転職サイトは[PROSEEK]役立つ求人情報が満載

全国の求人情報満載の総合求人サイト
転職サイトPROSEEK > 転職コラム > 業界トレンドナビ > 映像・音声・出版(新聞業)

転職の際に、希望する業界の動向を知る事はとても重要。業界トレンドナビでは、多種多様な業界の最新情報を集めました。さっそく業界トレンドをチェック!

映像・音声・出版
新聞業

現在の新聞業界は何でもIT化が進んでいることもあり、一時は新聞がなくなるのではないかという危機にもさらされたわけですが、やはり活字のよさもありますし、昔から続いている新聞という読み物そのものが完全になくなるということは、いくらIT業界が拡大しようともこのスタイルは崩れないことが今はわかっているのです。

しかしながら新聞業界では購読者数が低迷していることは確かであり、若者の新聞離れは進んでいるといえます。今はインターネットを見ればすぐにニュースを知ることができますし、インターネットの情報のほうが新しいですしタイムリーで情報を伝えてくれますので、新聞とは違ったよさがあります。しかしながら時間的には劣るかもしれませんが新聞には新聞のよさがあるということもよく理解したうえで現在も新聞がなくなることはありません。

インターネットが確かに影響を与えていることは確かなのですが、今は共存していくために連携を考えている新聞業界や新聞社も多くありますから、これからもインターネットと新聞のよさを両立させながら共存していくと考えられます。

新聞業界の傾向ですがこれからどうなるのでしょうか。インターネットがこれほどまでに普及した今、社会と産業の構造はかなり変化したといっても過言ではありません。そんな中でニュース、メディアを代表する新聞業界というのは岐路に立たされているといってもいいのです。アメリカの大手の新聞業界においてもネットが普及したことに伴って、最近は紙媒体の発行数が減りつつあり、広告収入なども減少しているという現状があります。

最近の景気悪化なども影響を与え業界そのものが経営困難にあるといっても過言ではありません。こうした中でニュースを配信するという役割をインタネットが担っていることも新聞業界低迷に拍車をかけているのです。これから先の新聞はネットにはないよさをもっと全面的に出していかなければ生き残りが難しいのではないかとさえいわれていますが、インターネットやメディアにはないよさを考えていくことが重要な鍵となるでしょう。


会員登録しよう!

さらに充実!転職に便利な機能がつかえます。 情報を入力して企業からのスカウトに備えましょう!

会員登録