転職サイトは[PROSEEK]役立つ求人情報が満載

全国の求人情報満載の総合求人サイト
転職したいけど、なかなかその一歩を踏み出すことができない……。そんなジレンマを抱えている人に、転職の先輩が「自分が転職したきっかけ」を語りアナタの背中を後押しします。
第20回  社内開発SEへの転職理由・志望動機
ただ、「パパ」と呼んでほしい。
娘3歳。家族との時間を考えた。
【前職】客先常駐SE → 【現職】社内開発SE
中島忠生さん(仮名/32才)
Q:転職のきっかけはなんですか?
娘の言葉にドキリとした
母親のことは「ママ」と呼ぶのに、私のことは「おじさん」。これには、正直まいりました(笑)。たしかに、不規則になりがちな就業時間を言い訳に、コミュニケーション不足を見て見ぬふりしていたのは事実です。「家族のことを思えば、このままではいけない……」。そう真剣に考えはじめたのが転職のきっかけです。以前の会社は(規模を考えれば致し方ないのですが)、残業を前提にプロジェクトを受注していました。代表は、“何とか環境を改善したい”と努力してくださいましたが、その間にも娘はどんどん成長していく。私の頭に、ふと“フィールドを変える”という選択肢がよぎりました。
Q:この会社に決めた理由を教えてください
「残業ゼロ」に取り組んでいる会社だった
客先常駐より、多少とも融通の利く社内開発の会社をメインに転職活動をはじめました。加えて、ただ残業が少ないだけでなく、“なぜその会社は残業を少なくできるのか”という仕組みに注目しました。だから、こだわったのは、“面接で会社のプロマネと話す機会があるか”どうか。プロマネが適切な工程・納期管理を行っている会社なら、まず意味の無い残業はありません。社内開発なら、特にそれが顕著。そんなとき、会社をあげて「定時で帰ろう運動」などに取り組んでいる当社と出会ったのです。
Q:転職して何か得たものはありますか
念願の家族との時間、仕事もたのしくなりました
入社が決まれば、あとは家族のために前を向いてしゃかりきに働くだけ。これは入社してから気付いたのですが、どうやらクライアントとの直接取引の多さが、残業の少ない理由のひとつでした。それから社内開発になったことで、プロマネと一緒に働く時間が増え、何気ない会話や打ち合わせを通じて理論やノウハウを吸収できるようになった。これも、社内開発ならではのメリットですよね。いまは念願だった家族との時間も増え、以前より仕事もたのしくなりました。本当に、仕事も家庭も充実している毎日です。

会員登録しよう!

さらに充実!転職に便利な機能がつかえます。 情報を入力して企業からのスカウトに備えましょう!

会員登録