転職サイトは[PROSEEK]役立つ求人情報が満載

全国の求人情報満載の総合求人サイト
転職サイトPROSEEK > 転職コラム > 会社じゃ教えてくれないココロの扱い方 > 第7回 とある心理カウンセラーの面接論:前編〜感情を交えて〜

会社じゃ教えてくれないココロの扱い方

佐藤由明プロフィールはコチラ

第7回:とある心理カウンセラーの面接論:前編〜感情を交えて〜

「したいように」と「思うように」のバランス。

巷には溢れすぎている。

「したいことをしよう!」

「君の未来は君のものだ!」

等々の、一見「キラキラ」した言葉達。

責任感の無い「キラキラ」が、
人生にとって、未来において、
一番危ないと思うのは私だけではないはずだ。

リアルに存在しないお金を転がしてしまった結果が、
現在の世界経済の破綻を招いていることは明らかです。

「人」にしても同じだと思います。

リアルに有るわけでも無い煌びやかさは、
人をダメにする最大の原因です。

唐突ですが、
最近、無表情に怒ったり、無表情に喜んだりする人、
つまりは、「無表情に表現をする人」が増えていると思いませんか?

頭では、キラキラを追い求め、
感情がついていってない。

頭ではクールに、キラキラしたいようにして、
感情は、、、つかみ取れない。伝わってこない。

『お金を求めてもクールじゃない』
『情熱を訴えるのもクールじゃない』
『恋愛に真剣になるのもクールじゃない』
『親や子を本気で愛すなんてクールじゃない』

感情は一切語らず、
そういうものだと頭でっかちな知識をふるう。

時代に踊らされ、
表情を殺してきてしまったそんな人たち。

あなたのまわりにもいませんか?

「したいことをしよう!」

一見、これはクールですが、

したいことをすることが、
どれだけ大変なことかはすべて消されてしまっている。

生活を守るために、
生活を豊かにするために、
その先で心を豊にするために、
どれだけお金が大切か。

情熱を人々に訴えることがどれだけ難しいことなのか。
人と分かり合うためには、
相手を、そして、自分をどれだけ理解しなければならないか。
さらに、その行為がどれだけきついことなのか。

好きな相手と愛し愛されるためには、
どれだけ犠牲を払わなくてはならないのか。
本気の愛を伝え、表現し、
一点の曇りも無く、相手の感情を汲み取るためには、
どれだけの時間と精神、労力がかかるのか。

現実世界で親や子を守るためには、
自分はどのような役割を持って、
どの判断基準の元に、
どんな意志を持って向き合っていけばいいのか。

「したいこと」をするための「はじめの一歩」の苦しみが、
どこにも表現されていない。

泥臭さに似た「苦しい」「嫌だ」という感情が、
人間をつくる大事な要素だということはどこにも語られない。

それらが、感情を把握する器の無い人間を創りだしていく。

インスタントにデジタルに。

何の責任も取れない「ポジティブシンキング」に姿を変えて。

私は、人の感情の部分こそ、
めんどくさくアナログ的にならなければいけない、と思う。

文化はそうやってできてきた。

人のどろどろした感情をそのまま、
それこそリアルに、

「そうだよね。それあるよね。人として。」

と表現してきた物が、人の心を浄化し、
「涙=ありがとうの粒」を流す。

歴史に残っている文学は、
不条理や苦しみ、矛盾を美しく表現した物ばかりだ。

それが人間の本質だと思う。

人間に唯一、決められている未来。
「死」に向かって、人はそれらを追いかけていくべきだと思う。

それが、あの「愛」に向かう道だから。

「したいようにすること」と、
「思ったようにすること」は全く違う。

責任や覚悟が伴うことを大前提として、
思ったことをふまえた上で、
したいようにしなければならない。

「頭」と「感情」がかけ離れてはならない。

このような考えは、暑苦しすぎるのだろうか。

なぜ、世界がこんなに混乱しているのか。

どこかで、
知識や策略といった頭でっかちが支配したからだ。

『日本を今一度せんたくいたし申候』

そんな感情的な言葉が、
日本を、世界中を震わせる、
そんな時代が来ればなあ。と。

今日という一日の夜明けに、
世界の夜明けを思いながら、
詩人カウンセラーは一人思うのです。

暑苦しくたっていいじゃないか。

人というものは、
「心」一つ、誰もが絶対に持っているんだから。

と、今回は私の個人的な思いをふまえ、
面接論というよりも、
感情論を述べさせて頂きました。

次回は、

「とある心理カウンセラーの面接論:後編〜心理学的背景を交えて〜」

というタイトルで、科学的根拠も交えながら、
面接で最も大切なことをお話ししたいと思います。

今回もお読み頂き、
ありがとうございました!
またお会いしましょう!

佐藤までのご意見、ご感想、悩み事などなど、お待ちしております!

こちらまで!

http://satoyoshiaki.com/

shukatsu@poeganezia.jp

ココロ熱くお待ちしております!!

今回の言葉

〜同志をつのり、朝廷より先ヅ神州をたもつの大本(タイホン)をたて、
 日本(ニッポン)を今一度せんたく(洗濯)いたし申(もうし)候〜 〜〜by 坂本龍馬〜〜

バックナンバー
第67回:体験ってなに?〜後編〜
第66回:体験ってなに?〜前編〜
第65回:人間の数と同じだけのこころの闇と〜後編〜
第64回:人間の数と同じだけのこころの闇と〜前編〜
第63回:答えのない世界
第62回:秋の桜。のこころ。
第61回:最期のスターライトバーで
第60回:現実を地獄に。愛を自分に。
第59回:愛しくも悲しき人間の性
第58回:いま、海を見てきたよ。
第57回:「人間の可能性」よ、ありがとう。こころから。
第56回:世界に向かって爆発する命
第55回:善と悪、2つで1人
第54回:ただいま、ぼく。
第53回:リデンプションソング
第52回:自分の感受性を受け入れよう。〜後編〜
第51回:自分の感受性を受け入れよう。〜中編〜
第50回:自分の感受性を受け入れよう。〜前編〜
第49回:【リアルカウンセリングストーリー 4】
第48回:【リアルカウンセリングストーリー 3】
第47回:【リアルカウンセリングストーリー 2】
第46回:【リアルカウンセリングストーリー 1】
第45回:【人間の最大の贅沢とは・・・】
第44回:【人が何を成し得たかは、他の人の心・・・】
第43回:【盆と正月だけ実家に帰る人は、あと・・・】
第42回:【転職に役立つ心のQ&A】3
第41回:【転職に役立つ心のQ&A】2
第40回:【転職に役立つ心のQ&A】
第39回:【ひとつのココロは、ひとつの歴史:後編】
第38回:【ひとつのココロは、ひとつの歴史:前編】
第37回:【価値観なんて強要できるわけがない。】
第36回:【創る・造る・作る】
第35回:【数億の言葉が「素直」を創る】
第34回:【人は変われる。というその言葉を疑え。:後編】
第33回:【人は変われる。というその言葉を疑え。:前編】
第32回:【いや、お前にはまだ分からんよ、絶対に。:後編】
第31回:【いや、お前にはまだ分からんよ、絶対に。:前編】
第30回:【仕事とは、「仕える事」:後編】
第29回:【仕事とは、「仕える事」:前編】
第28回:【自問自答は芸術であり、芸術は自問自答だ。】
第27回:【人生に答えはない。】
第26回:【答えを出さないという「正解」】
第25回:【人生の曲がり角で息をするあなたへ】
第24回:【日本の家族】
第23回:【命をかけて生きるを活かす】
第22回:【生活の絶え間なき永遠の探究】
第21回:【Such A Good Feeling】
第20回:【ロンバケに見る男女の友情】
第19回:【転職するならカップルカウンセリング:後編】
第18回:【転職するならカップルカウンセリング:前編】
第17回:【ストレスはオモウ?カンガエル?】
第16回:【「オモウ」と「カンガエル」の違いを想う】
第15回:【ナミダクンサヨナラ】
第14回:【それは私も保障するから:後編】
第13回:【それは私も保障するから:前編】
第12回:【とある男の私的な思い】
第11回:「素直の度合い×本気の度合い=影響力」:後編
第10回:「素直の度合い×本気の度合い=影響力」:前編
第9回:スナオの色って何色ですか?
第8回:とある心理カウンセラーの面接論:後編
第7回:とある心理カウンセラーの面接論:前編
第6回:佐藤君、あの社員を辞めさせるには・・・
第5回:私の私による私のための「義」
第4回:【さよならだけが人生だ】
第3回:【胸を張って希望と地獄を】
第2回:「こころのしらせ」を聴きにゆこう
第1回:天職は長い旅の果てに
ページのTOPへ▲