仕事お悩み相談|求人情報なら転職サイト[PROSEEK]

転職サイトPROSEEK > 転職コラム > 仕事お悩み相談 > 職歴詐称は自分を活かせる会社への転職機会を逃しているかも
お悩み

職歴詐称は自分を活かせる会社への転職機会を逃しているかも

転職に失敗した人の声|印象良くしようと職歴詐称したのがばれた

自分を偽る(職歴詐欺)就職活動をしたことがある人であれば、就職活動の大変さは痛いほど分かっていると思います。それが転職となると、同業他社であれば、根回しされると転職が難しくなることもあるでしょう。

職歴を詐称しているとばれた時には、その会社には居づらくなったり、業務自体に支障が出る可能性があります。転職に際して、職歴を詐称しても、専門業務であればあるほどばれた時に退職せざるを得なくなります。

また、職歴詐称がばれたとは言えない場合であっても、経験も知識もない業務で、失敗が多いことは想像に難くありません。それほど、転職自体リスクの大きいものです。

しかし、それは職歴を詐称してばれた時の場合であり、職歴を詐称していても、その分野でのスキルが高く、業務を失敗せずにこなしていれば案外重視されないものです。人の噂も75日と言われるように、徐々に忘れられたり認められたり、飲み会の席での笑い話にされるだけで、その会社自体にはなじめる人もいるのです。

転職の際に職歴を詐称してばれた場合には、ばれた当初は周囲の人からかなりのバッシングや、ちょっとした業務の失敗でも職歴詐称して転職してきたからと言われかねません。そして、その影響から業務が順調にこなせなくなり、結局また転職することになれば、転職自体が失敗と考えてもおかしくはありません。

しかし、どんなに失敗してもその会社で我慢して、業務をこなすことで、その誠実さや真面目さを見てくれる人は必ずいます。職歴詐称自体は褒められた行為ではありませんが、それをせざるを得ないほど入りたい職場であったという場合もあるのではないでしょうか。

どんな状況におかれても、それは転職失敗ではなく、詐称したことを責められている自分の責任であることを忘れてはなりません。そのことを周囲の人に明確に示しながら仕事をしていれば、必ず徐々に認めてくれる人があらわれ、増えていくことでしょう。

しかし、その場合はかなりハードルが高く、そのハードルを自分が高くしていることを考えることも必要です。

視野を広げる専門分野であっても職歴に関係なく就職できる会社はありますし、職歴を問わずに実力主義であったり、専門知識や専門技能さえあれば職歴は問わないところもたくさんあるのです。

つまり、転職の際に近視眼過ぎて、職歴に関係なく就職できる会社を探せていないだけである場合も多いということ。これを念頭に、根気強く自分の目標や理想、望んでいる業務や職場環境に適う会社をコツコツと探していく必要があるのです。ここで、新卒の就職活動に関して思い出してみてください。

全くの未経験でも就職できる会社はごまんとあります。

但し、就職活動は100社受けて1社も受からない人もいるのが、現状です。それを考えると、転職者が安易に自分の望みに適う会社に就職できるという考え自体が間違っているのです。それよりも、1社ずつコツコツと転職活動を行い、未経験であっても受け入れてくれる会社を見つけて就職する方が、初めのハードルは低く、頑張れば頑張るほど評価してもらえるのです。

大変なことではありますが、1つ1つ経験と思って挑戦していきましょう。

解決方法

転職は根気が大切!職歴に関係なく就職できる会社はある

転職の際に職歴詐称して入った会社は、もしばれた場合には少しの失敗が取り沙汰され、大きな失敗とされることは良くあります。従って、転職の際に職歴詐称することは、自ら高いハードルとリスクを背負って入社するのと同じことなのです。

それならば、多少困難になってでも、自分の職歴を詐称せずにコツコツと転職活動をする方が堅実ではないでしょうか。

職歴詐称がばれた場合の心配をする必要もなく、入社後何らかの失敗をしたとしても周囲にフォローしてくれる人はたくさんあらわれます。大切なのは職歴詐称してばれた場合のことを心配するよりも、初めの困難は大きくても、転職活動自体をコツコツと地道に行って、自分の現在の状況に合った会社を見つけることにあります。

つまり、職歴に関係なく人材を求めている会社や徐々にスキルアップできるように考えてくれている会社に転職することができれば、この問題は起こりえません。

最初に苦労した場合には、後は楽しく、楽なことが多く待っています。それを誤魔化した場合には退社や会社内での業務の支障などに怯えながら、辛い仕事をこなすだけの生活になります。

結果としてまた退社することになってしまえば、本来の目的である、自分をより活かせる場所や仕事のためではなくなるでしょう。誤魔化し続けた自分にビクビクしながら仕事をしていく羽目になるのです。どんな人でも就職できる会社は必ずありますので、困難にめげずに正直に転職活動することをおすすめします。

このお悩みを見た人は、こんな職業を見ています

悩み無用の会員登録で新しいスタートをきりましょう!

無料会員登録

よく読まれている記事

  • 転職お金の相談

    転職を思い立った時、また転職をする際は、何かと「お金」に関わる出来事が関わってくるかと思います。「給与の未払い」や「雇用保険の未払い」などなど、転職に…続きを読む

  • 仕事内容と年収

    仕事内容と年収とは、都道府県別に色々な職種の気になる仕事内容と年収を赤裸々に紹介しています。地域の特色や、そこからみえる年収も紹介しているので、気にな…続きを読む

  • 職種事典

    職種辞典とは、私達の周囲にあるさまざまな職種の内容を、わかりやすく説明している辞典です。”その職業に就きたい!”と思っても、仕事内容をしっかり理解していなければ転職先と…続きを読む

  • 業界トレンドナビ

    業界トレンドナビとは、転職する際に気になる各業界の動向をチェックできます。アパレル・インテリア、エンターテイメント、サービス、製造、マスコミ、メディカルなどなど、…続きを読む

  • 20代の転職

    20代の転職(20代の平均年収・転職回数)とは、20代で転職した先輩達の体験談を転職回数や年収などをふまえ、その時の思いや転職後の状況など赤裸々に紹介しています。先輩達のキャリアアップや…続きを読む

  • キャリアデザイン発想法

    キャリアデザイン発想法とは、あなたがキャリアを考え時の考え方や着眼点について、より具体的にわかりやすく解説します。キャリアを考えるには仕事のみの関係性にフォーカス…続きを読む

悩んだらまずは行動!履歴書・職務経歴書ダウンロード

  • 履歴書ダウンロード

    職務経歴書の書き方とは、職務経歴書作成のコツを紹介しているコンテンツです。とくにご注目いただきたいのが職務経歴書フォーマットダウンロードサービス。…続きを読む

  • 職務経歴書ダウンロード

    履歴書の書き方とは、写真・捺印など基本のポイントや、やってしまいがちなタブー集をまとめたコンテンツです。また、社会人経験のある・なしに応じて履歴書を…続きを読む

おすすめコーナー

  • 第二新卒・既卒のための転職就活情報

    第二新卒・既卒のための転職就活情報とは、第二新卒・既卒のための求人情報はもちろん、就活に役立つ第二新卒のメリット・デメリットを、ちょっぴりご紹介しています。…続きを読む

  • 企業が求める転職スキルランキング

    企業が求める転職スキルランキングとは、エンジニアスキル・営業スキル・事務スキル・ITスキルなど、各経験スキルに応じて業種別に企業が求めるランキングを掲載しています。…続きを読む

「やりたいこと」をみつけよう!CMAP(シーマップ)!