転職理由・志望動機|店舗マネージャー(飲食)|求人情報なら転職サイト[PROSEEK]

転職したいけど、なかなかその一歩を踏み出すことができない……。そんなジレンマを抱えている人に、転職の先輩が「自分が転職したきっかけ」を語りアナタの背中を後押しします。
第26回  店舗マネージャー(飲食)への転職理由・志望動機
30歳までに独立すると決めた。
よし、どこで修行しようか。
【前職】個人事業主 → 【現職】店舗マネージャー(飲食)
奥本 卓也(仮名/24才)
Q:転職のきっかけはなんですか?
起業には“準備”が必要だと気づいた。
高校のときから起業や独立に憧れていたので、大学卒業後、友人宅を間借りしてラーメン屋を始めました。後先はまったく考えていません(笑)。当然のことながら、何もかもが準備不足で半年と持たず店じまい。でもその経験から、しなければならなかったことや、足りなかったものが見えてきたんですね。まず “30歳までに起業しよう”と明確に期限をきりました。準備期間をどう過ごすかが重要だと気づいてからは“すべてがそろう、おいしい場所はないだろうか”と考える毎日でしたね。
Q:この会社に決めた理由を教えてください
独立後の“自由”なスタイルに惹かれて。
こだわりは“飲食”だけでした。衣食住のひとつで不況に強いというイメージがあったし、成功者も多い分野ですから。理想の環境は“学校”のように働きながら学べる会社。準備期間=修行期間として、まずノウハウが学べる。ついでに資金が稼げる。できれば後々のことも考えてコネクションもキープできる。そんなわがままな起業活動のなかで見つけたのがいまの会社です。のれんわけ(フランチャイズ)で独立してもいいし、飲食以外の事業を始めてもいい、という自由な独立スタイルを選べるのも選んだ理由のひとつですね。
Q:転職して何か得たものはありますか
“成功”を強くイメージできる学び舎。
独立はゴールではありません。そういう意味でこの会社は、業務提携はもちろん、独立後のサポートも徹底しているので非常にうれしいですね。独立に成功した先輩が大勢いるのも心強いポイント。現在は、マネジメント職として修行を重ねながら、最初の起業がどれだけ無謀だったかを思い知らされている毎日です(笑)。当時を知る友人から「独立を目指すって楽しい?」と冷やかし半分で聞かれることも多い私ですが、逆にいつも、なんでこの魅力を分かってくれないのかなぁと思ってしまいます。まったく不安がないといえば嘘になりますが、それよりも強く成功のイメージが印象付けられる環境。独立は思っているよりも早く訪れそうです。

会員登録しよう!

さらに充実!転職に便利な機能がつかえます。 情報を入力して企業からのスカウトに備えましょう!

会員登録