転職理由・志望動機|総務|求人情報なら転職サイト[PROSEEK]

転職したいけど、なかなかその一歩を踏み出すことができない……。そんなジレンマを抱えている人に、転職の先輩が「自分が転職したきっかけ」を語りアナタの背中を後押しします。
第10回 総務への転職理由・志望動機
可愛がられるだけの状況に不安を抱き転職を決意
経験は無駄ではなく、活きてることに気づく
【前職】一般事務 →【現職】総務
高橋幸恵さん(仮名/22才)
Q:転職のきっかけはなんですか?
先輩に甘えてばかりで、スキルに不安を感じた
高校卒業後、OA機器販売会社の営業所で事務をしてきました。転職した理由は、自身のスキルアップです。正直、今の会社は居心地もいいし、仕事もラクなんです。一番下だから、先輩がいろいろと面倒をみてくれる。残業もほとんどなく、定時には退社できる。居心地も人間関係もよいけれど、このままでいいのだろうかと感じまして……。かわいがってもらえるのは、本当にありがたいことだし、会社にも不満があるわけではないんです。でもこれ以上先輩たちに甘えていては、スキルアップはできないのではないかと思い、転職を決めました。
Q:この会社に決めた理由を教えてください
自分でもできることを見つけられそうな環境に心が惹かれた
正直、自分のスキルがどこまで通用するか分からなかった。なのでよく面接対策に書いてあるような「自分にはこんなスキルがあるから、御社で役に立てます」みたいなことが言えなかったんです。今の会社に決めたのは、ほとんどのメンバーが未経験からのスタートだって聞いたから。そのとき面接官だった今の上司に、「自信がないなら、できるだけのことをやってみたら?」みたいなことをいわれて。今回の転職でイチからやり直すつもりでいたから、その言葉がしっくりきて、この会社に決めました。
Q:転職して何か得たものはありますか
自分の経験は、決して無駄ではなかったことに気づいた
今は総務部に配属され、電話対応から人事や経理的なことまで幅広く担当しています。前以上に仕事量も残業も増えました(笑)。その中でこれって前職のあの仕事を応用できるんじゃないかと思えるようになったところや、自分一人でもできることがあるんだということがあることを見つけました。その多くが前職で先輩たちに教わったことは、しっかり身についていたようです。ホント、先輩たちに感謝です。

会員登録しよう!

さらに充実!転職に便利な機能がつかえます。 情報を入力して企業からのスカウトに備えましょう!

会員登録