転職サイトは[PROSEEK]役立つ求人情報が満載

全国の求人情報満載の総合求人サイト
転職サイトPROSEEK > 転職コラム > 転職後力 > 第34回:「デキるのに、なかなか受からない」方へのメッセージ

転職後力

コンサルタントプロフィールはコチラ

第34回:「デキるのに、なかなか受からない」方へのメッセージ

皆さんこんにちは。
第33回目の質問にも多くのご回答をお寄せいただきました。
感謝致します。

さて、2011年3月卒業予定の大学生の就職内定率が異常に低いことは、報道等で
ご存じのことと思います。
厚労省・文科省の調査(2010年12月)によると68.8%と過去最低とのこと。
もちろん学生も最後まで粘ると思うので、4月までにはもう少し上がるのだと
考えるのですが、これは大変な事態です。

当然転職市場にも影響が出ていると思われます。
耳に入ってくる転職希望者の声は、
「職歴にも自分の力にも自信があるのになんで決まらないんだろう」
というものが比較的多いように感じます。

しかしながら、お客様先などでお話しを伺うと
「今のウチに合う良い人がいたらすぐにでも採用したい」
と言われます。
終身雇用を前提として大量採用をし育成するという手法から、企業の成長や
戦略に合わせて、そこにはまる人材を都度確保するという手法に変わってきて
いるという側面もあるのではないかと考えます。
単なる需要と供給だけの問題ではなさそうです。

学歴や職歴が良ければ就職や転職に有利という考えも変わりつつあるのかもしれません。
優秀な人材でも、なかなか希望通りの転職ができないという状況は続くのかもしれません。

「なかなか受からない」方は、その経歴を拝見すると確かに素晴らしいのです。
有名企業で手腕を発揮され、輝かしい成果を挙げられている。
転職経験のある方は、行く先々で突出した結果を出している。
でも、なかなか受からない。

「なんでだ??? なんで自分が落ちるんだ?????」
と思いますよね?
大半の採用担当者は「すごく優秀なんだけどなぁ」「経験豊富でいいんだけどなぁ」と言われます。
じゃあなんで採用しないの?と思いますよね。

 「タイミングとマッチレベル、そして直感」

これが理由なのではないかと考えます。
「この人がどうしても欲しい」と思っても、募集枠における条件が異なれば
採用を見合わせることがあります。
優秀な経歴を持っていても、「ウチには優秀すぎて・・・」という声も出ます。
これは、応募者であるあなたが悪いわけではないのです。
企業は「とりあえず採用しておこう」ということができない状況なのです。

「イヤイヤ、ちゃんと募集要項を見て、タイミングも自分の職歴とのマッチ具合も
確認してから応募してるよ!」

という方もおられるでしょう。
間違いないお話です。
しかし、企業としては「なんとなく違う」「身だしなみがちょっと」
「元気がない人だ」「言動がネガティブなところがある」など、
どちらかというと書面ではわからないところで判断をすることも多いのです。

採用担当は、まさに「この人元気なさそうだけど、転職後元気になれるのかな?」
「わー、爪がすごく伸びてる!もしかしてお客さん先にこの状態で行ってるのかな?
うちに入った後もこんなだと困るな」などで合否の判断をしているところも
多いのです。
ちょっとした面接時の言葉や行動、見た目が、合否の分かれ目だったりするのです。

なかなか決まらないと、表情も暗くなりがちですし、面接時にもポロっと
つらい本音がでてしまいがちです。
採用担当は、そのような状況を直感的に捉えています。
デキるのに決まらない理由は、そこ「直感」にあるのかもしれません。

ちょっとしたことに気を配ってみましょう。

コンサルタントからの問題

「面接前、どんな準備をしてますか?誰が聞いてもOKな言動、
誰が見てもOKな見た目になってますか?」

※準備として想定問答を考えることも大切ですが、やはり
 「人となり」はしっかりと見られます。
 そこを基軸にすれば、職歴などがより輝いて見えるはずです。

コンサルタントからの問題
バックナンバー
第42回:転職には武器を持って!!
第41回:人生の転機に読む本
第40回:「遊び」が「仕事」を支える
第39回:転職後力を発揮する「人間関係」   その二
第38回:転職後力を発揮する「人間関係」   その一
第37回:協力者の存在は必要ですか?
第36回:「転職後、半年〜一年経過したあなた」へ
第35回:転職前に考えましたか?
第34回:「デキるのに、なかなか受からない」方へのメッセージ
第33回:「判断の拠り所が欲しい!」方へのメッセージ
第32回:「面接が上手くいかない!」というあなたへ(回答編)
第31回:「面接が上手くいかない!」というあなたへ
第30回:立場を変えたらあなたはどう見える?
第29回:休むことも必要、勇気
第28回:あなたが「やりたいこと」と「できること」は?
第27回:熱意をカタチにする
第26回:疑問を持つ習慣をつける
第25回:転職回数が多い方へ!
第24回:転職の「カベ」
第23回:夏休みの宿題です
第22回:流れに身を任せてみることも・・・
第21回:転職後力発揮の「スケジュール」を立てる
第20回:そこは通過点か?それともゴールか?そして手段か?目的か?
第19回:セルフブランドによるセルフプロデュースは必須!
第18回:「想いの強さ」が転職後力の発揮を支える
第17回:その転職は目標線上にあるか?「ネガティブ思考…
第16回:柔軟な思考が「転職後力」発揮の可否を決める
第15回:転職先があなたに望んでいることの「大きなひ…
第14回:あなたの市場価値は?
第13回:もう少し転職経験談!〜効果的な職務経歴書を書…
第12回:もう少し転職経験談!〜効果的な職務経歴書を書…
第11回:職務経歴書を書くならこんな風に(4)
第10回:転職先候補に「この会社」は必ず含むべし!
第9回:今のあなたは、周りからどんな風に見られている?
第8回:職務経歴書を書くならこんな風に(3)
第7回:職務経歴書を書くならこんな風に(2)
第6回:職務経歴書を書くならこんな風に(1)
第5回:ちょっと「想像」してみてください
第4回:仕事に「価値」を見出すために
第3回:転職後力を付けるための準備
第2回:仕事に「命」を吹き込む
第1回:『転職後力』を引き出すために
ページのTOPへ▲