業界トレンドナビ|求人情報なら転職サイト[PROSEEK]

転職サイトPROSEEK > 転職コラム > 業界トレンドナビ > 教育学習支援(パソコン教室)

転職の際に、希望する業界の動向を知る事はとても重要。業界トレンドナビでは、多種多様な業界の最新情報を集めました。さっそく業界トレンドをチェック!

教育学習支援
パソコン教室

パソコン教室業界の特徴は、大手家電量販店などがそのフロアの一部分を開放して、月謝制やあるいは一回当たりの料金といった具合に受講料を決めている傾向が強くありました。しかしながら、今ではプライベートで使用する場合がスマートフォンやタブレット端末などに押されていて、パソコン教室業界自体が縮小傾向にあります。そのため、何らかの特色を強く出して行かないと生き残れない時代になってきているのが現状です。 公認検定試験などに特化することで生き残りをかけているところが多く目立つ一方で、先述のような単なる操作だけの教室ではもう収益が取れないという状況になってきています。教える側もパソコン教室業界には数年前までの活気差が見られなくなってきていることから、地方では特にこうした教室が閉鎖されている現状があるために、徐々にこうした教室自体が整理縮小傾向にありますから、教師陣なども徐々に質も数も少なく劣化してきているという状況です。 都市圏で資格を目指す人向けの講座などの開校で生き残りをかけているような状況であると言えます。

パソコン教室業界は操作だけの教室にはもはや人が集まりません。特にこの傾向は地方で強く、かつて郊外型の家電量販店で賑わった教室も、徐々に閉鎖の流れが加速しています。そのため、某会社などは専門資格講座に受講生を集めて、就職支援などにも当たるような仕事と密接に関係するような業務形態に変化してきています。 救いがあるのは日本の社会の中で、機密情報の扱いなどの問題もありタブレット型端末を使用しての仕事がそれほど定着はまだしていないということです。また、紙ベースでの打ち出しなどの関係上、従来型のパソコンなどでの据え置き型で仕事をせざるを得ないという点も挙げられます。 こうしたことからパソコン教室業界も、仕事に役立つことを目的とした資格取得の支援の方向性をより一層強めている現状があります。今後もこの流れは継続していくと見られています。 先述のように外に持ち出されると困る機密情報が多くあります。そのため、そうした機密情報の取り扱いや漏洩には十分に気を付けざるを得ず、タブレット型で外で仕事をするといった光景は日本では全くなじまないと見られていますから、今後もよほどのことがない限りこの流れは継続していくと見られています。


会員登録しよう!

さらに充実!転職に便利な機能がつかえます。 情報を入力して企業からのスカウトに備えましょう!

会員登録