転職サイトは[PROSEEK]役立つ求人情報が満載

全国の求人情報満載の総合求人サイト
転職したいけど、なかなかその一歩を踏み出すことができない……。そんなジレンマを抱えている人に、転職の先輩が「自分が転職したきっかけ」を語りアナタの背中を後押しします。
第11回 海外営業への転職理由・志望動機
思い切って転職したことで得たモノ
志向的にも環境的にも、肌に合う職場で働けてます
【前職】営業 →【現職】海外営業
川崎隆さん(仮名/28才)
Q:転職のきっかけはなんですか?
興味のあること(英語)を活かして仕事がしたい
大学在学中に英会話スクールに通いながら、夢だったアメリカ留学を体験。実際はアメリカ放浪の旅、といった方が正しいかもしれません(笑)。その甲斐あってか、就職活動はうまくいかず、何とか決まったベンチャー企業に営業で入社しました。もともと独立志向があったので、経営センスを磨きやすい営業という職種にはマッチしていたと思いますが、事業内容には、特に興味があったわけではありませんでした。働いているうちに、少しずつ違和感を覚え、「悩むぐらいなら、動いた方がいい」という周りの声にも後押しされ、転職を決意しました。
Q:この会社に決めた理由を教えてください
面接での社長の言葉にピンときた
今度の就職活動は自分のペースでゆっくりできるので、あせらなくていい、と自分に言い聞かせていました。スポーツ用品を世界的に扱っている会社を受けました。社長直々の面接ということで、気合を入れてビジネス英語を頭に詰め込んで行ったのですが、聞かれるのは、「お父さんの誕生日を教えてください」など基本的なことばかり。「なぜそんな質問をするんですか」と恐る恐るたずねると、「両親の誕生日がパっと出てこないやつは、いくら英語ができてもうちじゃ採らない」という答えが。ハッとしました。入社を決めたのはこの瞬間です。
Q:転職して何か得たものはありますか
将来へのステップアップが見え始めた
現在は海外事業部という部署で営業をしています。海外との取引が主ですので、書類関係に悪戦苦闘中です。ただやはり、ビジネスマナーなどは世界共通。そして盛り上がる話題も実は一緒。特に僕の場合、現地での経験が役に立っていますね。「そこ行ったことありますよ」と会話が盛り上がったときは、やっぱりうれしいです(笑)。肌に合う職場で好きな英語を使って勉強しながら、夢に近づいている実感があります。いずれアメリカで起業したいですね。出会いは動かなきゃやって来ないっていうのを、この転職活動から学びました。

会員登録しよう!

さらに充実!転職に便利な機能がつかえます。 情報を入力して企業からのスカウトに備えましょう!

会員登録