転職サイトは[PROSEEK]役立つ求人情報が満載

全国の求人情報満載の総合求人サイト
転職サイトPROSEEK > 転職コラム > 会社じゃ教えてくれないココロの扱い方 > 第5回 私の私による私のための「義」

会社じゃ教えてくれないココロの扱い方

佐藤由明プロフィールはコチラ

第5回:私の私による私のための「義」

『話しかけるように、
 揺れる柳の下を通った道さえ、
 今はもう、電車から見るだけ』
そんな素敵な歌が聴こえてくる季節となりました。

地下の駅から地上へ出ると、
微量の光の反射を受け、
窓に映し出される私の首元を、
するりと春日が滑り落ちました。

緩やかに拡がる甘い空気の中、
「春の息吹=つぼみ」に嫉妬して涙する私は、
修羅を気取った甘い春のようなものです。

春がもうすぐそこまで来ています。
皆さん、どんな別れや出会いがあるのでしょうか?

すでに1年の6分の1が、
終わってしまった!という時の速さを感じながら、
ゆっくりとした時の流れを、
つぼみに感じていられるような、
そんな心の状態でありたいものです。

といいながらも、

時代が混乱し、不況はもとより、
首相が元首相への「義理」を無くしてしまっているような現在の日本。

これは大変怖いことだと思います。

義理堅い国で生まれた人が、
義理堅い心をどんどん失っていく。

そんな時、とても大事な言葉を、
とある社長から頂いたので、
その言葉を受けて考えたことを、
今回は記したいと思います。

 【利を見ては義を思い、
  危うきを見ては命を授く、
  久要、平生の言を忘れざる】

訳:もし利益より正義を優先し、
  危険に身命をなげうつ覚悟があり、
  昔交わした小さな約束までも忘れないようにするならば、
  完成された人物と言って良いだろう。
そういった意味の言葉です。

ただ、今回「ハッ」としたのは、
もっと読み込むと、
以下のような意味があると聴いたからです。

 「利を見ては義を思う」

訳:利益を得るに当たっては、
  それが社会正義に叶うものなのかどうかよく考えなさい

要は、利を全面的に否定するわけでは無く、
義に叶う利か?義に背く利か?
の違いがあるということです。

私たちには生活があります。
守るべきものや、欲もあります。

そういった意味でも、
現代のような時代に、
まさに重要なことだと思いました。

さて、
あなたにとっての「義理」とはどういったモノでしょうか?

そして、
この言葉を受けて私は以下のようなことを考えました。

●「利=ポジティブ」

●「義=ネガティブ」

何?と思われると思うので、
以下に説明を柔らかく書かせて頂きます。

「義理」というものは、
個人の自制心から始まります。

自分を知るために、
果たすべきことを前に現状を把握し、
果たすべきことが果たせるように自らを鼓舞し、
社会や大切な相手のことを敬う心が「義」です。

本気で「義」を果たそうとすると、
ネガティブな部分にも大いに注目することになります。

リスク定義のようなものですね。

ポジティブシンキングの前に、
ネガティブチェッキングありきなはずです。

自分の現状を知ろうともせず、
何のリスク回避もせず、
つまりはそれは「義にかなった利なのか」を考えず、
ポジティブシンキングのみを信じ、
本やメディアに躍らせられてしまっているようでは危ない、ということです。

形の無いお金が力を持つ時代も、
近い未来、終わりを告げます。

そんな時、
「利を得るために義を確認する」
これはとても大切な心の在り方です。

そして、
さらに突き詰めると、

こんな時代だからこそ、
人との間の義理を果たすのもとても大事ですが、
自分に対しての義理を抱き貫き、
自分に対して「義」を果たせるようになれれば、
ということも言えると思います。

順序として、
「自らの心の義」が確立されれば、
社会や人との関係はスムーズになります。

転職活動は、まさにそういった過程だと思います。

そこに光があります。

そんな願いや祈りを込めて今回は幕を閉じます。

今回も長くなってしまい申し訳ありません。

読んで頂きありがとうございました!

またお会いしましょう!

佐藤までのご意見、ご感想、悩み事などなど、お待ちしております!

こちらまで!

http://satoyoshiaki.com/

shukatsu@poeganezia.jp

ココロ熱くお待ちしております!!

今回の言葉

【利を見ては義を思い、危うきを見ては命を授く、久要、平生の言を忘れざる】 〜〜孔子:憲問第十四の十三(仮名論語207頁)〜〜

バックナンバー
第67回:体験ってなに?〜後編〜
第66回:体験ってなに?〜前編〜
第65回:人間の数と同じだけのこころの闇と〜後編〜
第64回:人間の数と同じだけのこころの闇と〜前編〜
第63回:答えのない世界
第62回:秋の桜。のこころ。
第61回:最期のスターライトバーで
第60回:現実を地獄に。愛を自分に。
第59回:愛しくも悲しき人間の性
第58回:いま、海を見てきたよ。
第57回:「人間の可能性」よ、ありがとう。こころから。
第56回:世界に向かって爆発する命
第55回:善と悪、2つで1人
第54回:ただいま、ぼく。
第53回:リデンプションソング
第52回:自分の感受性を受け入れよう。〜後編〜
第51回:自分の感受性を受け入れよう。〜中編〜
第50回:自分の感受性を受け入れよう。〜前編〜
第49回:【リアルカウンセリングストーリー 4】
第48回:【リアルカウンセリングストーリー 3】
第47回:【リアルカウンセリングストーリー 2】
第46回:【リアルカウンセリングストーリー 1】
第45回:【人間の最大の贅沢とは・・・】
第44回:【人が何を成し得たかは、他の人の心・・・】
第43回:【盆と正月だけ実家に帰る人は、あと・・・】
第42回:【転職に役立つ心のQ&A】3
第41回:【転職に役立つ心のQ&A】2
第40回:【転職に役立つ心のQ&A】
第39回:【ひとつのココロは、ひとつの歴史:後編】
第38回:【ひとつのココロは、ひとつの歴史:前編】
第37回:【価値観なんて強要できるわけがない。】
第36回:【創る・造る・作る】
第35回:【数億の言葉が「素直」を創る】
第34回:【人は変われる。というその言葉を疑え。:後編】
第33回:【人は変われる。というその言葉を疑え。:前編】
第32回:【いや、お前にはまだ分からんよ、絶対に。:後編】
第31回:【いや、お前にはまだ分からんよ、絶対に。:前編】
第30回:【仕事とは、「仕える事」:後編】
第29回:【仕事とは、「仕える事」:前編】
第28回:【自問自答は芸術であり、芸術は自問自答だ。】
第27回:【人生に答えはない。】
第26回:【答えを出さないという「正解」】
第25回:【人生の曲がり角で息をするあなたへ】
第24回:【日本の家族】
第23回:【命をかけて生きるを活かす】
第22回:【生活の絶え間なき永遠の探究】
第21回:【Such A Good Feeling】
第20回:【ロンバケに見る男女の友情】
第19回:【転職するならカップルカウンセリング:後編】
第18回:【転職するならカップルカウンセリング:前編】
第17回:【ストレスはオモウ?カンガエル?】
第16回:【「オモウ」と「カンガエル」の違いを想う】
第15回:【ナミダクンサヨナラ】
第14回:【それは私も保障するから:後編】
第13回:【それは私も保障するから:前編】
第12回:【とある男の私的な思い】
第11回:「素直の度合い×本気の度合い=影響力」:後編
第10回:「素直の度合い×本気の度合い=影響力」:前編
第9回:スナオの色って何色ですか?
第8回:とある心理カウンセラーの面接論:後編
第7回:とある心理カウンセラーの面接論:前編
第6回:佐藤君、あの社員を辞めさせるには・・・
第5回:私の私による私のための「義」
第4回:【さよならだけが人生だ】
第3回:【胸を張って希望と地獄を】
第2回:「こころのしらせ」を聴きにゆこう
第1回:天職は長い旅の果てに
ページのTOPへ▲