転職サイトは[PROSEEK]役立つ求人情報が満載

全国の求人情報満載の総合求人サイト
転職サイトPROSEEK > 転職コラム > 業界トレンドナビ > コンピュータ・電子部品(コンピュータ製造業)

転職の際に、希望する業界の動向を知る事はとても重要。業界トレンドナビでは、多種多様な業界の最新情報を集めました。さっそく業界トレンドをチェック!

コンピュータ・電子部品
コンピュータ製造業
【コンピュータ製造業 業界動向】
 迅速で合理的な事務処理を行う目的で昭和30年代に導入された電子計算機が、日本におけるコンピュータ産業のはじまりとされている。現在ではコンピュータの使用目的が多様化しており、ビジネスだけでなく家庭における普及も一気に進んだ印象がある。日本標準産業分類においても、平成13年までは「電子計算機製造業」という名称だったが、パソコン業界の大幅な成長によって翌14年から新たに「パーソナルコンピュータ製造業」が加わった。

 経済産業省の「平成16年工業統計表」によると、「電子計算機製造業」「パーソナルコンピュータ製造業」両方を合わせた事業所数は492(前年比72.1%、従業者4名以上)、年間出荷額は約2兆5024億円(前年比90.7%)となっており、平成12〜13年頃をピークに市場規模は徐々に縮小へと向かっている。

 パーソナルコンピュータについては依然出荷台数、出荷額ともに増加が続いており、メインフレーム、ミッドレンジ、ワークステーションについてもここ数年の復調でようやく減少傾向に歯止めが掛かったが、低価格化が進んでいる影響で出荷額については伸び悩んでいる。

 今後は充実したソフトウエアの提供や出張メンテナンスなど、アフターサービスにおいての強化を収益につなげる努力が求められてくる。企業向けの機器はリース契約を取っている取引先も多いことから、アフターサービスの分野に力を入れる効果は大きいと思われる。またハード面の新規開拓については、ITの整備が遅れている土木、建設業界などへの働きかけが有効ではないかと考える。

会員登録しよう!

さらに充実!転職に便利な機能がつかえます。 情報を入力して企業からのスカウトに備えましょう!

会員登録