転職サイトは[PROSEEK]役立つ求人情報が満載

全国の求人情報満載の総合求人サイト
転職したいけど、なかなかその一歩を踏み出すことができない……。そんなジレンマを抱えている人に、転職の先輩が「自分が転職したきっかけ」を語りアナタの背中を後押しします。
第1回 コンサルティング営業への転職理由・志望動機
同期や友達と比べても、安定した地位と給与
それよりも自分の意見が通る面白さを知りたかった
【前職】ルート営業 →【現職】コンサルティング営業
草野安雄 氏(仮名/29才)
Q:転職のきっかけはなんですか?
お客様よりも利益優先の体制に疑問を感じた
新卒入社した会社で営業を担当していました。入社3年で係長に昇進して、 その後も課長代理と同期や地元の友人たちと比べても順風満帆でした。 ですが、業績が下がってきたのを機に、会社がサービスの質を落として でも、利益を優先させるようになったのです。営業も強引になり、この会社の姿勢に納得いき ませんでしたし、上司の姿をみていても先が見えた気がしたことが大きな 理由です。
Q:この会社に決めた理由を教えてください
決め手は会社の規模と成長性
前の会社はそこそこの歴史と会社規模だったので、典型的な縦割り組織で 頭も固い部分がありました。会社の都合で社員が振り回されることもあり、 改善の声をあげても聞き入れてはくれませんでしたね。だから、会社選びの 条件は、自分で状況をかえていけるような、自分でやりたいことができるよ うな自由な会社。規模もそれほど大きくないベンチャー企業を中心に探しま した。今の会社は小さくても成長していて将来性もある。これが一番の決め 手ですね。また、営業職というスタンスは崩さずに決めようとも考えました。
Q:転職して何か得たものはありますか
いままでになかった“提案力”をつけるのが目標
人間関係は以前と比べてすごくラクですね(笑)。前職のルート営業では平均年齢が35歳 ぐらい。言いたいことも自由にいえないような雰囲気でしたが、今は若手が 中心なので、雰囲気もフランクで仕事もやりやすいから、ストレスも感じて いません。ちょっと大変なのは、前職と同じ営業でも、ルート営業からコンサル ティング営業と業務形式が変わったこと。今までは、決まったお客さんだ けを相手にしていましたが、現職のコンサルティング営業では提案がモノをいいます。 まずは提案力をつけることが自分の目標ですね。

職業紹介

ルート営業(ルートセールス)
メーカーや卸売り業者のセールスパーソンが、あらかじめ決められた一定の道筋で行う巡回販売です。 代金の回収や顧客からの発注を受けたり、それに付随して製品の陳列や在庫への指導といった コンサルタントに近いサービスを行うこともあるようです。...ルート営業の求人はコチラ
コンサルティング営業・企画営業
取引先の事業に深く入り込み、さまざまな問題解決の手法を提案するのが「コンサルティング営業」 顧客のニーズを考え企画を練り販売するのが「企画営業」です。両方とも顧客側の深い知識が必要になります。...コンサルティング営業の求人はコチラ

会員登録しよう!

さらに充実!転職に便利な機能がつかえます。 情報を入力して企業からのスカウトに備えましょう!

会員登録