仕事お悩み相談|求人情報なら転職サイト[PROSEEK]

転職サイトPROSEEK > 転職コラム > 仕事お悩み相談 > 仕事を辞めたいと感じる三年目は一般的にも転職率が高い
お悩み

仕事を辞めたいと感じる三年目は一般的にも転職率が高い

仕事を辞めたい方の声|最低三年は働かないと転職が難しそうで不安

三年目の転職仕事を辞めたいと考える人の中には、入社して数日や数ヶ月で転職を考えるという人も少なくありません。新しい環境の中で早く仕事ができるようにならなければならないプレッシャーや人間関係の悩みなどで、誰もがストレスを感じる時期です。とはいえ、数日しか勤務していない職場を職歴として残すことはできません。

また、仮に履歴書に書くとしても、転職先で「この人は採用してもすぐに辞めそうだ」と考えられる可能性が高いため、マイナス要素にしかならないと感じる人も多いのではないでしょうか。よって、仕事を辞めたいと感じる人はその気持ちと付き合いながら、最低でも三年は同じ職場に留まらなくては、と考えることが多いようです。一年や二年ではやはりすぐに転職する人というイメージが付きやすいと言われていますが、三年勤続歴があれば、ある程度の仕事ができるだろうと捉えられます。そのため一刻も早い転職を考えるには、ベストなタイミングであると考える人が多いのかもしれません。

実際に転職率を見てみると、多くの人が仕事に慣れてくる三年や五年といったタイミングで転職をしているというデータがあります。転職が珍しくない現代では、三年という区切りでの転職率もけして低くはないのです。とはいえ、やはり前職の勤続年数は長い方が面接官の印象は良いでしょう。仕事を変える際は、転職率の高さだけで判断するわけにはいきません。

面接では、今の職場を辞めたいと思った理由を当然問われますし、三年という短い期間でどのようなスキルを身に付けたのかシビアに評価されます。そのため、転職率が高いからといって全ての人が理想の職場に就けて、転職に成功しているのだとは言い切れないでしょう。辞めたいと思った時が辞め時だ、転職率が高い時期だから大丈夫だ、と安易に考えず、まずは今の職場で何らかのスキルを身に付ける必要があります。

元々、三年というタイミングは昔からある程度の市民権を得た考え方でした。多くの人が仕事の辛さに耐えながら、三年は頑張ろうと考えます。また、新卒で入社した場合は家族や友人に「最低でも三年は頑張った方が良い」と言われる人も珍しくなかったのです。

辞めたいストレス辞めたいと考えながら働き続けるのはストレスですが、三年という区切りをつけておくと、そこまでは頑張ろうと思えます。転職率の高い時期というのは、こうした習慣じみた考え方も影響しているのでしょう。

また、三年働き続ければ仕事をある程度覚えるようになります。そうなるとルーチンワーク化した毎日の作業が、ふとした瞬間に無意味なものに感じてしまう人もいます。このまま同じ職場で同じことを繰り返して、スキルは身に付くのだろうか。

将来通用するキャリアは形成できるのだろうか、と不安に思います。結果、前向きな理由で辞めたいと考えだすようになるのです。高い転職率となっている三年目は、自分の仕事やスキルの取得具合を省みる時期でもあります。職場や作業内容が嫌だから仕事を辞めたいのか、仕事に無意味さを感じたから辞めたいのか、理由は二極化しがちですが、転職率の高いこのタイミングで一度自身の状況を振り返ってみるのは良いことかもしれません。

解決方法

転職率が高いのは三年目!職歴の長さに縛られない現代の採用方針

転職率が高いとされる三年目は、多くの人が仕事を辞めたいと考えます。一方で自身のスキルが次の職場で通用するのかどうかという不安は拭えません。また、現代でこそ転職が珍しくないものとなりましたが、終身雇用が当たり前だった時代では、前職の勤続年数は重視されていたものです。たった三年で仕事を辞めたいと思う人間は、採用しても数年でまた辞めてしまうだろうと考えるのが一般的だったのです。

しかし、現代では前職の勤続年数が長い程良いという考えの他に、数年あれば十分だという考えも浸透しつつあるようです。たとえば転職率の高い三年という期間は、ある程度の仕事を覚えている他、ビジネスマナーを身に付けている可能性が高いです。

また、新卒で前職の経験が数年しかない場合は年齢が若いため教育しやすいという考え方、あるいは新しい業界の雰囲気に染まりやすいという考え方もあります。あまり他社で経験を積んでいないからこそ、新たに企業の色を身に付けやすいと捉えられるのです。

新卒者のスキル不足が懸念される中、積極的に第二新卒や中途退職者を採用しようとする企業も増えてきました。彼らの目的はまさしく「ある程度の社会人経験がある人」で、三年という勤続年数は丁度良い期間と考えられます。ビジネスマナーを一から教える必要がなく、すぐに仕事の仕方から教えられるからです。このことから、もし今の仕事を辞めたいと感じるなら、転職率の高い三年目は狙い目とも言えるでしょう。

勿論、その三年のうちに新しい職場でアピールできるスキルを身に付けておく努力は忘れてはなりません。

このお悩みを見た人は、こんな職業を見ています

悩み無用の会員登録で新しいスタートをきりましょう!

無料会員登録

よく読まれている記事

  • 転職お金の相談

    転職を思い立った時、また転職をする際は、何かと「お金」に関わる出来事が関わってくるかと思います。「給与の未払い」や「雇用保険の未払い」などなど、転職に…続きを読む

  • 仕事内容と年収

    仕事内容と年収とは、都道府県別に色々な職種の気になる仕事内容と年収を赤裸々に紹介しています。地域の特色や、そこからみえる年収も紹介しているので、気にな…続きを読む

  • 職種事典

    職種辞典とは、私達の周囲にあるさまざまな職種の内容を、わかりやすく説明している辞典です。”その職業に就きたい!”と思っても、仕事内容をしっかり理解していなければ転職先と…続きを読む

  • 業界トレンドナビ

    業界トレンドナビとは、転職する際に気になる各業界の動向をチェックできます。アパレル・インテリア、エンターテイメント、サービス、製造、マスコミ、メディカルなどなど、…続きを読む

  • 20代の転職

    20代の転職(20代の平均年収・転職回数)とは、20代で転職した先輩達の体験談を転職回数や年収などをふまえ、その時の思いや転職後の状況など赤裸々に紹介しています。先輩達のキャリアアップや…続きを読む

  • キャリアデザイン発想法

    キャリアデザイン発想法とは、あなたがキャリアを考え時の考え方や着眼点について、より具体的にわかりやすく解説します。キャリアを考えるには仕事のみの関係性にフォーカス…続きを読む

悩んだらまずは行動!履歴書・職務経歴書ダウンロード

  • 履歴書ダウンロード

    職務経歴書の書き方とは、職務経歴書作成のコツを紹介しているコンテンツです。とくにご注目いただきたいのが職務経歴書フォーマットダウンロードサービス。…続きを読む

  • 職務経歴書ダウンロード

    履歴書の書き方とは、写真・捺印など基本のポイントや、やってしまいがちなタブー集をまとめたコンテンツです。また、社会人経験のある・なしに応じて履歴書を…続きを読む

おすすめコーナー

  • 第二新卒・既卒のための転職就活情報

    第二新卒・既卒のための転職就活情報とは、第二新卒・既卒のための求人情報はもちろん、就活に役立つ第二新卒のメリット・デメリットを、ちょっぴりご紹介しています。…続きを読む

  • 企業が求める転職スキルランキング

    企業が求める転職スキルランキングとは、エンジニアスキル・営業スキル・事務スキル・ITスキルなど、各経験スキルに応じて業種別に企業が求めるランキングを掲載しています。…続きを読む

「やりたいこと」をみつけよう!CMAP(シーマップ)!