転職サイトは[PROSEEK]役立つ求人情報が満載

全国の求人情報満載の総合求人サイト
転職サイトPROSEEK > 転職コラム > 会社じゃ教えてくれないココロの扱い方 > 第28回【自問自答は芸術であり、芸術は自問自答だ。】

会社じゃ教えてくれないココロの扱い方

佐藤由明プロフィールはコチラ

第28回:【自問自答は芸術であり、芸術は自問自答だ。】

その花の名前を、
初めて思いついた人のことを想像してみる。

花の色から思いを形にしたのだろうか。

あの匂いから言葉を彫刻したのだろうか。

何をどう感じて、心をどのように使って、
あの花を言葉にしたのだろうか。

僕は春にいつも思う。

「桜を心から感じたい。」

そう思うのは、なによりも素敵なことに、
時が幾千年流れようとも、
桜を、日本人の心が愛してきた。からだ。

時は現代。
僕は桜に対し、こんなことを呟いている。

「美しいなぁ。気が狂いそうだ。
 心すべてが君の色になってしまう。」

あの偉人達も狂いそうになったはずだ。
あるいは、狂ったはずだ。

輝く一瞬の美しさは、
僕に忘却の快楽を教えてくれる。

ああ、もうどうにでもしてくれよ。

===================

と、今回はサクラに対する自問自答から始めてみました。

桜、いよいよ開いてきましたね。

本気で不思議なのですが、
なぜ桜は、人にとってちょうど良い、
あの高さで咲くのでしょうか?

本当に絶妙で素晴らしい
立ち位置で立ってくれていると思うのです。

あの身長(高さ)じゃなかったら、
過去の偉人達も桜に酔いしれなかったのかもしれない、
と思ってしまうほどです。

だって、下から見上げた桜は、
「畏怖」という言葉以外の何物でもないですからね。

昔から僕はそう思っています。

さて、ここのところ、
生きている上で、最も大事なものが、
自問自答だと信じている佐藤です。

そんなアンテナを張っていることもあり、
先日、わが愛する吉本隆明さんの言葉で、
衝撃的な一文と出会いました。

===================

コミュニケーションに邪魔っけな石を置く。
自問自答のようなものを、
さしあたり何と名づけたらいいのかというと、
もしかしたらそれは「芸術」という言い方で、
できるんじゃないでしょうか。
いや、いまのところそう言っておくのが、
いちばん近いような気がするんです。

〜ほぼ日刊イトイ新聞 「日本の子ども」より〜

===================

こういった言葉は私を異様にぞくぞくさせます。

一見、謎解きのようですが、
いやはや、自分の体験に響き、分かりやすい。

心を成長させる薬は?
と聴かれたら、
私も「自問自答」だと答えます。

クライアントの方から、こんな話をよく聴きます。
心に問題を抱えてしまったので、
なんとか余裕を持たせようと、
リゾートに行ってきました。

しかし、余計にきつくなってしまいました。

いや、
これはそうだと思うんです。

ぼけーっとして心の問題が解決するのなら、
人間は、成長しないはずなんです。

むしろ、サバイバルにいかなくては。

サバイバルとは、
痛みや見たくないものと向き合うことです。

自分の問題と向き合う以外に、
心の問題は解決のすべがありません。

常に自分の心が世界を創っています。

だからこそ、常に自分に問いかける、
それは、生きていることを知ることにもなります。

誰かに心からの感謝をすること。
誰かを愛するために、しっかりと自分を愛すること。

これらは、自問自答の先にしかありません。

「君を愛する僕の心を僕は愛する」

「僕を愛する君の心を僕は愛する」

これは、どっちでもありますね。

不況だとしても、
世の中が理不尽だとしても、
どう生きるかは、あなたの自問自答の質が決めます。

そのクオリティを挙げることを考えて生きていれば、
未来は明るいものとなります。ね。

佐藤までのご意見、ご感想、悩み事などなど、お待ちしております!

こちらまで!

http://satoyoshiaki.com/

shukatsu@poeganezia.jp

ココロ熱くお待ちしております!!

今回の言葉

帰するところ、最も重要なことは何かといったら、
 自分と、自分が理想と考えてる自分との、その間の問答です。
  「外」じゃないですよ。
つまり、人とのコミュニケーションじゃないんです。
 自分と、自分が理想と考えるもの、
  そことの内的な問答がいちばん大切なんです。
〜〜 吉本隆明 「日本の子ども」より 〜〜

バックナンバー
第67回:体験ってなに?〜後編〜
第66回:体験ってなに?〜前編〜
第65回:人間の数と同じだけのこころの闇と〜後編〜
第64回:人間の数と同じだけのこころの闇と〜前編〜
第63回:答えのない世界
第62回:秋の桜。のこころ。
第61回:最期のスターライトバーで
第60回:現実を地獄に。愛を自分に。
第59回:愛しくも悲しき人間の性
第58回:いま、海を見てきたよ。
第57回:「人間の可能性」よ、ありがとう。こころから。
第56回:世界に向かって爆発する命
第55回:善と悪、2つで1人
第54回:ただいま、ぼく。
第53回:リデンプションソング
第52回:自分の感受性を受け入れよう。〜後編〜
第51回:自分の感受性を受け入れよう。〜中編〜
第50回:自分の感受性を受け入れよう。〜前編〜
第49回:【リアルカウンセリングストーリー 4】
第48回:【リアルカウンセリングストーリー 3】
第47回:【リアルカウンセリングストーリー 2】
第46回:【リアルカウンセリングストーリー 1】
第45回:【人間の最大の贅沢とは・・・】
第44回:【人が何を成し得たかは、他の人の心・・・】
第43回:【盆と正月だけ実家に帰る人は、あと・・・】
第42回:【転職に役立つ心のQ&A】3
第41回:【転職に役立つ心のQ&A】2
第40回:【転職に役立つ心のQ&A】
第39回:【ひとつのココロは、ひとつの歴史:後編】
第38回:【ひとつのココロは、ひとつの歴史:前編】
第37回:【価値観なんて強要できるわけがない。】
第36回:【創る・造る・作る】
第35回:【数億の言葉が「素直」を創る】
第34回:【人は変われる。というその言葉を疑え。:後編】
第33回:【人は変われる。というその言葉を疑え。:前編】
第32回:【いや、お前にはまだ分からんよ、絶対に。:後編】
第31回:【いや、お前にはまだ分からんよ、絶対に。:前編】
第30回:【仕事とは、「仕える事」:後編】
第29回:【仕事とは、「仕える事」:前編】
第28回:【自問自答は芸術であり、芸術は自問自答だ。】
第27回:【人生に答えはない。】
第26回:【答えを出さないという「正解」】
第25回:【人生の曲がり角で息をするあなたへ】
第24回:【日本の家族】
第23回:【命をかけて生きるを活かす】
第22回:【生活の絶え間なき永遠の探究】
第21回:【Such A Good Feeling】
第20回:【ロンバケに見る男女の友情】
第19回:【転職するならカップルカウンセリング:後編】
第18回:【転職するならカップルカウンセリング:前編】
第17回:【ストレスはオモウ?カンガエル?】
第16回:【「オモウ」と「カンガエル」の違いを想う】
第15回:【ナミダクンサヨナラ】
第14回:【それは私も保障するから:後編】
第13回:【それは私も保障するから:前編】
第12回:【とある男の私的な思い】
第11回:「素直の度合い×本気の度合い=影響力」:後編
第10回:「素直の度合い×本気の度合い=影響力」:前編
第9回:スナオの色って何色ですか?
第8回:とある心理カウンセラーの面接論:後編
第7回:とある心理カウンセラーの面接論:前編
第6回:佐藤君、あの社員を辞めさせるには・・・
第5回:私の私による私のための「義」
第4回:【さよならだけが人生だ】
第3回:【胸を張って希望と地獄を】
第2回:「こころのしらせ」を聴きにゆこう
第1回:天職は長い旅の果てに
ページのTOPへ▲