転職なら[PROSEEK]役立つ求人情報が満載

雇用条件に合わせたチェックが大切!給料の税金のあれこれ

転職お金相談とは、雇用保険や給料に関するトラブルなど転職する際のお金に関する悩みを幅広くご紹介!お金の悩みを事前に予習してトラブルに備えよう!

給料からお金が引かれている?なんの税金でこんなに引かれるの?

雇用形態はいくつかあります。正社員、派遣社員、契約社員、アルバイト、在宅ワーカーなどです。実は、雇用形態によって給料はもちろん、差し引かれる税金の額が違うんです。ところで、差し引かれる税金の種類はこちらになります。

所得税、住民税は計算時期、納付時期、計算方法が違います。

さらに、支払う人の状況によって、所得税・住民税は、同じ給料でも税金額が最終的に違ってきます。たとえば、社会保険料である健康保険、厚生年金保険、雇用保険以外に民間企業の個人年金保険や医療保険に加入すれば、給料から税金の計算のために、差し引かれる金額が多くなります。

病気になれば身体的状況も変わり、医療費も増えるので、給料から控除される額も大きくなっていきます。

結婚すれば配偶者控除などが適用されるので、独身とは税金の額も違ってくるのです。

これらは、所得税と住民税の計算において配慮される個人的状況として、給与から税金を計算する上で控除される金額となります。

解決方法

雇用形態によっての所得税や住民税など税金について詳しく知ろう

社会保険に加入している会社とそうでない会社があります。会社は勝手に社会保険に加入しないと決めることが出来るものなのでしょうか?

会社が社会保険に加入しなければいけない条件はこちらです。

  • 法人の場合
  • 個人事業所の中でも従業員数が5人以上の場合

この2つを満たしている会社は、社会保険に強制加入となります。

では、法人に雇用されれば、必ず従業員も社会保険に加入できるのでしょうか。 答えはNOです。従業員が社会保険に加入するためには、労働時間、日数について一定の条件を満たしていなければいけないというわけです。

社会保険はこちらの4つの種類があります。

  • 健康保険
  • 厚生年金保険
  • 雇用保険
  • 労働保険

これらの社会保険料は、所得税と住民税の税金の計算の前に差し引かれてから、税金が計算されます。なので、社会保険に加入している会社で働いた場合、毎月支払う所得税と住民税の負担額は安くなるということです。

雇用保険はその会社を退職した場合、失業することになるので、会社にいる間から、失業した時のために毎月保険料を支払い、積み立てているイメージです。

労働保険の保険料は、会社が全額負担してくれるようになっています。従業員に対する、職務の危険にかかわる保険というイメージです。

ともに所得税と住民税の税金計算において、税金は給料そして賞与総額から給与控除額を差し引いた給与所得から差し引かれます。所得税と住民税が安くなる社会保険料の要素の一部です。

税金額から引かれ、までのイメージはこうです。

収入から必要経費をひいたものが所得。 所得から社会保険料や医療費など個人的状況による控除額を差し引いたものが確定所得。確定所得に税率をかければ、税額というわけです。

給料をもらう給与所得の場合、自営業のような必要経費はなく、そのかわり給与控除額という、給料によって変化する一定の控除額が準備されています。

健康保険と厚生年金保険も給料からあらかじめ差し引かれ、ここから所得税や住民税が計算されることになります。

さらに、支払う保険料は、会社が社会保険に加入しているほうが安くなります。 理由は、健康保険と厚生年金は、会社が毎月の保険料を半分負担してくれるからです。 社会保険に加入している会社で働いたほうが、毎月支払う健康保険と厚生年金の従業員の負担額が、社会保険に加入していない会社よりも安くなるので、毎月の給与手取り額も、折半分多いイメージになります。

●社会保険に加入していない会社で働く場合は必ず確定申告しよう

さらに、社会保険に加入している会社で働くメリットは所得税と住民税の金額が確定申告しなくても、安くなっている以外にもあるようです。

まずは、健康保険と国民健康保険そのものは、どちらの保険料が高いのかという問題です。

これについては、会社によっても違いますし、都道府県によっても違うので、一概にはどちらが得かということは、ケースバイケースです。

ただ、会社の健康保険のほうが、市町村が運営する国民健康保険よりも、扶養家族が多い場合、保険料が安くなると言われています。

  • 将来従業員が年金としてもらえるお金:会社が社会保険に加入してくれているほうが高い。
  • 毎月従業員が支払う保険料:会社が社会保険に加入してくれているほうが安い。

給料から社会保険料を差し引いて所得税と住民税の税金を計算ができない事業主のもとで働く予定のある方で、引っ越しも予定されている方は損をしないためのコツがあります。

国民健康保険料の保険料額は、高い市町村と安い市町村では、大きな差があるようなので、住みたい地方の中でも安く設定してくれている都道府県に住むことをおすすめします。

●確定申告は必ずしよう〜会社が社会保険に加入していない場合

会社が社会保険に加入していない場合、給料から社会保険料が差し引かれることなく、所得税や住民税の税金が計算されてしまいます。

なので、2月16日から3月15日まで開催される確定申告で精算しないと、社会保険料の分だけ多く所得税と住民税の税金を払っていることになるので損をします。

確定申告では、給与所得から、自分で全額支払った健康保険料、厚生年金保険料などの社会保険料の合計額を差し引いた金額をもとに、所得税と住民税の計算ができます。

その結果、あらかじめ会社が源泉徴収した金額との差額が還付されます。

自分で確定申告をする場合、会社から源泉徴収票をもらうことになります。

たとえ、確定申告の時期に会社を退職していたとしても、確定申告をする人に源泉徴収票を発行するのは、会社は当然のこととなります。

ですから、気兼ねすることなく、受け取るための連絡をしていきましょう。

会社員時代は、会社がいつのまにか所得税と住民税を支払ってくれていたので、給与明細の手取り金額だけを確認すればよかったかもしれません。

しかし、違う雇用形態となり、会社が社会保険に加入していないケースで働く場合は初めての確定申告にとまどうでしょう。

安心してください。市町村では確定申告の書き方を、インターネットはじめ、会場を設け開催しています。ここで確定申告書の書き方を教えてもらえますので、サポートを受けながら確定申告書を完成させることができますよ。

●社会保険完備と掲載されている会社で働くほうが断然お得

たとえ、給料の額が他の会社よりも少し高く設定されていたとしても社会保険完備でない場合、結論、所得税と住民税が高くなってしまい損だとわかりました。将来受け取る年金も少なくなるのでさらに損をすることになります。

一般的に、契約社員は社会保険完備ですが、そうでないパート契約社員などの場合もあります。

求人票の社会保険加入の有無について空欄の会社の場合は、履歴書を提出する前に確認することがポイントとなるでしょう。

逆に、アルバイトでも社会保険完備の会社もあります。所得税と住民税の節税、そして将来の年金貯蓄のためにも税金と社会保険料、将来の年金がお得になる社会保険完備の会社で働くことをおすすめします。

予習が完了したら、会員登録で新しいスタートをきりましょう!

無料会員登録

よく読まれている記事

  • 仕事内容と年収

    仕事内容と年収とは、都道府県別に色々な職種の気になる仕事内容と年収を赤裸々に紹介しています。地域の特色や、そこからみえる年収も紹介しているので、気になるあなたの地域の希…続きを読む

  • 仕事お悩み相談

    仕事お悩み相談では、20代や30代に限らずどの世代でも仕事のお悩みはあるもので、仕事でストレスを感じ、時には仕事を辞めたいと思ったり仕事に行きたくないなど感じてしまう事もあるで…続きを読む

  • 20代の転職

    20代の転職とは、20代で転職した先輩達の体験談を転職回数や年収などをふまえ、その時の思いや転職後の状況など赤裸々に紹介しています。先輩達のキャリアアップや…続きを読む

  • キャリアデザイン発想法

    キャリアデザイン発想法とは、あなたがキャリアを考え時の考え方や着眼点について、より具体的にわかりやすく解説します。キャリアを考えるには仕事のみの関係…続きを読む

PAGE TOP