職務経歴書の書き方|求人情報なら転職サイト[PROSEEK]

転職サイトPROSEEK > 転職ノウハウ > 職務経歴書の書き方 > 職務経歴書の書き方 応用編(キラリ輝く職務経歴書の作り方)
履歴書 職務経歴書
職務経歴書
職種別職務経歴書フォーマットダウンロード こちらからフォーマットデータをダウンロードできます
西暦変換表はこちら
職種別 職務経歴書のツボ
営業系
事務・専門職系
ITソフトウェア系エンジニア
電気、電子、機械系エンジニア 建築、土木関連専門職 化学、食品、医薬品 化学、食品、医薬品関連専門職系エンジニア
店舗、サービス、技能系
クリエイティブ系
経理財務人事総務経営企画マーケティング広報宣伝資材購買一般事務受付秘書営業事務貿易事務コールセンターヘルプデスクスタッフ
異業種・異職種転職のケース

事務・専門職系職種は、「効率化」「コスト削減」などによる、会社への貢献度が問われます。「任される範囲が拡大した」など、自分の成長過程もアピールします。

成長のプロセス
「権限・担当業務の拡大」「業務範囲の幅広さ」など、次第に仕事を任されてきた過程を見せると、好印象を与えます。
提案力・企画力
淡々と事務処理をこなすのではなく、ほんのささいな事例でも、業務改善やコスト削減を企画・提案した経験を加えます。
情熱をアピール
自己PR欄などを設けて、仕事に対する熱い意欲・情熱を訴えます。
キーワードを盛り込む
「税務申告書の作成」「人事制度の見直し」「株主総会の運営」といったキーワードで採否を判断されることが多いため、なるべく多くの専門用語やキーワードを盛り込むよう心がけます。
会社・部署概要
会社の事業内容、社員数、年商や部署の役割、部署メンバー間の役割分担など、「会社・部署・あなた」の位置関係をハッキリさせることで、人事担当者はスムーズに職務経歴書を読み込めます。
自己啓発歴
資格取得や専門学校への通学など、自主的な自己啓発のために努力してきたことを書きます。
「キャリア式」を活用する
さまざまな職務を経験した人の場合、「編年体式」で作成するとまとまりのない職務経歴書になりがち。その場合は「キャリア式」で書くことを検討します。
職務経歴書のサンプル
ページTOPへ ▲
経理財務
決算業務に携わった経験
なるべく多くの業務に関わった経験
会計士、税理士科目合格、簿記検定、USCPAなどの取得資格
人事
会社への貢献度
なるべく多くの業務に関わった経験
得意分野は掘り下げて書き専門性を強調
総務
なるべく多くの業務に関わった経験
業務改善やコスト削減の実績
人事や経理の経験もプラス材料
経営企画
経営への貢献度
経営者的な視点を持っていること
財務、人事、マーケティングなど経営全般の知識
マーケティング広報宣伝
成果を具体的な数値で示す
客観的な分析力を見せる
企画のコンセプトや意図、立案の背景
資材購買
成果を具体的な数値で示す
製品知識、業界知識を明記
コスト削減のために行った施策
一般事務受付秘書
業務改善の成果
レイアウトのデザイン、見た目のよさ
営業事務
売り上げへの貢献
営業に対するサポートで工夫したこと
レイアウトのデザイン、見た目のよさ
貿易事務
語学力
通関士など保有資格
コールセンターヘルプデスクスタッフ
業務改善を提案した経験
ベテランはSV経験、リーダー経験などのマネジメント力
ページTOPへ ▲

会員登録しよう!

さらに充実!転職に便利な機能がつかえます。 情報を入力して企業からのスカウトに備えましょう!

会員登録