社会人としてビジネスマナー|求人情報なら転職サイト[PROSEEK]

転職サイトPROSEEK > 転職ノウハウ > ビジネスマナー > お客様と接するとき(来客編)
知らなきゃ損する 社会人としてのビジネスマナー
SELECT A MENU
TOP
社会人のふるまい
基本的な言葉づかい
仕事に欠かせないさまざまなマナー
お客様と接するとき(訪問編)
お客様と接するとき(来客編)
お客様と接するとき(来客編)
訪問者にとって、最初に応対した人のふるまいが、その会社の第一印象になります。会社の顔として、恥ずかしくない対応を心がけましょう。
【基本編】受付
お客様が会社への印象を決める最初のアクションが、受付での対応。来客があったときは、笑顔を心がけ、ハキハキと話すようにしましょう。
1.目が合ったら、距離が遠くでも会釈する 2.お客様の姿が見えたら、立ち上がる 3.笑顔でハキハキとした声で話しましょう「いらっしゃいませ。どのようなご用件でいらっしゃいますか」
※内線電話での対応も同じ
4.相手が用件を話したら
・ 事前に話を聞いていた場合…
「お待ちしておりました。ご案内いたします」と、応接室へ誘導
・ 聞いていない場合…
「確認いたします。少々お待ちください」と、担当者に確認をとる
【基本編】ご案内(自分はどこを歩く、部屋に通すとき)
来客を先導するとき、お客様の前を歩くのか、後を歩くのか分からない人もいるはず。お客様が不快な気持ちにならないように、ご案内のルールをここでしっかり頭の中に書き込もう!
来客を応接室に案内するときのマナー 1.使用する応接室がきれいに片付いているかなど、事前準備をする 2.訪問客に「ご案内いたします」と、行き先を告げる 3.廊下では訪問客を中央に歩かせ、自分は斜め前を歩く 4.ノックをして、室内が使われていないかを確認する 5.扉を開け、自分が先に入室。「どうぞこちらへおかけください」と、上座を案内する 6.担当者に部屋に通したことを告げ、お茶だしをする
※もし、来客とすれ違ったときは、足をとめてお客様を優先し会釈をしよう
【基本編】お茶を出すとき
お茶だしは、事務の女性の仕事というイメージが強かったのですが、今は男女や職種問わず、手があいている人が行なうのが通例。お茶だしを頼まれたら、まず担当者に、お茶がよいかコーヒーがよいかなどの指示を仰ぎましょう。
お茶だしのマナー 1.入室するときはノックをして「失礼します」と一言かけましょう。中から返事が返ってきたら入室しましょう。 2.サイドテーブルにお盆を置く
※サイドテーブルがない場合は応接用テーブルの下座側におきましょう
※お盆をもったままお茶を出すのは失礼にあたります
3.茶托に器をのせ、上座に座っているお客様から出す。出すときはお客様の右側から 4.お盆を持って「失礼します」とお辞儀をして退出する
↑上へ
転職サイト[PROSEEK]で、あなたが活躍できるステージを見つけよう!
営業
事務
IT
ソフトウエア
エンジニア
電気・電子
機械
化学・食品・医薬品
建築
土木
施工管理
店舗・サービス・技能
クリエイティブ
経営・コンサルタント
専門職
その他
営業職の転職
技術職の転職
北海道
東北
関東
東京
甲信越
北陸
東海
関西
大阪
中国
四国
九州
海外
女の転職
20代
30代
スカウト
履歴書
会員登録しよう! 会員登録
さらに充実!転職に便利な機能がつかえます
情報を入力して企業からのスカウトに備えましょう!
会員の方は… マイページ
活きた情報は、力!更新の目安は月1回です。こまめに情報更新しましょう!