気づきが生まれるので転職活動に必要なことを追加することができます。 自己分析はスキルの棚卸しがメインになります。同時にどんな仕事をしていきたいのか、スキルアップなら、どの範囲まで仕事をしていきたいのか、まかせられたいのかなど具体的に書いていくことでクリアになり整理ができていくのではないでしょうか。 スキルに関して、不足部分が発見できれば、転職活動中に補っていけばいいことです。目標については、企業が求める人材についての目標、待遇などの条件についての目標がありますね。企業が求める人材については例えばこのようなケースです。
  • 社員に仕事の裁量を大きくゆだねている
  • 社長の指示のもと迅速に働いてくれる人
  • 団結力を重視している
  • 個を重視し、個人の仕事の集合が売上げにつながる
  • など
このように、企業にはそれぞれのカラーがあります。自分はどの条件なら入社したいのかを明確にすることです。 条件についての目標は、給料、残業時間、業務、福利厚生などの内容です。
妥協できる部分もつくっておこう
転職の活動期間を短く、有意義なものにするためには、自分の理想ばかりをかかげていてはいけません。時には妥協も必要になることがあります。
  • 事細かいことまで、一旦、働くことについての理想を網羅してみる
  • 網羅した理想の中で、妥協点を見出していく
こうすることで、譲れない部分と妥協できる部分の洗い出し準備ができていきます。企業面接の際に、譲れない部分がクリアできていれば、妥協点は妥協するという選択ができるので、迷うことに対するストレスが軽減されるはずです。
もしも転職活動期間が長引いたら?
もしも、転職活動の準備から内定まで、全然決まらなかったとしましょう。その場合、同じモチベーションで続けることはできないのではないでしょうか。特に、会社や家族に転職を宣言している場合などは、まだ決まらないのかなど質問されてしまったりすることがあり、ストレスは大きなものになっていくかも知れません。 長引いたということは、それなりの理由があるはずです。もう一度準備について、見直しすることをおすすめします。
  • 自分で見直す
  • 転職エージェントの力を活用してみる
  • など
スカウトメールというシステムがあります。リクナビなどにはスカウトサービスがありますよね。これに登録しておけば、自分の市場価値がわかることもあります。ですが、自分の思っている企業でない会社からのオファーもくることもあります。ですが、それは一判断材料なので、すべてではありません。改善できる要素の一部として活用していけばいいだけです。 内定がもらえるということは、企業のニーズと、こちらのニーズがマッチした状態です。どちらかが過剰に相手に期待しすぎては得られるものではありません。まずは企業のニーズに自分があっていたのかどうかを分析し、これから応募する場合、妥協点を見直していくこともしていきましょう。
求人が多い3月に開始できるように準備しておくのがおすすめ
求人が多いのは3月と9月です。この期間に企業へ応募できるような準備をしておけば、転職活動期間が短くなる可能性が高くなるのではないでしょうか。内定がもらえた場合、退職準備にうつりますが、有給消化、ボーナスの受取ができるような退職日を設定されることをおすすめします。