転職サイトは[PROSEEK]役立つ求人情報が満載

全国の求人情報満載の総合求人サイト
転職サイトPROSEEK > 転職コラム > 仕事お悩み相談 > 独立のために仕事を辞めたいけれど転職と迷ってしまう時は
会員登録
お悩み

独立のために仕事を辞めたいけれど転職と迷ってしまう時は

仕事を辞めたい方の声|独立したいけど転職の方が安泰な気がして迷う

転職・独立の動機会社で仕事をしているといろんなストレスがあり、辞めたいと思うこともあります。例えば人間関係です。新入社員で会社に入ったような場合、先輩である社員に仕事を教えてもらう訳ですが、中には教え方の雑な先輩もいます。

それだけならまだいいのですが、例えば普段は先輩面をして後輩に厳しく接してきて、飲み会の席にでもなれば部下に盛り上げ役を強要してくるようなタイプの先輩社員がいるとやめたい気持ちはさらに強くなるのではないでしょうか。

また、上司にも辞めたいほどのストレスを感じることは多いです。仕事の指示の仕方が曖昧でどっちがいいかの判断が出来ないような上司もいますし、何度も書類の作り直しをさせるような上司もいます。こういう職場では、つい辞めたいと考えてしまったりします。しかし、こういった場合に転職して今と同じ業界で働き続けるか、または独立して自分で仕事を始めるかどっちがいいかは悩むものです。

独立と転職のどっちが将来を考えると良いのかも20代ではなかなか分からないからです。従って仕事を辞めたいと思いつつも踏ん切りがつかなくて今の会社に在籍し続けるという状態になるのです。その状態では日々会社でストレスを溜め続けることになり、結局毎日辞めたいと思いながら会社に通い、転職や独立のことが頭に浮かぶ状態になるのです。辞めたい理由が人間関係でなく、仕事の内容そのものである場合は、転職や独立は視野に入れて考えることも悪くないでしょう。

例えば出版関係の会社に入ったものの、飲食業界にも興味があったという場合は、仕事をしていても本当はどっちがしたかったんだろうと、今の仕事に集中できなかったり、辞めたいと思ってしまうこともあります。

独立の費用転職と独立のどっちがいいかで悩む場合は、とりあえずお金の面で安心な転職を選ぶことがベターでしょう。どっちも会社を辞めることには変わりありませんが、他の会社に転職するだけならさほど費用はかかりません。

しかし独立の場合は事務所も借りなければなりませんし、転職と違って仕事がない月の収入の不安もあります。独立の場合、自分の自宅で始めて事務所を持たなくてもいいのですが、その場合でも収入が安定するかの不安は大きいです。

転職、独立のどっちにせよ、辞めたいと考えながら職場で働くのは辛いものです。しかしそういった会社に就職してしまった以上は嘆いても仕方ありませんので、何とかして辞めたい状況から脱出するような手段を考えたいものです。転職、独立のどっちにしても、資格が必要な職種に変わりたいと思うような場合は、まずはその取得に全力を尽くせばいいでしょう。その場合、今の会社に居続けながら先で独立か転職かどっちにするかを模索すればいいのです。

どっちにしても自分が希望する仕事で必要なスキルになるわけですから、辞めたいと考えたことをきっかけにそれに向かって付き進むという姿勢でいいのです。

人生には仕事以外にもいろんな場面で悩むことがあります。どっちにしようかと悩んだり、辞めたいと思う事柄に遭遇することもしばしばありますが、その時はとりあえずそれに向かって今自分が出来ることを精一杯するという姿勢が大事です。

転職か独立かどっちが最適かは、仕事の内容や個人の考えによるところも大きいです。

解決方法

独立と転職どっちを選ぶと良い?大事なのは準備は万端かという点のみ

今の仕事を辞めたくて転職や独立を視野に入れる場合、大事なのはその準備が万端かという点です。

今の職場が嫌でそこを辞めたい一心で転職や独立をすると、後になって後悔することになります。辞めたいと思って働いている今の会社も、実は制度や給料面では自分は保護されているのだということを知っておくべきです。

転職、独立のどっちかで悩んでいる場合は気付かないかもしれませんが、毎月安定的に給料がもらえたり、自分が休んでも代わりの人がやってくれるなどというのはありがたい面も多いのです。従って単に今の仕事が嫌で辞め、転職か独立かどっちがいいかで悩むことは避けたいものです。

転職、独立のどっちにしても、明確な先のビジョンを持って仕事をすることが必要になります。生半可な気持ちで辞めたい気持ちだけが先走って今の仕事を辞めてしまえば、次の仕事もどっちつかずの状態になる可能性は高いです。

従って自分が会社を辞めたいと思った気持ちと向き合い、転職、独立のどっちを選択したとしても明るい未来が待っている青写真を描いておかねばなりません。将来、結婚して所帯を持てば、今回のように辞めたいから今の仕事を辞めると簡単に言えない状態になっていることも考えられます。従ってそういったことにならないよう、自分の行動には常に責任を持つように心がけたいものです。

このお悩みを見た人は、こんな職業を見ています

悩み無用の会員登録で新しいスタートをきりましょう!

無料会員登録

よく読まれている記事

  • 転職お金の相談

    転職を思い立った時、また転職をする際は、何かと「お金」に関わる出来事が関わってくるかと思います。「給与の未払い」や「雇用保険の未払い」などなど、転職に…続きを読む

  • 仕事内容と年収

    仕事内容と年収とは、都道府県別に色々な職種の気になる仕事内容と年収を赤裸々に紹介しています。地域の特色や、そこからみえる年収も紹介しているので、気にな…続きを読む

  • 職種事典

    職種辞典とは、私達の周囲にあるさまざまな職種の内容を、わかりやすく説明している辞典です。”その職業に就きたい!”と思っても、仕事内容をしっかり理解していなければ転職先と…続きを読む

  • 業界トレンドナビ

    業界トレンドナビとは、転職する際に気になる各業界の動向をチェックできます。アパレル・インテリア、エンターテイメント、サービス、製造、マスコミ、メディカルなどなど、…続きを読む

  • 20代の転職

    20代の転職(20代の平均年収・転職回数)とは、20代で転職した先輩達の体験談を転職回数や年収などをふまえ、その時の思いや転職後の状況など赤裸々に紹介しています。先輩達のキャリアアップや…続きを読む

  • キャリアデザイン発想法

    キャリアデザイン発想法とは、あなたがキャリアを考え時の考え方や着眼点について、より具体的にわかりやすく解説します。キャリアを考えるには仕事のみの関係性にフォーカス…続きを読む

悩んだらまずは行動!履歴書・職務経歴書ダウンロード

  • 履歴書ダウンロード

    職務経歴書の書き方とは、職務経歴書作成のコツを紹介しているコンテンツです。とくにご注目いただきたいのが職務経歴書フォーマットダウンロードサービス。…続きを読む

  • 職務経歴書ダウンロード

    履歴書の書き方とは、写真・捺印など基本のポイントや、やってしまいがちなタブー集をまとめたコンテンツです。また、社会人経験のある・なしに応じて履歴書を…続きを読む

おすすめコーナー

  • 第二新卒・既卒のための転職就活情報

    第二新卒・既卒のための転職就活情報とは、第二新卒・既卒のための求人情報はもちろん、就活に役立つ第二新卒のメリット・デメリットを、ちょっぴりご紹介しています。…続きを読む

  • 企業が求める転職スキルランキング

    企業が求める転職スキルランキングとは、エンジニアスキル・営業スキル・事務スキル・ITスキルなど、各経験スキルに応じて業種別に企業が求めるランキングを掲載しています。…続きを読む