仕事お悩み相談|求人情報なら転職サイト[PROSEEK]

転職サイトPROSEEK > 転職コラム > 仕事お悩み相談 > 厳しい第二新卒の就活はデメリットを超えるメリットに注目
お悩み

厳しい第二新卒の就活はデメリットを超えるメリットに注目

第二新卒者の悩み|経歴の浅さから決まらない就活の厳しさにぶち当たる

転職理由最近では新卒で就職をしても3年も経たないうちに辞めてしまうという人が約3割いて「第二新卒者」という言葉まである時代です。第二新卒者の年齢はおよそ20歳から25歳くらいですが、20代全体をさすこともあります。

新卒で就活をするときにはまだ社会のことや企業のことを知らず、とにかく自分が好きな仕事、または嫌いではない職種で内定をもらいたいという一心で就活をする人がほとんどです。

そして実際に採用されて就職をし始めると、「イメージが違う」「仕事が面白くない」「人間関係が厳しい」など厳しい現実を突きつけられ、仕事を続けることのメリットが考えられずデメリットばかり考えてしまうようになってしまうのです。

そしてもっと自分に合った仕事がしたいということで転職を考えるようになります。だからメリットを考えての早期退職ということになっていたはずです。

しかし世間では、まだ仕事のことも十分にわかっていない早期に、退職をするということがデメリットになるという厳しい判断を下す企業もあることも否めません。それが第二新卒者が就活に踏み切ろうとするときのデメリットになってしまうことがあります。

また第二新卒者や既卒者はいくら社会経験をしたとはいえ、まだまだ浅い経験であることがほとんどなので堂々と就活に立向かうことができなくて、なかなか決まらないという厳しい現実に立ち向かうこともあるでしょう。第二新卒者でも厳しい面接を繰り返すと壁にぶち当たります。

どの企業でも自分は不必要なのではと自暴自棄になったりして第二新卒のデメリットばかりが浮き上がってくるのです。

20代という若さで、社会経験も浅い状態で就活をすると多くの人がこのような不安や悩みを抱えることになります。そして第二新卒の厳しい就活がネガティブな方向に行ってしまうことがデメリットとなりさらに厳しいものとなってしまいます。

職場を辞めることは容易ではありません。ずいぶん悩んだ末に自分の人生を見つめなおすというメリットがあることを信じて退職をしたはずです。

そのメリットを信じて辞めたはずが後悔されデメリットとなり、それがますます就活を厳しいものにしてしまうことになります。

第二新卒の面接では、前職を辞めた理由や自社を受ける理由は必ず聞かれますが、その回答にデメリットの部分が多く含まれてしまうとますます就活はうまくいかなくなります。しかし第二新卒の就活はそれほど厳しいものでしょうか。

やめたことや転職をすることもメリットを多く考えて前向きな態度で就活に臨めば第二新卒でもよい結果が得られる可能性はないのでしょうか。第二新卒者が増えていますが将来がある若者をすぐに受け入れることがメリットと感じる企業もあるのではないでしょうか。

早期退職のデメリットは大きいものですがそれを上回るメリットを自分でしっかりと把握し、第二新卒のデメリットだけでなくメリットを認めてもらえるような就活をすることが望ましいのです。

厳しい就活を脱出するためにメリットとデメリットを見据えてしっかり説明できるようにしましょう。厳しい面接もデメリットよりメリットに重点を置いて回答し企業もメリットを感じてもらえるようにしたいものです。

解決方法

メリットデメリット知ることが大事!第二新卒者の就活脱出の近道とは

第二新卒は「すぐに辞めるのではないかと思われる」デメリットばかりではありません。3年未満という早期退職はデメリットといえども「厳しい社会経験を積んでいることでビジネスマナーや仕事の大変さを知っているので、初めての就職の時ほど悩むことがなく頑張ってもらえるだろう」という期待を持ってもらえるというメリットがあります。

またそのような厳しい経験があるから研修などコストをかけずに活躍が期待されるというメリットもあります。さらにまだ20代の若さで体力があり、前の職場の経験も長くないので柔軟な頭で新しい仕事を受け入れられると期待されるメリットもあるのです。

このように第二新卒には、デメリットよりもメリットの方がむしろ多いこともあるので、企業としてもプラス評価をしてもらえるかもしれません。

そこで第二新卒の厳しいと思われる就活も過去の経験を活かして堂々と行うとよいでしょう。そのためには「前の会社をなぜやめたのか」ということを明確にしたうえで、「自分の課題はどのようなことか」「力を注ぐポイントはどこか」ということを探り、今度こそ定年まで続けられるような仕事を選び、また厳しい現実と向き合った時はどうすればよいかなども考えて、前向きに就活をしていくことが第二新卒の就活を脱出する近道となることでしょう。

就活にはまず面接を突破する必要があります。厳しい面接もあるでしょう。第二新卒にはデメリットもメリットもありますが、デメリットよりもメリットを感じてもらうような前向きな面接で就活を脱出しましょう。そしてその言葉を実践できるように頑張りましょう。

このお悩みを見た人は、こんな職業を見ています

悩み無用の会員登録で新しいスタートをきりましょう!

無料会員登録

よく読まれている記事

  • 転職お金の相談

    転職を思い立った時、また転職をする際は、何かと「お金」に関わる出来事が関わってくるかと思います。「給与の未払い」や「雇用保険の未払い」などなど、転職に…続きを読む

  • 仕事内容と年収

    仕事内容と年収とは、都道府県別に色々な職種の気になる仕事内容と年収を赤裸々に紹介しています。地域の特色や、そこからみえる年収も紹介しているので、気にな…続きを読む

  • 職種事典

    職種辞典とは、私達の周囲にあるさまざまな職種の内容を、わかりやすく説明している辞典です。”その職業に就きたい!”と思っても、仕事内容をしっかり理解していなければ転職先と…続きを読む

  • 業界トレンドナビ

    業界トレンドナビとは、転職する際に気になる各業界の動向をチェックできます。アパレル・インテリア、エンターテイメント、サービス、製造、マスコミ、メディカルなどなど、…続きを読む

  • 20代の転職

    20代の転職(20代の平均年収・転職回数)とは、20代で転職した先輩達の体験談を転職回数や年収などをふまえ、その時の思いや転職後の状況など赤裸々に紹介しています。先輩達のキャリアアップや…続きを読む

  • キャリアデザイン発想法

    キャリアデザイン発想法とは、あなたがキャリアを考え時の考え方や着眼点について、より具体的にわかりやすく解説します。キャリアを考えるには仕事のみの関係性にフォーカス…続きを読む

悩んだらまずは行動!履歴書・職務経歴書ダウンロード

  • 履歴書ダウンロード

    職務経歴書の書き方とは、職務経歴書作成のコツを紹介しているコンテンツです。とくにご注目いただきたいのが職務経歴書フォーマットダウンロードサービス。…続きを読む

  • 職務経歴書ダウンロード

    履歴書の書き方とは、写真・捺印など基本のポイントや、やってしまいがちなタブー集をまとめたコンテンツです。また、社会人経験のある・なしに応じて履歴書を…続きを読む

おすすめコーナー

  • 第二新卒・既卒のための転職就活情報

    第二新卒・既卒のための転職就活情報とは、第二新卒・既卒のための求人情報はもちろん、就活に役立つ第二新卒のメリット・デメリットを、ちょっぴりご紹介しています。…続きを読む

  • 企業が求める転職スキルランキング

    企業が求める転職スキルランキングとは、エンジニアスキル・営業スキル・事務スキル・ITスキルなど、各経験スキルに応じて業種別に企業が求めるランキングを掲載しています。…続きを読む

「やりたいこと」をみつけよう!CMAP(シーマップ)!