転職サイトは[PROSEEK]役立つ求人情報が満載

全国の求人情報満載の総合求人サイト
転職サイトPROSEEK > 転職コラム > 転職後力 > 第13回:もう少し転職経験談!〜効果的な職務経歴書を書くために(2)〜

転職後力

コンサルタントプロフィールはコチラ

第13回:もう少し転職経験談!〜効果的な職務経歴書を書くために(2)〜

皆さんこんにちは。
第12回目の質問にも多くのご回答をお寄せいただきました。
感謝致します。

もう少しだけ私の転職話にお付き合いください。
私の経験の中から、皆さんの転職へのヒントが見つかるかも知れません!

もちろん本来の目的は「自分の職務経歴書を書く時のチカラにするために!」です。
自分のキャリアをきちんと棚卸することは、転職後のチカラの発揮に
欠かせません。
ユーザーの回答 (前回からの続き)

転職したコンサルティング会社には5年在籍しました。
そして丁度入社から4年半くらい経ったある日、いわゆる「スカウト」していただいたのです。
エージェントからではなく、直接某国内大手コンサルティング会社グループファームの
取締役からです。

これもひとつの転機になりました。
当時転職するつもりはなかったのですが、先々の夢に向かうことを考えた時、
その会社で働くことがプラスになりそうだったのです。
何度か自分自身の決断を覆したのですが、考えた末2回目の転職を決意したのです。
一方で「一度転職すると、転職に抵抗感がなくなる」ということを肌で実感しましたが・・・。
一瞬「やばいか?」と思ったものの、前を向く気持ちが大きくなっていたので
迷いませんでした。

ただ、今振り返ると、「真の理由を心の奥底に沈めた」状態で転職したようなところも
あったと思います。
以前も書きましたが、「消極的な理由を積極的理由に」を実践してみて、なんとかなる
という楽観的な見方をしたのですね(しかし、その消極的な理由は消え切ってはいませんでした。)。

その積極的理由づけで爆発的に努力できれば、また違った結果になったのではないかと
思いますが・・・(自分としては努力が足らなかったと思っています)。

転職後は新規ビジネス立上げという大役をいただき、充実した日々を送りました。
2007年は営業でもトップを取り、コンサルティング事業部長を拝命することになりました。
外から見れば順風です。
しかし、そんな時に「その消極的な理由」が頭をもたげ始めたのです。
人間関係でした。
「やっぱりか」という感覚もありました。

最初の転職から合わせて2回、真の理由(根本原因)をしっかり見つめ、向き合うことを

避けていたように思います。 「転職しさえすれば・・・」という幻想があったのかもしれません。

もちろんそれでもそれなりに結果を残し、2008年には経営者の道を選び、今に至っています。

消極的理由を積極的な理由に変換しきれずに残ってしまったところが影となってしまったのです。

もちろん後悔はしていません。 ただ、自分のチカラをしっかり発揮できる自分であるかどうか、それだけが問題となっています。
転職癖がついてどうにもならなくなったという状況ではないので、自分自身安心はしていますが、
自分の気持ちに背を向けないことが大切であることを、自分の職歴を振り返って
改めて感じた次第です。

転職後力をつけて真に満足できる転職をするためには、自分自身を見つめることを恐れない
勇気が必要なのだと思います。

最後は少々下向きなところもありましたが、自分の職歴をしっかり振り返り、転職希望企業での
面接に備えるためには大事な時間なのです。
また、自分が本当に転職したいのか、すべきなのか、市場価値はあるのかなどを
しっかり固めていくためにも、ご自身の職歴を詳しく振返ってみてください!!

ユーザーの回答終わり
第13回目の質問です。

コンサルタントからの問題

自分で自分のチカラを信じていますか?
 完璧に信じ切っている状態を100とするなら、現在どれくらい自分のチカラを信じてますか?

    ※自分を信じるチカラが、そのまま転職後力になるのです。

コンサルタントからの問題
バックナンバー
第42回:転職には武器を持って!!
第41回:人生の転機に読む本
第40回:「遊び」が「仕事」を支える
第39回:転職後力を発揮する「人間関係」   その二
第38回:転職後力を発揮する「人間関係」   その一
第37回:協力者の存在は必要ですか?
第36回:「転職後、半年〜一年経過したあなた」へ
第35回:転職前に考えましたか?
第34回:「デキるのに、なかなか受からない」方へのメッセージ
第33回:「判断の拠り所が欲しい!」方へのメッセージ
第32回:「面接が上手くいかない!」というあなたへ(回答編)
第31回:「面接が上手くいかない!」というあなたへ
第30回:立場を変えたらあなたはどう見える?
第29回:休むことも必要、勇気
第28回:あなたが「やりたいこと」と「できること」は?
第27回:熱意をカタチにする
第26回:疑問を持つ習慣をつける
第25回:転職回数が多い方へ!
第24回:転職の「カベ」
第23回:夏休みの宿題です
第22回:流れに身を任せてみることも・・・
第21回:転職後力発揮の「スケジュール」を立てる
第20回:そこは通過点か?それともゴールか?そして手段か?目的か?
第19回:セルフブランドによるセルフプロデュースは必須!
第18回:「想いの強さ」が転職後力の発揮を支える
第17回:その転職は目標線上にあるか?「ネガティブ思考…
第16回:柔軟な思考が「転職後力」発揮の可否を決める
第15回:転職先があなたに望んでいることの「大きなひ…
第14回:あなたの市場価値は?
第13回:もう少し転職経験談!〜効果的な職務経歴書を書…
第12回:もう少し転職経験談!〜効果的な職務経歴書を書…
第11回:職務経歴書を書くならこんな風に(4)
第10回:転職先候補に「この会社」は必ず含むべし!
第9回:今のあなたは、周りからどんな風に見られている?
第8回:職務経歴書を書くならこんな風に(3)
第7回:職務経歴書を書くならこんな風に(2)
第6回:職務経歴書を書くならこんな風に(1)
第5回:ちょっと「想像」してみてください
第4回:仕事に「価値」を見出すために
第3回:転職後力を付けるための準備
第2回:仕事に「命」を吹き込む
第1回:『転職後力』を引き出すために
ページのTOPへ▲