仕事お悩み相談|求人情報なら転職サイト[PROSEEK]

転職サイトPROSEEK > 転職コラム > 仕事お悩み相談 > 性格や考え方を見直して仕事を変えたい気持ちの習慣化防ぐ
お悩み

性格や考え方を見直して仕事を変えたい気持ちの習慣化防ぐ

仕事を変えたい方の声|考え方や性格が同僚より後ろ向き

行動や習慣仕事を変えたいと考える人は、少なくありません。仕事の内容や量、労働条件や待遇、上司や同僚との人間関係、仕事や会社の将来性と自分の人生設計。さまざまな要因から、仕事を変えたいと考えるようになります。しかし、その不満の中には、自分の性格や考え方、行動や習慣が引き起こしている場合もあります。例えば、明らかに無理な量の仕事を押し付けられて、大変な思いをしていても、一人で抱え込んで、仕事を変えたいと悩む性格や習慣の人もいると思います。

また、自分のやっていることの内容や質に対して、周囲の評価や待遇が低いことに不満を持って、仕事を変えたいとか、自分にもっとふさわしい職場があるはずという考え方の人もいるでしょう。あるいは、自分の会社や職場のいやな点を探してしょうっちゅう愚痴をこぼしたり、何かといえば同僚や上司の悪口を言って、仕事を変えたいという性格の人も多いでしょう。

人間の性格や考え方の習慣は、なかなか変えられません。自分の性格や考え方を変えるのも難しいのに、ましてや、他人の性格や考え方、会社の方針を容易に変えられるものではありません。仕事を変えたいと考えて転職したとしても、また同じような問題があるかもしれません。

一つの解決方法としては、他人や会社を変えるより、自分の考え方や習慣を変える方が、まだ容易であるので、自分の性格・考え方・習慣を変えたいと考え、実行することによって、不満や問題点を解決するという方法です。自分を変えたいと考えずに、ただ不満に思って愚痴をこぼすことが習慣になっていたり、仕事を変えたいと漠然と考えているだけでは、どんどん後ろ向きな性格になってしまいます。自分で考えて行動することを習慣にすることによって、少しでも不満が解消できたなら、それが自信となって、性格も前向きになるかもしれません。

「それは本当に自分が最優先でするべきことか」例えば、自分に無理な量の仕事を押し付けられる場合で考えてみます。性格的に断れない人や、頼まれたことは反射的に引き受けてしまう習慣の人、自分に任されたことはすべて責任を持ってこなすべきという考え方の人もいるかもしれません。しかし、それを期日までにこなせなければ、自分にとっても職場にとってもマイナスとなり、仕事を変えたいという考え方が強くなってしまいます。

そこで、自分の考え方や習慣を変えたいと意識して、「それは本当に自分が最優先でするべきことか」を考える習慣をつけることも必要です。例えば、他に優先順位が高い課題に取り組んでいるなら、そのことを伝え、依頼されたことはその課題の後で良いかと、初めに確認するという方法があります。あるいは、緊急性のあることなら、他に手の空いている人に振ってみることも一つの方法です。依頼されたことを何でも断るのではなく、自分にできることとできないことをはっきりと提示し、自分の考え方や習慣を変えることで、依頼する上司などにも優先度が高いか低いかを考えさせることができるので、職場の効率も上がり、性格も前向きになるかもしれません。

解決方法

仕事への考え方や習慣を変えれば性格は前向きになる!

上司や同僚と性格や考え方が合わない、批判や愚痴が多い、というようなことも仕事を変えたいと考える原因の一つでしょう。これも、自分の考え方の習慣を変えたいと考えることによって解決するかもしれません。性格や考え方の全く合う人は、まれなのです。何もその人と結婚するわけではないので、「少々性格が悪くても、自分の仕事や人生に大した影響があるわけではない」という考え方を習慣づけることで、、仕事を変えたいという気持ちがおさまるかもしれません。「仕事さえこなしてくれれば、他のことは自分が聞き流して気にしなければいいだけのこと。

他の職場でもこんなタイプの人間はいるはず。」と考える習慣をつければ、前向きな気持ちになれるかもしれません。ただし、その上司や同僚の性格や考え方が、例えば会社のコンプライアンスや社会の倫理に大きく違反するとか、職場のチームワークを回復不能なまでに悪化させるなど、自分の仕事や会社の存続に致命的な影響を及ぼすのであれば、他の上司や同僚に相談することも必要かもしれません。

どういう解決策を講じても解消せず、かつその問題が極めて特殊で、転職によって容易に解決する(転職先の職場では、まず起こりえない)のであれば、自分の性格や習慣を変えたいと努力するより、転職も選択肢です。漠然と転職したいと考えるのも問題ですが、その職場で働くメリットが非常に少なく、デメリットが圧倒的に大きく、かつ転職によるリスクの少ない年齢(若年層)や職種であれば、自分を変えたいという考えを習慣づける意味が乏しいのです。

このお悩みを見た人は、こんな職業を見ています

悩み無用の会員登録で新しいスタートをきりましょう!

無料会員登録

よく読まれている記事

  • 転職お金の相談

    転職を思い立った時、また転職をする際は、何かと「お金」に関わる出来事が関わってくるかと思います。「給与の未払い」や「雇用保険の未払い」などなど、転職に…続きを読む

  • 仕事内容と年収

    仕事内容と年収とは、都道府県別に色々な職種の気になる仕事内容と年収を赤裸々に紹介しています。地域の特色や、そこからみえる年収も紹介しているので、気にな…続きを読む

  • 職種事典

    職種辞典とは、私達の周囲にあるさまざまな職種の内容を、わかりやすく説明している辞典です。”その職業に就きたい!”と思っても、仕事内容をしっかり理解していなければ転職先と…続きを読む

  • 業界トレンドナビ

    業界トレンドナビとは、転職する際に気になる各業界の動向をチェックできます。アパレル・インテリア、エンターテイメント、サービス、製造、マスコミ、メディカルなどなど、…続きを読む

  • 20代の転職

    20代の転職(20代の平均年収・転職回数)とは、20代で転職した先輩達の体験談を転職回数や年収などをふまえ、その時の思いや転職後の状況など赤裸々に紹介しています。先輩達のキャリアアップや…続きを読む

  • キャリアデザイン発想法

    キャリアデザイン発想法とは、あなたがキャリアを考え時の考え方や着眼点について、より具体的にわかりやすく解説します。キャリアを考えるには仕事のみの関係性にフォーカス…続きを読む

おすすめコーナー

  • 第二新卒・既卒のための転職就活情報

    第二新卒・既卒のための転職就活情報とは、第二新卒・既卒のための求人情報はもちろん、就活に役立つ第二新卒のメリット・デメリットを、ちょっぴりご紹介しています。…続きを読む

  • 企業が求める転職スキルランキング

    企業が求める転職スキルランキングとは、エンジニアスキル・営業スキル・事務スキル・ITスキルなど、各経験スキルに応じて業種別に企業が求めるランキングを掲載しています。…続きを読む

「やりたいこと」をみつけよう!CMAP(シーマップ)!