転職サイトは[PROSEEK]役立つ求人情報が満載

全国の求人情報満載の総合求人サイト
転職サイトPROSEEK > 転職コラム > 会社じゃ教えてくれないココロの扱い方 > 第43回【盆と正月だけ実家に帰る人は、あと親の顔を見る回数は100切ってます】

会社じゃ教えてくれないココロの扱い方

佐藤由明プロフィールはコチラ

第43回:【盆と正月だけ実家に帰る人は、あと親の顔を見る回数は100切ってます】

この季節になると、

山口百恵さんの
「さよならの向こう側」
が僕のヘビーローテーションになります。

弊社の取締役が、
下記のようなことを言っておりました。

====
どんなに忙しくても、盆正月の帰省だけは死守してきたし、
去年からは、毎回プレゼントを贈ることにしている。

でもそれは、あまりにも小さな親孝行だったようです。

普段、自分から連絡することをせず、
将来的にも地元に戻るつもりのないぼくは、
このままじゃきっと、ありがとうを伝えきれません。

だから、親のためにできることを
自分なりに色々と考えてみました。

なかなかいいアイデアが浮かばず、
自分ができる親孝行の小ささを改めて感じたんですが、
今月からやろうと決めたことが1つだけあります。

それは、

短くてもいいから、必ず月に1回は手紙を書くこと。

そうすれば、田舎で老いていく毎日を送っている親に、
月に1回の楽しみができる。ぼくは返信を求める姿勢ではないけども、
文通とともに青春を過ごしてきた親は、
返事を書くことも楽しみにしてくれるかもしれない。

「100回」の計算でいけば、親が死ぬまでには600通の
手紙がたまることになります。家族旅行なども考えたんですが、
親の性格からして、迷わず手紙を望む気がするんです。

だからぼくは、手紙を書くことにしました。

ちょっと良い便箋も、封筒も買った。切手は毎回変えていこう。

10年ぶりに、ぼくの汚い字を笑われてみようと思います。

===

人として、素敵ですね。
ロマンティックですね。

僕も見習おうと思っています。

30歳まで、あと2ヶ月、
子どもはいつまでたっても子どもです。

どんどん、どんどん、
親の子どもになっていければと思います。

では、今回も、

心のクエスチョン&心からのアンサー

いってみましょう。

●心のクエスチョン8
【上司・部下がバカすぎる!】

後輩が変わっていて、扱いに困っています。

入社半年になろうというのに、
同じミスを繰り返し、空気の読めない発言の連発です
。 初めは怒っていたのですが、今ではもう諦めています。
これから先も付き合っていくと思うと気が遠くなります。

こんな特殊な後輩と上手く付き合う良い方法はありますか?
●心からのアンサー8
【失敗の原因ではなく、仕事の目的を聴く。】

その後輩の心理的側面に焦点をあてることです。

彼がどういった時に、
どういった気持ちになるかをじっくりと聴いてあげましょう。
今は空回りでいっぱいいっぱいかもしれません。
そんな彼の行動ではなく、
気持ちを理解してあげることが大事です。

それによって、彼の本音を聞くことが、
長い関係を構築するためにも、とても大事なステップです。

彼の口に出せない悩みや、
今の自分を進ませられない何かがあるはずです。

その際に大事なのは、
「原因」ではなく「目的」を聴いてあげることです。

自分はどこへ向かいたいか、
なんのために今、仕事をしているのか。

目的からずれないようにしてあげるだけで、
人は自ら進んでいきます。

自ら進んで決定し、
自ら責任を取り生きていくために、
何をしてあげられるのかを考えてみましょう。
●心のクエスチョン9
【会社で性格の合わない人がいる。。。】

全く性格が合わない人と一緒に、
仕事をしなければいけなくなりました。
本当にストレスになっています。

私はどちらかというと、
平和主義で協調性を大切にするのですが、
相手は、会社で1番の年上(56歳)ということもあり
、 かなり威圧的で仕切って進めようという感じです。

上手く進めるよい方法はありませんか?
●心からのアンサー9
【価値観が違う=自分を知り、自分の幅と奥行きを創るチャンス。】

社会とは、学生生活と違い、
自分と性格や思考が合わない人とも、
関わっていかなければならない場です。

これをあなたはどう捉えますか?

確かに大変ですよね。

一方で、だからこそ、
とても勉強になる世界です。
成長できるチャンスがいっぱいです。

あなたと圧倒的に違う価値観を知ることで、
あなたは自分の性格や思考を知ることになります。

もっと言えば、自分の役割を知ることになります。
これが、未来でより良い生き方をするヒントになります。

見方を変えれば、
そういった人に出会わなければ、
自分を知る機会はなかなかありません。

社会の素晴らしさはここにあります。

嫌な上司を材料に、
自分のことを学んでみてください。

もちろん、自分が壊れてしまう程の無理はしない程度に。

みなさんの生きるヒントになれたら幸いです。

今回もお読みいただきありがとうございました!

佐藤までのご意見、ご感想、悩み事などなど、お待ちしております!

こちらまで!

http://satoyoshiaki.com/

shukatsu@poeganezia.jp

ココロ熱くお待ちしております!!

今回の言葉

君をさばこうとするその心が
時に俺を傷つけてしまう

子どもの頃
君が夢見てたもの
叶えることなどできないかもしれない
ただいつもそばにいて手を貸してあげよう

受け取ってほしい
この指輪を

受け取ってほしい
この心を

〜〜 浜田省吾「もうひとつの土曜日」より 〜〜

バックナンバー
第67回:体験ってなに?〜後編〜
第66回:体験ってなに?〜前編〜
第65回:人間の数と同じだけのこころの闇と〜後編〜
第64回:人間の数と同じだけのこころの闇と〜前編〜
第63回:答えのない世界
第62回:秋の桜。のこころ。
第61回:最期のスターライトバーで
第60回:現実を地獄に。愛を自分に。
第59回:愛しくも悲しき人間の性
第58回:いま、海を見てきたよ。
第57回:「人間の可能性」よ、ありがとう。こころから。
第56回:世界に向かって爆発する命
第55回:善と悪、2つで1人
第54回:ただいま、ぼく。
第53回:リデンプションソング
第52回:自分の感受性を受け入れよう。〜後編〜
第51回:自分の感受性を受け入れよう。〜中編〜
第50回:自分の感受性を受け入れよう。〜前編〜
第49回:【リアルカウンセリングストーリー 4】
第48回:【リアルカウンセリングストーリー 3】
第47回:【リアルカウンセリングストーリー 2】
第46回:【リアルカウンセリングストーリー 1】
第45回:【人間の最大の贅沢とは・・・】
第44回:【人が何を成し得たかは、他の人の心・・・】
第43回:【盆と正月だけ実家に帰る人は、あと・・・】
第42回:【転職に役立つ心のQ&A】3
第41回:【転職に役立つ心のQ&A】2
第40回:【転職に役立つ心のQ&A】
第39回:【ひとつのココロは、ひとつの歴史:後編】
第38回:【ひとつのココロは、ひとつの歴史:前編】
第37回:【価値観なんて強要できるわけがない。】
第36回:【創る・造る・作る】
第35回:【数億の言葉が「素直」を創る】
第34回:【人は変われる。というその言葉を疑え。:後編】
第33回:【人は変われる。というその言葉を疑え。:前編】
第32回:【いや、お前にはまだ分からんよ、絶対に。:後編】
第31回:【いや、お前にはまだ分からんよ、絶対に。:前編】
第30回:【仕事とは、「仕える事」:後編】
第29回:【仕事とは、「仕える事」:前編】
第28回:【自問自答は芸術であり、芸術は自問自答だ。】
第27回:【人生に答えはない。】
第26回:【答えを出さないという「正解」】
第25回:【人生の曲がり角で息をするあなたへ】
第24回:【日本の家族】
第23回:【命をかけて生きるを活かす】
第22回:【生活の絶え間なき永遠の探究】
第21回:【Such A Good Feeling】
第20回:【ロンバケに見る男女の友情】
第19回:【転職するならカップルカウンセリング:後編】
第18回:【転職するならカップルカウンセリング:前編】
第17回:【ストレスはオモウ?カンガエル?】
第16回:【「オモウ」と「カンガエル」の違いを想う】
第15回:【ナミダクンサヨナラ】
第14回:【それは私も保障するから:後編】
第13回:【それは私も保障するから:前編】
第12回:【とある男の私的な思い】
第11回:「素直の度合い×本気の度合い=影響力」:後編
第10回:「素直の度合い×本気の度合い=影響力」:前編
第9回:スナオの色って何色ですか?
第8回:とある心理カウンセラーの面接論:後編
第7回:とある心理カウンセラーの面接論:前編
第6回:佐藤君、あの社員を辞めさせるには・・・
第5回:私の私による私のための「義」
第4回:【さよならだけが人生だ】
第3回:【胸を張って希望と地獄を】
第2回:「こころのしらせ」を聴きにゆこう
第1回:天職は長い旅の果てに
ページのTOPへ▲