転職サイトは[PROSEEK]役立つ求人情報が満載

全国の求人情報満載の総合求人サイト
転職サイトPROSEEK > 転職コラム > 業界トレンドナビ > IT(プログラミング業)

転職の際に、希望する業界の動向を知る事はとても重要。業界トレンドナビでは、多種多様な業界の最新情報を集めました。さっそく業界トレンドをチェック!

IT
プログラミング業

プログラミング業界の総称としてIT業界という言葉が使われています。プログラミング業界は、21世紀に入って急速に伸びた業界ではありますが、労働環境の変化によって徐々にブラック企業としての汚名を被るようになってしまいました。まず、21世紀初頭のIT業界の全盛期の頃、某会社社長がインサイダー取引の疑いで強制捜査の後に逮捕されてしまう事件などもありました。あの時同様に肝を冷やしたプログラミング業界の会社社長も多いのではないでしょうか。そんな浮ついた時代が終わり、プログラマーの仕事も徐々に多様化しつつあります。特に文系出身の女性の活躍が目覚ましい分野ではありますが、求められる能力が多様化していることもあって、必要となってくるスキルも年々増えています。フリーランスのプログラマーという言葉は確かに聞こえがいいですが、フリーランスという言葉が逆に落とし穴となっています。魅力ある仕事ではあるのですが、やはり自分で独立して仕事を取ってくる能力がなければ、食べていくことが難しいので、IT企業に所属したほうが良いでしょう。

プログラミング業界の傾向としては、理系よりも文系出身の方が多いというなんとも不思議な業界であります。一時期、文系にIT関係の学部の増設が相次ぎましたが、その影響を受けてIT関係の仕事には文系出身者が急増してしまったのです。ただ、プログラミング業界という言葉にあるように、プログラミングを元にソフトを開発したり、プログラムを構築する能力が求められるので、本来であれば理系分野の職種ということになります。ただ、文系出身者が多い職種であることから、入社後にトレーニングを受ければプログラマーとして順調に仕事をしていくことができ、それほど不自由なこともないようです。最近では、IT業界よりも離型分野の方が就職が好調なので、今までは別に学部を解説していたところが、工学部にIT関係の学科を儲けるようになりました。このような動向もあって、より数学に強いプログラマーとしての人材確保が出来るようになりました。一時期は一世を風靡したプログラマという職種ですが、求められる能力が多様化したことによって資格取得によってモチベーションを保つことができます。資格があれば職場復帰も容易なので、女性のプログラマーが増えています。


会員登録しよう!

さらに充実!転職に便利な機能がつかえます。 情報を入力して企業からのスカウトに備えましょう!

会員登録