転職サイトは[PROSEEK]役立つ求人情報が満載

全国の求人情報満載の総合求人サイト
転職サイトPROSEEK > 転職コラム > 『モテる』転職 〜選ばれる人が教えない秘密の法則〜 > 第17回:「モテる人財は『仕事』ではなく『志事』に向かう!」

『モテる』転職 〜選ばれる人が教えない秘密の法則〜

鉾立由紀プロフィールはコチラ

第17回:「モテる人財は『仕事』ではなく『志事』に向かう!」

あけましておめでとうございます!
サクセスキャリアデザイナーの鉾立由紀です。

2011年に突入ですね。

私は、年末年始ともに、
2011年に企画している新しいセミナー、講演会、本、などなどの
企画創造にがんばっておりました。

あなたはどんなお正月休みを過ごされましたか?
寝正月、なんてことはないですよね?(笑)

弊社は1月4日が仕事初めでしたが、
会社には体重増加の方々がちらほらと・・・。
あなたはそんなこと、ありませんか?!(笑)

それでは、早速、今回のテーマに行きましょう!

今回のテーマは、「モテる人財は『仕事』ではなく『志事』に向かう!」です。

あなたは「仕事」、「私事」、「死事」、「志事」という言葉を聞いたことがありますか?

仕事、私事、死事、志事

同じ「しごと」でも、それぞれ大きく意味が違います。

仕事。

これは、読んで字のごとく、「仕えてする事」。
宮仕えじゃないですが、誰かに仕え、指示に従ってする作業ですね。

私事。

こちらも「私」と「事」という字が示すように「自分のためにする作業」。
自分のやりたいことをすること。

死事。

これは「嫌なことを嫌々行う作業」。
生きて作業をしているとはいえ、ただ時間が過ぎるのを待つ、文字通り
Kill Time(=時間を潰す)的な作業。

そして、最後に

志事。

これは「志を持って行うこと」。
あなたのライフワークであり、使命であり、
あなたがこの世に生まれてきた意味を全うする業務。

これら4つの「仕事」、「私事」、「死事」、「志事」を見て、
あなたはどう思いますか?

あなたは自分の「しごと」に対し、どのような想いで向き合っていますか?
転職という手段を通してキャリアアップを考えていらっしゃるあなたなら、
おそらく「死事」ということはないでしょう。

ですが、仕事を「仕事」から「私事」、
さらには「私事」から「志事」へ昇華させている人がどれだけいるでしょうか?

会社に務めている限り、
ほとんどの方が一日最低8時間は会社のために使っていると思います。

あなたの1日の3分の1を占める、この8時間を

「死事」としてただ時間が過ぎ行くことを望んで過ごすのか?
「仕事」として、ただ人に使われて過ごすのか?
「私事」として、ただ自分だけが満足することをして過ごすのか?

それとも、

「志事」として、あなたの描くBIGなビジョンに、1歩でも2歩でも近づくために過ごすのか?

どうでしょうか?

たかが8時間、されど8時間。

同じ8時間でも、1週間の5日間を「死事」をして過ごすのと「志事」をして過ごすのでは、
5年後、10年後は大きく、本当に大きく変わると思いませんか?

2011年の最初の週です。

あなたのこれからの「しごと」について考えてみませんか?

今回も最後まで読んでくださってありがとうございます。
次回もお楽しみに!

モテの秘訣その十七「モテる人財は『仕事』ではなく『志事』に向かう!」

バックナンバー
第20回:「モテる人財は『経営者』としての視点を持つ」
第19回:「モテる人財はとにかく素直!」
第18回:「モテる人財はmaster of mindset」
第17回:「モテる人財は『仕事』ではなく『志事』・・・」
第16回:「モテる人財はセルフプロモーションにも気を配る」
第15回:「好きなことで、多くの人の役に立ち、感・・・」
第14回:「人生に失敗はないと知る」
第13回:「モテる人財はunder promise, over deliver」
第12回:「番外編:リクルーターはモテる人財のここを見る!」
第11回:与えられた仕事はすべて「天職」と思・・・
第10回:モテる人財は人によって態度を変えない。
第9回:モテる人財は、自分の興味・関心を知っている。
第8回:「やりたいこと」を基準に考えていますか?
第7回:To Do リストも大事だけれど・・・。
第6回:モテる人財は自分の目指す時給価値を知っている
第5回:モテる人財は自責の人
第4回:時間を大切にする。
第3回:目の前にいる人を喜ばせてみよう!
第2回:『モテる』人財が確実に心がけている小さな…
第1回:『モテる』とは?
このページの先頭へ