仕事お悩み相談|求人情報なら転職サイト[PROSEEK]

転職サイトPROSEEK > 転職コラム > 仕事お悩み相談 > 転職に失敗して出戻りになっても同僚の目を気にしないで
お悩み

転職に失敗して出戻りになっても同僚の目を気にしないで

転職して失敗したという方の声|前職に出戻りで同僚の視線が辛い

出戻りのパターン転職をして失敗したと考える人も多いものです。このような場合、前の会社に戻ることは、会社側としてもご自身としても難しく感じるでしょう。

といっても出戻りのパターンとして前職の場所に戻ってこられる人もいます。これは、プライベートで問題が起こり仕事と両立できず辞めるという場合です。例えば親の介護や自身の病気・怪我、女性の場合は妊娠出産により離職して、ある程度子供が大きくなったので出戻りをするという事があります。この場合同僚からの理解も得やすく、上司も気持ちよく戻って来いといえるでしょう。

また、上司にとっていい部下だったり、同僚から見ていい人だったという場合、前の会社でそのような人たちが出世してポストを得ていれば時に前職の会社から戻ってこないかとお誘いがあることもあるようです。

この場合は条件がいい場合もありますし、前の雇用条件そのままで出戻りになることもあります。最近は前職との関係者や同僚などともSNSなどでつながり続けることも多いでしょうから、いろいろな形で転職に失敗しても出戻りしやすい風土があります。

ただ、それ以外の場合であればあまり歓迎されないという意見もあります。

前職のスキルと職場の関係例えば転職をするために退職していざ転職活動をしようとしても、前職での業務内容がとても限定的な業務内容であり、キャリアとしてもあまり魅力的ではない場合、失敗することは多いでしょう。外部で通用しない専門的すぎるスキルは前職では評価されても転職の際には評価されない、というようなこともあり、ここから再就職先が見つからないという失敗につながり、前職に戻ってくる可能性があるのです。

ただ、外部でも通用しないから戻ってきても、またいい所があればいつでも転職する可能性が高いとみなされ、前職でもあまり良い判断をされない場合があるようです。

また、出戻りといっても同僚との関係が良くなかった場合も気をつけましょう。同僚とのチームワークが悪かったり、一緒に働いている同僚から評判が悪かったり、そもそも同僚にもその人にも求められているスキルが欠けているという場合も失敗しやすい傾向があります。

転職に失敗してもそんな惨めな思いをしたくないと、出戻りに対していい印象を持つ人はそう多くありません。

といっても、前職の会社次第ということはある程度はあるのですが、それでも出戻りに関しては転職に失敗したとか同僚から陰口を叩かれたり同僚からの印象が悪いというイメージもあります。

また、日本のこれまでの考え方として、その会社を出たのに出戻りはいかがなものか、というのもあります。前職で同僚などに失敗したということを伝えるのが恥ずかしいと感じる方は少なくないでしょう。

仮に失敗しても、転職の際には失敗しても戻って来ない、と腹をくくるのも一つの方法です。といっても前職よりもいい条件ならば出戻りもありでしょうし、転職の際に待遇面を考えているのなら、ある程度内情は知っているので悪いところではありません。ただ、出戻りに対して失敗というようにいい印象を抱かない会社が多いのも実情です。

解決方法

転職後の出戻りは珍しくない!仕事の即戦力ぶりが歓迎されることも

ところで、ここ最近は出戻りを歓迎する風潮が出てきているのはご存知でしょうか。

この理由は様々ですが、まずは前職で経験したことがそのまま活かせるということがあります。失敗や成功、仕事についてのノウハウをそのまま活かせるというのはとても大きなものでしょう。

次に転職の際に世間での自分のスキルを見てやっぱりあの会社が良い、と出戻ることもあります。自分が最も活かせる会社に転職しようとしたけれど、結局は前職がそうだったという場合です。この場合でも、出戻りは歓迎されるでしょう。

ちなみに転職の出戻りでも歓迎される人の場合、基本的に同僚との仲が良く、ある程度仕事ができる人、ということがあります。同僚との関係も良好でチームワークも取れ仕事もそれなりにできるため、出戻りの際に歓迎されやすいのです。前職でもむしろ戻っておいでと定期的に声をかけられるので、失敗しても戻る場所があるのは心強いでしょう。

ちなみに同僚からすれば、仕事ができてチームワークもいい人が同僚に戻ってくるのは歓迎しやすいのではないでしょうか。前職の会社での雰囲気や心がけ次第ですが、同僚からの支持の高い人ならば失敗しても前職の会社に出戻りということはあるものです。

また、出戻りの際にもし待遇面に不満があったというのなら、そのことを伝えて待遇面をしっかり考えてもらうのも、転職を失敗させても戻るためのいい方法になります。もちろん転職で失敗したので身の丈に合わない条件の可能性もありますが、できればというように交渉してみるのも方法です。

このお悩みを見た人は、こんな職業を見ています

悩み無用の会員登録で新しいスタートをきりましょう!

無料会員登録

よく読まれている記事

  • 転職お金の相談

    転職を思い立った時、また転職をする際は、何かと「お金」に関わる出来事が関わってくるかと思います。「給与の未払い」や「雇用保険の未払い」などなど、転職に…続きを読む

  • 仕事内容と年収

    仕事内容と年収とは、都道府県別に色々な職種の気になる仕事内容と年収を赤裸々に紹介しています。地域の特色や、そこからみえる年収も紹介しているので、気にな…続きを読む

  • 職種事典

    職種辞典とは、私達の周囲にあるさまざまな職種の内容を、わかりやすく説明している辞典です。”その職業に就きたい!”と思っても、仕事内容をしっかり理解していなければ転職先と…続きを読む

  • 業界トレンドナビ

    業界トレンドナビとは、転職する際に気になる各業界の動向をチェックできます。アパレル・インテリア、エンターテイメント、サービス、製造、マスコミ、メディカルなどなど、…続きを読む

  • 20代の転職

    20代の転職(20代の平均年収・転職回数)とは、20代で転職した先輩達の体験談を転職回数や年収などをふまえ、その時の思いや転職後の状況など赤裸々に紹介しています。先輩達のキャリアアップや…続きを読む

  • キャリアデザイン発想法

    キャリアデザイン発想法とは、あなたがキャリアを考え時の考え方や着眼点について、より具体的にわかりやすく解説します。キャリアを考えるには仕事のみの関係性にフォーカス…続きを読む

おすすめコーナー

  • 第二新卒・既卒のための転職就活情報

    第二新卒・既卒のための転職就活情報とは、第二新卒・既卒のための求人情報はもちろん、就活に役立つ第二新卒のメリット・デメリットを、ちょっぴりご紹介しています。…続きを読む

  • 企業が求める転職スキルランキング

    企業が求める転職スキルランキングとは、エンジニアスキル・営業スキル・事務スキル・ITスキルなど、各経験スキルに応じて業種別に企業が求めるランキングを掲載しています。…続きを読む

「やりたいこと」をみつけよう!CMAP(シーマップ)!