転職サイトは[PROSEEK]役立つ求人情報が満載

全国の求人情報満載の総合求人サイト
転職サイトPROSEEK > 転職コラム > 業界トレンドナビ > 輸送用機械(自動車部分品・附属品卸売業)

転職の際に、希望する業界の動向を知る事はとても重要。業界トレンドナビでは、多種多様な業界の最新情報を集めました。さっそく業界トレンドをチェック!

輸送用機械
自動車部分品・附属品卸売業
【自動車部分品・附属品卸売業 業界動向】
 エンジン、ブレーキ、クラッチ、計器など、主に車体の基本性能を構成する部分品は、新車として完成車メーカーに直納される組付用部品と修理用や部品交換として使う補修用部品に分けられる。

 組付用部品は部品メーカーから完成車メーカーに直納される場合がほとんどで、卸売業の取扱いは整備工場やガソリンスタンドへ卸す補修用部品が中心となる。またカーナビやチャイルドシート、洗車用具など、付加機能や手入れ、アクセサリーとしての用途を持つ附属品は、カー用品専門店やホームセンターで販売されているものが多い。

 経済産業省の調査によると、平成14年の「自動車部分品・附属品卸売業」事業者数は1万1245ヵ所(従業者4名以上、平成9年比92.7%)、年間販売額は約8兆0400億円(同87.9%)と、いずれも減少傾向にある。

 しかし社団法人日本自動車工業会の発表によると、平成17年の自動車年間生産台数は約1080万台(前年比102.7%)で4年連続の増加となっており、保有台数についても大きな減少までは見られていないことから、補修用部品の需要については今後再び拡大する可能性もあると考えられる。

 カー用品専門店も店舗の大型化が進んでおり、市場がさらに活性化すれば卸売業にとってもプラスの効果が期待できるだけに、この先部品メーカーとの連絡体制と、幅広い在庫の確保によって小売業者のニーズに対応できる体制、それぞれの強化が同業者間の競争を勝ち抜く上でも重要となるだろう。

会員登録しよう!

さらに充実!転職に便利な機能がつかえます。 情報を入力して企業からのスカウトに備えましょう!

会員登録