仕事お悩み相談|求人情報なら転職サイト[PROSEEK]

転職サイトPROSEEK > 転職コラム > 仕事お悩み相談 > 転勤で遠方に行きたくないから仕事を辞めたいというのは危険
お悩み

転勤で遠方に行きたくないから仕事を辞めたいというのは危険

仕事を辞めたい方の声|転勤を言い渡されたけど他県に行きたくない

急な転勤仕事の内容が期待した通りでなかったり、急に転勤を言い渡された場合は、仕事を辞めたいと思っても不思議ではなくなります。

また、転勤の話が本人に届かない場合、勝手に話が進んでいては、会社に行きたくないと感じることもあり得ます。 仕事を辞めたいと考えることは、転勤が言い渡されれば珍しくなく、行きたくない気持ちが強まれば、転職の決断に踏み切るケースも少なくありません。

転職自体は前向きな行動ですが、仕事に悩みを抱えていたり、転勤を避ける目的で急に考える場合には注意が必要です。 焦って行う転職は、仕事を辞めたい希望や転勤回避の希望が叶っても、転職後の方が良くなる保証はないといえます。

転勤は通常、現在の勤務地から遠く離れた土地に移動したり、他県に移って新しい生活が求められます。

しかし、転勤の物理的かつ心理的な負担は思いの外大きく、今現在の仕事で手一杯の場合は、会社に行きたくない、仕事を辞めたいと考えてもやむを得ません。 転職の決断に繋がる切っ掛けは、必ずしも転勤の話だけではなく、職場の雰囲気や同僚との人間関係も問題になります。

会社に行きたくないという志向が頭に浮かんだり、自然と口をついて出るようになれば、それは仕事に対する向き合い方や働き方を考え直す時期に変わります。 仕事を辞めたい気持ちが収まらず、日に日にまして強くなる時は、仕事に行きたくない場合であっても、一度冷静に客観的な見つめ直しを行うことがおすすめです。

若い人であれば、転職のチャンスはこれから幾らでもありますし、焦って失敗するよりは計画的に転職した方が良い結果に繋がりやすいです。 転勤まで時間的な余裕があったり、仕事の重荷に耐える余裕があるならば、働きつつ転職の計画を立てる方法が役立ちます。 会社に行きたくない思いが極限まで達して、足がすくんだり仕事を辞めたいと精神的に追い詰められている時は、有給休暇を活用して職場との距離を置くことが効果的です。

有給休暇中は、カウンセリングや精神的なケアの重視を行い、気持ちが落ち着いてから転勤を再度考え直すことが重要です。 辞めたい、行きたくない志向に耐えられず、転勤の話が重荷になるのであれば、上司に相談して転勤を再考してもらうことが必要になります。

それでも訴えを聞き入れてもらえない場合は、辞めたいであったり、行きたくない思いを行動に変える必要があるので、転職を具体的に考える段階に入ります。 会社を辞めたいと思っても、直ぐに退職することは難しいので、有給休暇を使いながら行きたくない気持ちにしばらく耐えることが必要です。

転職の目的は、あくまでも現在より良い環境に移ることで、単純に辞めたい、行きたくない気持ちを実現すれば終わりではありません。

会社を辞めたいの文字が頭に浮かんだり、毎朝行きたくないと口から出るようになった時は、上司に正直な気持ちを打ち明け考え直してもらい、それから転職計画を少しずつ進めることが、失敗して後悔に結び付かない転職の方法になります。

解決方法

地元でも転職後が良い環境とは限らない!仕事を辞める前は焦らず下調べを

転勤が理由で仕事を辞めたい、職場環境に問題があって行きたくないのであれば、身近な企業に転職することが一つの解決方法です。 ただ、地元の企業に転職しても、それが良い結果に変わる保証は誰にもないと考えられます。

転勤を避ける目的である時、仕事を辞めたいと考えて転職するのは妥当で、通常は地元の身近な働き口を見付けるものです。 ところが、地元で今より良いと考えられる企業でも、いざ転職して働き始めてみれば、以前の方がマシだったという結果になっても不思議ではないでしょう。 その結果に陥る理由は、仕事を辞めたい、行きたくないという気持ちが強い中で、冷静な判断が行えないまま転職に踏み切ってしまうことにあります。

他にも、地元志向が強過ぎて、幅広くあるはずの選択肢が狭まることも原因の一つに加わります。 仕事を辞めたい、転勤をどうしても避けたいと思うならば、仕事を辞めた後のことを考える必要がありますし、会社に行きたくないと思い詰めるよりも、前向きに解決策を探す方が現実的です。

会社に命令される転勤よりも、自ら考え判断する地方を含めた転職の方が、結果は明るく前向きになり得ます。 転勤の言い渡しを始めとして、今の仕事を辞めたい募る思いを通過し、新しい勤務地に行きたくない場合は、自ら選択肢を狭めない慎重な判断が必要です。 まずは活かせる能力と経験を武器に、幅広く企業の下調べから始めて、後悔よりも希望が感じられる選択肢を選ぶことがポイントです。 今の会社を続けたくない、毎日会社に行きたくないと思った時は一度頭を冷静にして、情報を集め分析を始めることが大切です。

このお悩みを見た人は、こんな職業を見ています

悩み無用の会員登録で新しいスタートをきりましょう!

無料会員登録

よく読まれている記事

  • 転職お金の相談

    転職を思い立った時、また転職をする際は、何かと「お金」に関わる出来事が関わってくるかと思います。「給与の未払い」や「雇用保険の未払い」などなど、転職に…続きを読む

  • 仕事内容と年収

    仕事内容と年収とは、都道府県別に色々な職種の気になる仕事内容と年収を赤裸々に紹介しています。地域の特色や、そこからみえる年収も紹介しているので、気にな…続きを読む

  • 職種事典

    職種辞典とは、私達の周囲にあるさまざまな職種の内容を、わかりやすく説明している辞典です。”その職業に就きたい!”と思っても、仕事内容をしっかり理解していなければ転職先と…続きを読む

  • 業界トレンドナビ

    業界トレンドナビとは、転職する際に気になる各業界の動向をチェックできます。アパレル・インテリア、エンターテイメント、サービス、製造、マスコミ、メディカルなどなど、…続きを読む

  • 20代の転職

    20代の転職(20代の平均年収・転職回数)とは、20代で転職した先輩達の体験談を転職回数や年収などをふまえ、その時の思いや転職後の状況など赤裸々に紹介しています。先輩達のキャリアアップや…続きを読む

  • キャリアデザイン発想法

    キャリアデザイン発想法とは、あなたがキャリアを考え時の考え方や着眼点について、より具体的にわかりやすく解説します。キャリアを考えるには仕事のみの関係性にフォーカス…続きを読む

おすすめコーナー

  • 第二新卒・既卒のための転職就活情報

    第二新卒・既卒のための転職就活情報とは、第二新卒・既卒のための求人情報はもちろん、就活に役立つ第二新卒のメリット・デメリットを、ちょっぴりご紹介しています。…続きを読む

  • 企業が求める転職スキルランキング

    企業が求める転職スキルランキングとは、エンジニアスキル・営業スキル・事務スキル・ITスキルなど、各経験スキルに応じて業種別に企業が求めるランキングを掲載しています。…続きを読む

「やりたいこと」をみつけよう!CMAP(シーマップ)!