仕事お悩み相談|求人情報なら転職サイト[PROSEEK]

転職サイトPROSEEK > 転職コラム > 仕事お悩み相談 > 海外勤務の後に仕事を辞めたいと思ったら優先事項を考えよう
お悩み

海外勤務の後に仕事を辞めたいと思ったら優先事項を考えよう

仕事を辞めたい人の声|海外から帰国後やりがいのない部署に入れられた

海外の仕事海外に赴任してから帰国すると、海外での仕事と帰国後の仕事のスキルの必要性の違いから、辞めたいと考える人が増えています。

なぜなら、海外では比較的自己責任の下、挑戦していくスタイルでの仕事が多い反面、日本では既にできあがったスタイルの仕事を継続してコツコツと行うだけのことが多いからです。

それは、工場のラインのように同じものを同じように扱っていくのと変わりないと感じてしまうのでしょう。

また、当然ながら海外で培ったスキルも日本では不必要なことも多いため、海外赴任したキャリアが充分に生かせないのも原因の1つとなっています。

そして、そのように得たものは多くても使うところがない一方で、ずっと日本にいた同僚などからは嫉妬されることになるケースも珍しくありません。

国内や社内の現状が分からないため、スキルがあるにも関わらず、日本での仕事はうまくいかないという事態にも遭うことがあります。キャリアアップのために海外赴任したはずが、帰国してもスキルが思うように使えなければ仕事を辞めたいと考えるのも無理はありません。

本来は会社側が海外から帰国した人に対して、スキルの評価がなされることで辞めたいと言うのを思いとどまらせる必要があります。

帰国後にもうまくスキルを生かす方法を会社側が構築していれば、このような形で辞めたいという人は、帰国後2年の内に25%も増えることはなかったでしょう。

しかし、現状は帰国後2年以内に辞めたいと言う人が増えており、これは会社側の本質的な問題であると言えます。

思考と本人の変化他方では、海外から帰国して辞めたいと考えている本人の問題もあります。事業自体は様々な形態がありますが、しっかりと会社の土台を支える仕事とどんどん先を開拓していき、広げていく仕事では、同じ会社でも真反対の業務になるのは当たり前です。

同じ会社で同じことをしているのであれば、スキルの査定はより厳しくなり、認められることも少なくなるのは必定です。それを海外赴任して経験やキャリアをあげたからといって、それだけで帰国後のスキルまで上がっているとか、評価されると思うのは、少し早計過ぎるのではないでしょうか。

そのような思考で働いている間は、会社という集団で長い間勤務することが困難になるのは当然とも言えるのです。

ここで大切なのは、本人の変化に伴って、会社の業務が合わないのであれば、海外で培ったスキルを活かせる仕事を探すのも1つの手であるということです。

反対に、帰国後日本の業務に中々なじめなくても、努力して周囲と協調できるようになれば、転職を考えることもなくなります。スキルとキャリアとのバランスが取れる上に、他の人よりも会社自体を俯瞰して見ることができるようになったという強みをしっかりと活かせるからです。

時には会社の方針に逆らってでも良い結果を残したり、良い意見を提示したりし、長期的に見るとキャリアも上がっていくことは充分に考えられます。

反対に、どうしても帰国後、その会社になじめないというのであれば、環境を変えてみるのも良いでしょう。海外赴任時に培ったスキルを存分に使える仕事を探すことで、自分の能力を余すことなく発揮できれば、仕事も人生も楽しくなるはずです。

解決方法

意外と多い帰国後の転職!スキルを活かせる仕事を探すのもあり

海外での仕事は、比較的常に挑戦し、自分を前に出して表現していくことで評価されることが多いもの。日本に帰国してから仕事をすると、物足りなさや辞めたいという気持ちが湧く人も多いのです。

海外で経験し、培った仕事はどの事業においても有用なことが多いため、求められるスキルさえ持っていれば、帰国後他の会社へ転職するのも良いでしょう。自分のスキルを活かし、辞めたいという気持ちから楽しいという気持ちに変えて前向きに生きていくためには、必要な悩みでもあるのです。

当然ながら、海外から帰国して、そのままその会社でスキルを活かせる部署などを探すのも1つの方法です。

ただし、辞めたいと一度思ってしまったものを、無理に押さえ込むことで仕事の能力が落ちてしまっては本末転倒となります。まずは、帰国した際に感じた会社のバランスの悪さを指摘し、自分ができること、すべきことを確認してみましょう。

それがその会社と折り合いがつかないようであれば、海外で得たスキルを活かせる仕事は現在の日本ではたくさんあります。

つまり、会社という枠組みで考えるのではなく、今自分が持っているスキルをどのように、どんな場所で使うかを考えるのです。自分がより楽しく、活き活きと生きることができ、また会社に貢献することができるかを熟考します。その結果、転職するか否かを決めるのが、本人にとっても会社にとっても一番良い方法です。

このお悩みを見た人は、こんな職業を見ています

悩み無用の会員登録で新しいスタートをきりましょう!

無料会員登録

よく読まれている記事

  • 転職お金の相談

    転職を思い立った時、また転職をする際は、何かと「お金」に関わる出来事が関わってくるかと思います。「給与の未払い」や「雇用保険の未払い」などなど、転職に…続きを読む

  • 仕事内容と年収

    仕事内容と年収とは、都道府県別に色々な職種の気になる仕事内容と年収を赤裸々に紹介しています。地域の特色や、そこからみえる年収も紹介しているので、気にな…続きを読む

  • 職種事典

    職種辞典とは、私達の周囲にあるさまざまな職種の内容を、わかりやすく説明している辞典です。”その職業に就きたい!”と思っても、仕事内容をしっかり理解していなければ転職先と…続きを読む

  • 業界トレンドナビ

    業界トレンドナビとは、転職する際に気になる各業界の動向をチェックできます。アパレル・インテリア、エンターテイメント、サービス、製造、マスコミ、メディカルなどなど、…続きを読む

  • 20代の転職

    20代の転職(20代の平均年収・転職回数)とは、20代で転職した先輩達の体験談を転職回数や年収などをふまえ、その時の思いや転職後の状況など赤裸々に紹介しています。先輩達のキャリアアップや…続きを読む

  • キャリアデザイン発想法

    キャリアデザイン発想法とは、あなたがキャリアを考え時の考え方や着眼点について、より具体的にわかりやすく解説します。キャリアを考えるには仕事のみの関係性にフォーカス…続きを読む

おすすめコーナー

  • 第二新卒・既卒のための転職就活情報

    第二新卒・既卒のための転職就活情報とは、第二新卒・既卒のための求人情報はもちろん、就活に役立つ第二新卒のメリット・デメリットを、ちょっぴりご紹介しています。…続きを読む

  • 企業が求める転職スキルランキング

    企業が求める転職スキルランキングとは、エンジニアスキル・営業スキル・事務スキル・ITスキルなど、各経験スキルに応じて業種別に企業が求めるランキングを掲載しています。…続きを読む

「やりたいこと」をみつけよう!CMAP(シーマップ)!