仕事お悩み相談|求人情報なら転職サイト[PROSEEK]

転職サイトPROSEEK > 転職コラム > 仕事お悩み相談 > 子供のお迎えができる勤務時間を許される説得力が大事
お悩み

子供のお迎えができる勤務時間を許される説得力が大事

仕事を辞めたい方の声|子供のお迎えに行くための時短勤務で嫌味を言われる

勤務時間の短縮子供を持つ女性が正社員として復帰しにくい、あるいは仕事をすぐに辞めたいと思う背景の一つが、勤務時間の問題です。理解のある職場であれば在宅業務に重点を置かせてもらえたり、お迎え時間に間に合うような勤務時間に短縮してもらえたりできますが、全ての職場で許されるわけではありません。

業務内容的にも在宅が難しかったり、立場的に顧客とのかかわりが強ければ休日に出勤する必要も出てきます。

従業員数が少ない会社や業務数が多すぎる部署では、このような勤務時間の融通はききにくい傾向にあります。一人抜けると業務が回らなくなる、というような職場で仕事をしている場合は、早い時間の退勤は嫌味を言われることもあるでしょう。

また、子供に合わせて予定が二転三転することも珍しくないため、一緒に働く同僚や上司の仕事の負担を増やしてしまうことも。何度も繰り返すうちに、「子供を理由にしてサボっているんじゃないのか」と嫌味や疑念が混じった暴言を吐かれるケースも珍しくありません。

本人としては、子供が熱を出したり吐いたりして急なお迎えが必要になるのは当たり前なのに、サボっているどころか頑張っていっぱいいっぱいなのに、と思うでしょう。保育園は微熱でも帰宅させられてしまいますし、子供はちょっとしたことで熱や腹痛を起こします。

本来は子供のために仕事を早退して休んでいるのに、会社からは「サボっている」と言われ、子供に対しては「忙しいのに勘弁してよ」と考えてしまいます。会社からも子供からもストレスを感じ始め、結果、心の病気を発症したり、体を壊してしまうお母さんもいます。明確な異常が出なくても、毎日のストレスでいっそ辞めたいと感じる人は多いです。

お母さんだけではなく、虐待や育児放棄にもつながりやすいことから、子供自体が被害をこうむる結果にもなりかねません。仕事と育児の両方で感じるストレスに板挟みになり、最終的に「もう辞めたい」と正社員の道を閉ざして会社を去っていく女性も多いです。

この事態に対し、近年では優秀なキャリアが多い、子持ち女性を何とか取り込もうと、育児サポートを重視している会社も出てきました。資格や経験、これまでのコネクションにそのような会社への転職の可能性があるなら、思い切って転職してみる手もあります。

しかし、現実問題、育児に理解のある会社へわずかな通勤時間で通えるような人は、少ないものです。たとえ短時間勤務の契約を得られても、通勤時間がかかってしまっては意味がありません。

結局、自分に無理のない通勤時間の範囲内で仕事を選ぶしかないのです。近場に理想通りの会社がない場合は、今いる会社の体勢を変えるよう働きかけるか、自分自身の働き方を見つめなおすしかないでしょう。今より生産性を上げれば、同僚へ引き継ぐ仕事が減り、「あなたが帰ると私の仕事が増えるんだけど」といった仕事の負担増加による嫌味を聞かされることはなくなります。

解決方法

子供のために堂々と時短勤務するコツは?生産性と仕事の楽しみ方が大事

子供のお迎えのために辞めたいと思ううちは、辞めたいとの思いから職場を変えたとしても同じです。新しい職場でもやはり、同僚に気兼ねしながら仕事をするとことになります。そこでいかに辞めたいと思う心境から抜け出すかが必要になります。

ここは前向きに、勤務時間内にいかに仕事を手早く終えるかを考えることが大切です。もちろん、全てを自分でコントロールできないことは承知の上でです。堂々と子供のお迎えができるように、勤務時間を短縮できるように生産性を高めることが大事です。

悩むよりも方法を考える方が精神的にも良いですし、またお迎えをする子供にも笑顔を見せることができます。仕事は多くの人がかかわるために、なかなか勤務時間内に全てを終えるのは難しいものです。それでも、後を任せる人の負担を減らすように、様々な準備をしておくことはできます。

自分1人の仕事と捉えずに、職場全体の効率を高められるように生産性を高める方法を考えるわけです。このような取り組みをしていれば、それがやり甲斐にもつながりますし、その結果堂々と子供のお迎えができるようになります。それを見れば他の人も、同じような立場になった時の励みになります。

また、生産性を高める努力は他の人にも良い影響を与えるようになります。その結果、仕事もお迎えも楽しめるようになるわけです。

このお悩みを見た人は、こんな職業を見ています

悩み無用の会員登録で新しいスタートをきりましょう!

無料会員登録

よく読まれている記事

  • 転職お金の相談

    転職を思い立った時、また転職をする際は、何かと「お金」に関わる出来事が関わってくるかと思います。「給与の未払い」や「雇用保険の未払い」などなど、転職に…続きを読む

  • 仕事内容と年収

    仕事内容と年収とは、都道府県別に色々な職種の気になる仕事内容と年収を赤裸々に紹介しています。地域の特色や、そこからみえる年収も紹介しているので、気にな…続きを読む

  • 職種事典

    職種辞典とは、私達の周囲にあるさまざまな職種の内容を、わかりやすく説明している辞典です。”その職業に就きたい!”と思っても、仕事内容をしっかり理解していなければ転職先と…続きを読む

  • 業界トレンドナビ

    業界トレンドナビとは、転職する際に気になる各業界の動向をチェックできます。アパレル・インテリア、エンターテイメント、サービス、製造、マスコミ、メディカルなどなど、…続きを読む

  • 20代の転職

    20代の転職(20代の平均年収・転職回数)とは、20代で転職した先輩達の体験談を転職回数や年収などをふまえ、その時の思いや転職後の状況など赤裸々に紹介しています。先輩達のキャリアアップや…続きを読む

  • キャリアデザイン発想法

    キャリアデザイン発想法とは、あなたがキャリアを考え時の考え方や着眼点について、より具体的にわかりやすく解説します。キャリアを考えるには仕事のみの関係性にフォーカス…続きを読む

おすすめコーナー

  • 第二新卒・既卒のための転職就活情報

    第二新卒・既卒のための転職就活情報とは、第二新卒・既卒のための求人情報はもちろん、就活に役立つ第二新卒のメリット・デメリットを、ちょっぴりご紹介しています。…続きを読む

  • 企業が求める転職スキルランキング

    企業が求める転職スキルランキングとは、エンジニアスキル・営業スキル・事務スキル・ITスキルなど、各経験スキルに応じて業種別に企業が求めるランキングを掲載しています。…続きを読む

「やりたいこと」をみつけよう!CMAP(シーマップ)!