転職サイトは[PROSEEK]役立つ求人情報が満載

全国の求人情報満載の総合求人サイト
転職サイトPROSEEK > 転職コラム > 『モテる』転職 〜選ばれる人が教えない秘密の法則〜 > 第20回:「モテる人財は『経営者』としての視点を持つ」

『モテる』転職 〜選ばれる人が教えない秘密の法則〜

鉾立由紀プロフィールはコチラ

第20回:「モテる人財は『経営者』としての視点を持つ」

こんにちは!
サクセスキャリアデザイナーの鉾立由紀です。

突然ですが、2月19日(金)に

「強み活用度診断」というアプリケーションを立ち上げました。

あなたがご自身の強みを、仕事でどれだけ活用できているかを、

たったの3分で診断します!

スタートしてたったの2日ですが、すでに477名の方が遊びにきてくださっています!

ぜひこちらで診断してみてくださいね!→ http://app.will-way.biz/tsuyomikatsuyou(サービス終了)

  さて、早速ですが今日のトピックに行きましょう!

「モテる人財は『経営者』としての視点を持つ」 ここで「『経営者』としての視点」について説明する前に

ひとつあなたに質問させてください。

「あなたは、ご自身の仕事でどのように成果をあげていますか?」

そのように聞かれて

あなたはすぐに答えることができますか?

私は多くの転職候補者にお会いしますが、

この質問にすらすらと答えることができる人はほとんどいません。

転職活動をしているのにも関わらず、

「自分の仕事でどのように成果をあげているか」について

答えることができないのです。

「そんなの突然聞かれたら、誰だってわかりませんよ。」

そういうあなたは要注意です!

なぜなら、日常の業務において自分の仕事の成果をあげるために、

常に意識して工夫している方は、

面接で突然の厳しい質問をされても簡単に答えることができるのです!

あなたは、まるで自分が会社の『経営者』であるかのように

あなたの仕事の一つ一つのプロセスが上達するように

意識して、工夫していますか?

どうしたら会社の売り上げがもっとあがるだろう?

どうしたら会社の経費を削減できるだろう?

どうしたら仕事の効率をもっとあげられるだろう?

ただ与えられた仕事をこなして

給料をもらっていればいい、というのではなく

自分が会社で働くことで、給料分以上の成果を上げることができ、

会社の視点で考えた際に、いかにコスト・パフォーマンスのよい人材になることができるか?

自分が会社の社長だったら、どのように業務をまわすだろうか?もっと工夫できることはないのか?

そのように自分自身で意識し、改善を加え続ける。

そんな『経営者』視点を持ったビジネスマンが「モテる人財」として選ばれるのです。

今回も最後まで読んでくださってありがとうございます。
次回もお楽しみに!

モテの秘訣その二十モテる人財は『経営者』としての視点を持つ

バックナンバー
第20回:「モテる人財は『経営者』としての視点を持つ」
第19回:「モテる人財はとにかく素直!」
第18回:「モテる人財はmaster of mindset」
第17回:「モテる人財は『仕事』ではなく『志事』・・・」
第16回:「モテる人財はセルフプロモーションにも気を配る」
第15回:「好きなことで、多くの人の役に立ち、感・・・」
第14回:「人生に失敗はないと知る」
第13回:「モテる人財はunder promise, over deliver」
第12回:「番外編:リクルーターはモテる人財のここを見る!」
第11回:与えられた仕事はすべて「天職」と思・・・
第10回:モテる人財は人によって態度を変えない。
第9回:モテる人財は、自分の興味・関心を知っている。
第8回:「やりたいこと」を基準に考えていますか?
第7回:To Do リストも大事だけれど・・・。
第6回:モテる人財は自分の目指す時給価値を知っている
第5回:モテる人財は自責の人
第4回:時間を大切にする。
第3回:目の前にいる人を喜ばせてみよう!
第2回:『モテる』人財が確実に心がけている小さな…
第1回:『モテる』とは?
このページの先頭へ