転職サイトは[PROSEEK]役立つ求人情報が満載

全国の求人情報満載の総合求人サイト
転職サイトPROSEEK > 転職コラム > 会社じゃ教えてくれないココロの扱い方 > 第4回【さよならだけが人生だ】

会社じゃ教えてくれないココロの扱い方

佐藤由明プロフィールはコチラ

第4回:【さよならだけが人生だ】

暖かい風が心をくすぐり、
甘酸っぱい思い出が、
目の前をよぎるようになり始めた今日この頃、

みなさん、はやりの風邪をひかずお元気でしょうか?

冬の終わりと春の始まり、
別れや出会いの季節。

もう少し掘り下げると、
「別離」と「誕生」の季節です。

皆さんにとって一度きりの冬、

心から泣きましたか?

「愛してる」の一言を誰かに言いましたか?

「心の定期健康診断」
またの名は、
「会社じゃ教えてくれない心の扱い方」

時間のある時に読んで頂けると幸いです。

「今日という一日は二度と来ない。」

よく言われることですが、
本気でその気になって転職活動に向かっていますか?

ちょっと暑苦しいことをいいましたね。

もちろん強制はしませんが、
今回は私なりの考えやストーリーをふまえ、

「死を思い今を生きる」

そんなことを述べたいと思います。

私の憧れの先輩がいました。

職業は公設秘書です。
自民党党首選挙に出馬して、
皆さんもよく知っている方の秘書をしていました。

名ばかりの秘書ではなく、
とても論理的に意見を述べ、
権力に甘んじている政治家に殴りかかったり、
(正当にですよ)
政界にはびこる惰性を、
中途半端なままでは絶対に許さない熱い男でした。

「日本を変えるのは一人一人の国民だ。」

よく言われることですがこれは嘘です。
(極論ですが)

私達はどうしたって、
法の下で生活を送っています。
それは政治家が創っています。

「まず政治家を変えるのが国民だ」
(政治家も国民だという枠を越えて)

彼はいつも強く語っていました。

使命感に燃え、
国についても教育についても、
かたや芸術についても、多大なる知識と実践力を持ち、
ユーモアに溢れた豪快な男で、
政界でも将来を大変期待されていました。

ところが、彼は30歳にしてガンになりました。

髪の毛、眉毛が無くなり、
それでも毎日、朝まで大好きなワインを片手に熱弁を奮い、
そのまま、議員会館で激しく働き、
誰よりも活動的に生きていました。

しかし、病魔はやはり甘くありません。

段々と無限に見えた体力がかげり始めました。

彼の彼女から路上で倒れたと連絡が入り、
泣きながら私が迎えに行ったこともありました。
そんな彼が、
私に助けてもらったことを恥ずかしながら、
「申し訳ない、申し訳ない」
と言いながら、
お店にあったペーパータオルに書き残した言葉があります。

この世を去る一ヶ月ほど前でした。

===========================

命儚く散ろうとも、
夜明けには何かが変わると信じ、
立ち向かい、
人を愛し、
国を愛せ。

先代達の作ってきた歴史を受け入れ、
自分達の時代により良いモノを残せ。

心は散らない。
死を見て燃えろ。
その為に熱く生きろ。

============================

彼が若くして、
政界に石を投げ続けていたことは確かです。
強く人の心に残っていたことは確かです。

皆さんに、「国を変えよう!」とか、
「熱く生きよう!」ということを、
この場で言うつもりはありません。

ただ、彼の何が驚異的だったか。

それは「体力」です。

私が思うのは、
何かを変えたい、守りたい、
と強くなった時の心が発してくれる「体力」です。

その中でも、
「死」を意識して見えてくる「体力」は凄まじいものです。

それはやはり「精神」からきているからだと思います。

私達が唯一抱えてる持病は「死」です。
人々は皆「死」のキャリアです。

仕事でも遊びでも、
まずゴールを決める。

その「ゴール=死」を人生にも設定してみたらどうでしょうか?

している方もいると思います。

より「死」を現実的に感じること。

そこで産まれる、
どうしようもない悔しさや淋しさに、
打ち勝つために今この一瞬を精一杯生きる。

目の前の仕事に、愛にがむしゃらになる。

私は臆病なので、
そこでやっと二度と無い時間を、
そして、人生を感じられます。

そこで発生する「体力=ココロ」のちょっとした違いから、

社会を、人の心を、 ちょっとだけ変える何かが顔を出すのかもしれません。

いや、私はそう信じています。

  「輝く転職を手に入れるため、
   限られた時間を感じること」

これは、私達に与えられた大切なギフトです。

少なくともこの瞬間を共にできたことに感謝。

もっと繋がりたい。
もっと今を濃くしたい。

私はよく思います。

あなたはどうでしょうか?

いつも長くなってしまいすみません。

あなたの思いをぶつけてください。
待ってます!

さぁ、今日もこの瞬間を頑張りましょう!

ありがとうございました!

またお会いしましょう!

佐藤までのご意見、ご感想、悩み事などなど、お待ちしております!

こちらまで!

http://satoyoshiaki.com/

shukatsu@poeganezia.jp

ココロ熱くお待ちしております!!

今回の言葉

「この杯を受けてくれ  どうぞなみなみつがせておくれ
   花に嵐のたとえもあるぞ  さよならだけが人生だ 〜〜干武陵「勧酒」/和訳:井伏鱒二〜〜

バックナンバー
第67回:体験ってなに?〜後編〜
第66回:体験ってなに?〜前編〜
第65回:人間の数と同じだけのこころの闇と〜後編〜
第64回:人間の数と同じだけのこころの闇と〜前編〜
第63回:答えのない世界
第62回:秋の桜。のこころ。
第61回:最期のスターライトバーで
第60回:現実を地獄に。愛を自分に。
第59回:愛しくも悲しき人間の性
第58回:いま、海を見てきたよ。
第57回:「人間の可能性」よ、ありがとう。こころから。
第56回:世界に向かって爆発する命
第55回:善と悪、2つで1人
第54回:ただいま、ぼく。
第53回:リデンプションソング
第52回:自分の感受性を受け入れよう。〜後編〜
第51回:自分の感受性を受け入れよう。〜中編〜
第50回:自分の感受性を受け入れよう。〜前編〜
第49回:【リアルカウンセリングストーリー 4】
第48回:【リアルカウンセリングストーリー 3】
第47回:【リアルカウンセリングストーリー 2】
第46回:【リアルカウンセリングストーリー 1】
第45回:【人間の最大の贅沢とは・・・】
第44回:【人が何を成し得たかは、他の人の心・・・】
第43回:【盆と正月だけ実家に帰る人は、あと・・・】
第42回:【転職に役立つ心のQ&A】3
第41回:【転職に役立つ心のQ&A】2
第40回:【転職に役立つ心のQ&A】
第39回:【ひとつのココロは、ひとつの歴史:後編】
第38回:【ひとつのココロは、ひとつの歴史:前編】
第37回:【価値観なんて強要できるわけがない。】
第36回:【創る・造る・作る】
第35回:【数億の言葉が「素直」を創る】
第34回:【人は変われる。というその言葉を疑え。:後編】
第33回:【人は変われる。というその言葉を疑え。:前編】
第32回:【いや、お前にはまだ分からんよ、絶対に。:後編】
第31回:【いや、お前にはまだ分からんよ、絶対に。:前編】
第30回:【仕事とは、「仕える事」:後編】
第29回:【仕事とは、「仕える事」:前編】
第28回:【自問自答は芸術であり、芸術は自問自答だ。】
第27回:【人生に答えはない。】
第26回:【答えを出さないという「正解」】
第25回:【人生の曲がり角で息をするあなたへ】
第24回:【日本の家族】
第23回:【命をかけて生きるを活かす】
第22回:【生活の絶え間なき永遠の探究】
第21回:【Such A Good Feeling】
第20回:【ロンバケに見る男女の友情】
第19回:【転職するならカップルカウンセリング:後編】
第18回:【転職するならカップルカウンセリング:前編】
第17回:【ストレスはオモウ?カンガエル?】
第16回:【「オモウ」と「カンガエル」の違いを想う】
第15回:【ナミダクンサヨナラ】
第14回:【それは私も保障するから:後編】
第13回:【それは私も保障するから:前編】
第12回:【とある男の私的な思い】
第11回:「素直の度合い×本気の度合い=影響力」:後編
第10回:「素直の度合い×本気の度合い=影響力」:前編
第9回:スナオの色って何色ですか?
第8回:とある心理カウンセラーの面接論:後編
第7回:とある心理カウンセラーの面接論:前編
第6回:佐藤君、あの社員を辞めさせるには・・・
第5回:私の私による私のための「義」
第4回:【さよならだけが人生だ】
第3回:【胸を張って希望と地獄を】
第2回:「こころのしらせ」を聴きにゆこう
第1回:天職は長い旅の果てに
ページのTOPへ▲