転職理由・志望動機|Webディレクターへ|求人情報なら転職サイト[PROSEEK]

転職したいけど、なかなかその一歩を踏み出すことができない……。そんなジレンマを抱えている人に、転職の先輩が「自分が転職したきっかけ」を語りアナタの背中を後押しします。
第2回 Webディレクターへの転職理由・志望動機
転職回数の多さがコンプレックスだったけど
逆にプラスになると自分を認めてくれた
【前職】Webプログラマー →【現職】Webディレクター
吉田宏樹 氏(仮名/26才)
Q:転職のきっかけはなんですか?
やっぱり、腰を据えて仕事がしたい
学生時代からWeb制作が趣味。ヒマがあるときは、本を片手にDreamweaverや Fireworks、Flashをさわっていました。前の会社には、「趣味を仕事にした い」と「Web系のプログラミングを身につけたい」という理由で入社。 ですが、客先常駐ばかりで、腰を据えてイチからサイトをつくるほうが自分 には合っているなと感じるようになりました。在職中にPHPをある程度身につ けることができたので、そろそろ次のスキルを身につけようと思ったのが きっかけです。
Q:この会社に決めた理由を教えてください
年齢のわりには多い転職回数を、価値としてみてくれた
自分は同世代よりも転職回数が多いんです。書類ではじかれてしまうことが 多かったのも、転職回数が多いからだとコンプレックスのように感じていま した。でも、この会社の場合はすぐに面接の連絡をもらったのです。そして 面接の時に「一環してWeb関連の仕事を経験しているから、それはプラスにな る」といってくれたことが印象的でした。今まで自分がやってきたことを認 めてくれたことが、この会社に決めた理由です。
Q:転職して何か得たものはありますか
Webディレクターという名前の重さを痛感中……
Webデザインの経験とプログラミングの経験をもとに、新米ディレクターとし て新しいステップに進みました。でも実際のところはまだ先輩のアシスタン トです。今までは、Web制作のデザイン部分やプログラミング部分というよう にパーツを担当していましたが、ディレクターは全体を見る仕事。いままで の自分の仕事が、いかにディレクターに迷惑をかけていたのか……。今更な がらに反省の日々です(笑)。これからは、お客さんだけでなくデザイナー やプログラマーに、あのディレクターとなら一緒に仕事したい!って言われ るようになりたいですね。

会員登録しよう!

さらに充実!転職に便利な機能がつかえます。 情報を入力して企業からのスカウトに備えましょう!

会員登録