転職サイトは[PROSEEK]役立つ求人情報が満載

全国の求人情報満載の総合求人サイト
転職サイトPROSEEK > 転職コラム > 業界トレンドナビ > その他専門サービス(航空業)

転職の際に、希望する業界の動向を知る事はとても重要。業界トレンドナビでは、多種多様な業界の最新情報を集めました。さっそく業界トレンドをチェック!

その他専門サービス
航空業

航空業界の特徴ですが、航空業界は私達の生活においてはなくてはならない基幹産業です。1日に約538万人の乗客を運んだり、最速の速さで物を輸送もしてくれる手段のひとつです。 最近の航空業界は多くの格安航空会社や新規航空会社が誕生しており、このことから価格競争に陥っていますので、利益も下がってきているのもこの業界の現状です。

平成22年には都心に某空港ができ、そこから海外へいけるようになりました。それによってアジアなど日本を訪れる人が増え、そして気軽に海外に行くことができるよう担ったという事実があります。都心で働いている人の旅行のスタイルが仕事帰りに海外旅行に出かけるというスタイルが増えており、低迷していた航空業界は新しい起爆剤を投与するのに成功したといってもいいかもしれません。現在は一時の低迷の危機から脱出して、航空業界全体で見てみると上向き状態にあるといってもいいでしょう。

航空業界はこのように景気後退などで一時的に輸送量などを減らしておりましたが、上昇しています。20年後は世界旅行客輸送量は現代の約2.6倍に膨らむであろうと言われているのです。

航空業界の傾向ですが、平成22年に某大手航空会社が経営破綻に陥り、負債総額は2兆円以上に。そんなこともあり、その後不採算路線の軽減や大型航空機の売却など、更に1600人ほどのリストラなどを経て平成23年でやっと黒字達成。平成24年には再上場を果たしました。

一方で某空港では新ターミナルオープンや訪日外国人旅行者の増加などで国際線の利用増加が見込まれるなどの空港が生まれ変わったことから、海外旅行も気軽に行くことが可能になりました。

また平成24年には格安航空会社が誕生し、某空港を拠点に国内13路線を展開したり、その他でも別の空港を拠点に国内5路線、海外3路線を展開する航空会社も出てきました。

現状、出だしから欠航が相次ぐなどトラブルも多くありましたし、パイロットが不足していたり、利用者の満足度がやはり低いなど、まだまだ多くの課題や問題はありますが、て価格であるという面は利用者にとって大変魅力があるようで、新しい需要を獲得できるチャンスでもあるでしょう。最初は座席供給率は8パーセントでしたが23パーセントにまで拡大しているので世界全体の座席供給の割合も日本発でこれからもう少し広がっていくと考えられるでしょう。


会員登録しよう!

さらに充実!転職に便利な機能がつかえます。 情報を入力して企業からのスカウトに備えましょう!

会員登録