業界トレンドナビ|求人情報なら転職サイト[PROSEEK]

転職サイトPROSEEK > 転職コラム > 業界トレンドナビ > その他専門サービス(タクシー業)

転職の際に、希望する業界の動向を知る事はとても重要。業界トレンドナビでは、多種多様な業界の最新情報を集めました。さっそく業界トレンドをチェック!

その他専門サービス
タクシー業

タクシー業界の特徴としては、現在のところ規制緩和が進んだことで料金の低賃金化が進んでしまったことへの反省から、現在では気勢へと再び振り子の針が触れつつあります。タクシー業界は、20世紀は人手不足が顕著であり、バブルの頃は新人やマネージャーなどが飲み会の前からタクシーの手配に苦労するほどその数が圧倒的に少なかったという逸話が残っています。このような状況を改善すべく、21世紀初頭にタクシー業界の規制緩和が行われました。その結果としてタクシーの数は急激に増えましたが、そのせいで採算が取れないタクシー運転手が急増しました。折しもデフレまっただ中といった状況にあり、安いものばかりを消費者が好んで利用する時代でした。そのせいもあってタクシー業界における競争が激化し、初乗りが500円を切るほどの安い値段になってしまうなど労働環境の悪化が懸念されるようになってしまったのです。そこで、ここ最近は再びタクシー業界に対する規制が強まる見通しであり、初乗り料金の見直しや運転手の労働環境の改善が行われるようになりました。

タクシー業界は、一時は規制緩和によって一気にその数が増えましたが、逆にバブル期においてはタクシーの数が少ないために手配することが困難な時代でもありました。だれでも気軽に利用できるタクシーですが、それでも安ければなんでも良いというわけには行きません。日本のタクシーは海外のタクシーに比べてプロフェッショナルであります。目的地まで的確に、最短距離によって送り届けてくれるので安心して利用できます。ただ、規制緩和にともなって初乗り料金の低賃金化がなされてしまい、その結果としてタクシー運転手の労働環境の悪化が社会問題化しました。タクシー業界では規制緩和が行き過ぎてしまったことを受けて、今度は再び張り子が逆の方向へと触れるようになってしまいました。このように、行き過ぎた規制緩和というのは、時にその業界の構造を変貌させて、安定した収益を得られなくなってしまうというデメリットを抱えているのです。タクシー会社は、規制緩和にともなって低料金かを推し進めてしまった結果、労働環境の悪化を招いてしまったことで行政指導が入ることとなってしまいました。初乗りはもっと高くて良いという利用者の声から改善がなされるようになりました。


会員登録しよう!

さらに充実!転職に便利な機能がつかえます。 情報を入力して企業からのスカウトに備えましょう!

会員登録