転職サイトは[PROSEEK]役立つ求人情報が満載

全国の求人情報満載の総合求人サイト
転職したいけど、なかなかその一歩を踏み出すことができない……。そんなジレンマを抱えている人に、転職の先輩が「自分が転職したきっかけ」を語りアナタの背中を後押しします。
第22回  施工管理職への転職理由・志望動機
もっと大きな建築に、もっと近くで関わりたい。
決心したとき、CADはメガホンに変わりました。
【前職】設計職 → 【現職】施工管理職
浦川 周一さん(仮名/31才)
Q:転職のきっかけはなんですか?
大型施設づくりに携わりたい
田舎から出てきてすぐ、はじめて見たサッカースタジアムの大きさに度肝を抜かれました。なんといっても大きい!(笑)。それを見たとき、「何とかこれぐらいの大型施設づくりに携われないか」と考え、まずは、学生時代のCAD経験を活かし、店舗設計を中心に手がける建築事務所に勤務しました。そこで建築土木設計の基礎を習得しながら5年ほど勤めたころ、地元のサッカーチームが、とある国際大会で優勝。そこから、あっという間にスタジアム建設の機運が高まり、建設計画が持ち上がりました。信頼できる筋から、具体的な新スタジアムの建設計画を入手した時点で「今だ」と決断。携われそうな建設系会社を調べました。
Q:この会社に決めた理由を教えてください
より現場に近いところで働ける
県・市を巻き込んでの大規模プロジェクトのため、携われる会社はいくつかあったのですが、その中でもプロジェクトのコアに入り込んでいける会社を調査。最終的に2社まで絞り込みました。迷いがなくなったのは、業務内容を詳しく聞いたとき。1社は、「設計職」募集で、周辺施設や道路整備などに携われる会社。もう一つは、スタジアムの内部まで携われる「施工管理」を募集している会社でした。施設がカタチになっていくところを近くで見たいし、もともと性格的にも「現場寄り」のほうがいいと思っていたので即、後者に決めました。
Q:転職して何か得たものはありますか
数多くの出会いと、毎日のやりがい
候補地も決定。県と市も本格的に予算を計上。当社も参画。幸い大きなトラブルもなく、とんとん拍子にプロジェクトは進行しています。まだ1年ちょっとなので、ようやく枠組みが出来上がったぐらいですが、とにかく、少しずつカタチになっていく過程がたまりません。先日、数千人単位の人間が携わっていると聞いて改めて驚きましたね。とは言え、スタジアム級の大型建設に携われる経験なんて、そんなにチャンスはないと思いますし、これに携わったんだということが単純にうれしい。将来、絶対に子どもに自慢してやろうと思っています(笑)。

会員登録しよう!

さらに充実!転職に便利な機能がつかえます。 情報を入力して企業からのスカウトに備えましょう!

会員登録